2018.09.27

ずーっとラブラブでいたい♡必要なのは「愛され力」より「愛し続ける力」

「彼とずっとラブラブでいたい」と願いながら、女の子が恋愛コラムを読むことって、本当に多いと思います。でもそれってつまり、「自分は彼氏のことが大好きな」なときでもある。

だから抱えている不安要素は「彼に飽きられたらどうしよう」ってことのみで、まさか自分が飽きてしまうなんて(例えそうやって終わった恋があったとしても)微塵も思っていないのだと思います。

でも、ずっとラブラブでい続けるためにゆくゆく大切になってくるのは、愛され続ける力より、むしろ女側の愛し続ける力なのかも。そしてそれは、いずれは結婚を望むのであればなおさらです。今日はそんな話をしようと思います。

1.結局男の子は奥さん(お母さん)が好き

女の子だって浮気する子もいるけど、若いうちは特に、男の子のほうが浮気しやすいイメージが強いですよね。でも長い間一緒にいると、大抵男の子って、彼女や奥さんのことが大好きになっていくもの。友人夫婦を見ていても、年々旦那さんが、奥さんのことを大好きになっていくケースが本当に多いです。

この理由って、「結局男の子はマザコンだから」なんだと思います。

マザコンとは言っても、お母さん大好きっていう直接的な意味だけではなく、お母さん的な存在が大好き、ってこと。

男の子にとってお母さんって、無条件に自分を愛してくれる女の人のこと。だからそれが、成長するごとにお母さんから彼女になり、いずれは奥さんになる。

こうやって考えてみるとごく自然なことに思えませんか?女の子だって、自分の全部を受け入れてくれる(例えば、ドラマ「高嶺の花」のプーさんみたいに)男の人に、傍にいてほしいと思いますもんね。

何も、ご飯を作ってあげたり洗濯をしてあげたり、本当にお母さんみたいなことをしてあげよう、ってことじゃありません。

ただ「何があっても私はあなたを愛している」ということを、言葉や態度で示し続けることで、あなたの彼に見る目があれば、ほぼ確実に、彼もちゃんとあなたを愛し続けてくれる、というわけなのです。

2.自分は飽きないとでも?(笑)

彼にとって「いつだって愛情を注いでくれる人」でいれば、同じく彼もそうでいてくれる。

これだけ聞くと、簡単なように感じるかもしれません。

でも、もしあなたの最長交際歴が3年未満なら、あなたはまだ、「付き合っている彼に飽きることがある」ってことを知らないのではないでしょうか(頭では知っていても、体感していないという意味で)。

LINEが来るだけでもドキドキするのに、私が彼に飽きるわけがないって思っているかもしれないけど、残念ながら、飽きることもあります絶対とは言わないけどね。

カップルだろうと夫婦だろうと、飽きたら別れればいい。そう考えられるタイプなら問題はないでしょう。でも、飽きるほど一緒にいて分かりあえた人と飽きたことで離れてしまうのは、ちょっともったいない。出来れば一人の人と一生添い遂げたいと思っているのなら、愛し続けることの難しさについても考えておきましょう。

愛し続ける覚悟をしても、愛せなくなることもある。でも自分自身の愛が冷める可能性を知っているだけで、そうならない工夫をすることが出来ます。それだけでも、未来は全然違うはずです。

3.「愛され続ける力」=「愛し続ける力」

恋はたくさん好きになった方が負けってよく言うけど、愛はそうじゃなく、愛した分だけちゃんと返ってきます。綺麗ごとに聞こえるかもしれないけど、私自身の経験や友人夫婦から聞いた話を踏まえた上で、やっぱりそれが真実だと思うのです。

そして間違いなく言えるのは、「愛され続ける力」=「愛し続ける力」だということ。だから、あなたが彼を愛し続けられるのなら、かなり高い確率で、彼もあなたを愛し続けてくれるし、ずっとラブラブでいられます。

でも少し警戒してほしいのは、愛し続けるってわりと難しいってこと。だから彼とずっとラブラブでいたいなら、あなた自身の「愛し続ける力」を磨いていくことが大切です。

じゃあ、具体的にどうすればいいのかと言うと、ありきたりなんだけど、彼の素敵なところ(長年一緒にいると当たり前に思ってしまいがち)を、忘れないよう意識することはとっても有効だと思います。

例えば彼に直接「あなたのそういうところ好きだな」と伝えたり、日記に書いたり、人に話したり。心の中で「そうそう、私彼のこういうところが好きなんだよな」と呟くのもいいと思います。因みに私がふと彼氏の良さを改めて感じるのは、家族や友人に彼の話をしているときが多いです。最初は愚痴のつもりで始めた話が、最後は惚気に変わっているという傍迷惑なことをしてしまうことも(笑)。

あなたなりのやり方で、彼の素敵なところに焦点を当て続ける工夫をしてみてください。それが、愛し続ける力を磨くことになると私は思っています。

おわりに

ちょっと先のことかもしれないけど、彼とずっとラブラブでいたいなら、いずれは直面する問題。でもあなたに愛し続ける力さえあれば、望む通りの関係が築けるはず。ハウコレ読者の皆様の、幸せな恋愛を応援しています!(愛子/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事