2018.09.27

カップルが別れやすいのは「いつ」なのか。彼と倦怠期を乗り越えるための秘訣

「倦怠期」はどのカップルでもありがちですよね。
ないカップルの方が、少ないのではないでしょうか。
お互いの慣れから生じる価値観の違い、環境の変化など、別れやすいきっかけはたくさんあります。しかし、せっかく手に入れた彼と、そんな倦怠期なんかに負けたくありません。いつまでも仲良く過ごしたいと、どのカップルも思っているはず。
実は、カップルの別れやすいタイミングは意外と共通していたんです。今日はそのタイミングや原因、さらにそんな倦怠期を乗り越える方法をご紹介します。

別れやすいタイミングとは

イベント後
クリスマスや誕生日、バレンタインなど、1年の中には恋人と一緒に過ごしたいイベントが盛りだくさんですよね。
イベント前になると「彼氏ほしい」「彼女ほしい」という言葉をよく聞きます。そのように考えている男女が、イベント前超スピードでカップル成立なんてことよくありますよね。実際、筆者の周りでも11月はカップルが急増した気がします。
お互いのことをよく知らず、勢いで付き合ってしまったカップルは上手くいかない場合が当然多いです。スピード成立にはスピード破局が付き物。付き合う際はなるべく慎重いきましょう。

魔の3カ月
赤ちゃんのイヤイヤ期《魔の2歳児》は有名ですが、カップルの倦怠期《魔の3カ月》という言葉はご存知ですか?
「3カ月経てばひとまず安心」といわれるほど、3ヵ月は、一つの大きな指標なんです。
3ヵ月経つと初めはかすかに感じていたお互いのズレが、確信に変っていきます。
また、付き合いたてのような初々しさがなくなってきて、マンネリ化しやすかったり、慣れてきて自分勝手になりやすかったりして、ギスギスしてしまい、別れるカップルが多いようです。

別れや倦怠期の原因とは

他に好きな人ができた
単純に自分、もしくは相手に好きな人が出来た場合です。浮気した・されたも含まれます。
この原因になると、修復はほぼ不可能ですよね。恋人になにかしらの不満があるとき、魅力的な他の人に言い寄られたら、少しときめいてしまうのが本音です。
相手に好きな人ができてしまった場合、苦しむ覚悟で復縁をせまる勇気がないなら、さっさと次を見つけるのが手です。

デートがマンネリ化してくる
王道デートに行きつくしてしまったり、だんだんと定番デートが決まってきたりしてしまうと、段々とデートに対してのドキドキやワクワクが薄れていきます。
「どこ行く?」「どこも行くところないね」の会話が負担になり始めるころかもしれません。
「一緒にいるだけで幸せ」と思えればいいのですが、長く続くとそういった感情も忘れがちになってしまいますよね。
楽しみのないデートに少しずつ不満が溜まっていき、別れるケースが多いようです。

連絡やデートの頻度が減る
連絡や会う回数が少なくなると、相手との距離もだんだんと離れていきやすくなります。
多ければ多いほど良いというわけではなく、大切なのは《二人にとってベストな頻度》をきちんと見つけ出すこと。
連絡を多くとりたい彼女と、あまり頻繁にとりたくない彼氏では上手くいきません。お互いの頻度の価値観が合っているかどうかが重要になっていきます。
例えば、平日は連絡が取れない分、休日は電話をしたり、デートが少ない分一回のデートでちょっと贅沢をしたり、自分たちでマンネリ化しないように調節してみましょう。

価値観のズレに我慢できなくなった
同じ家族でもそれぞれの価値観があるのに、環境で育ってきて、すべての価値観が同じなんてことはあるはずがありません。
その価値観のズレを、見て見ぬフリするのは危険サインです。
そのズレに不満が溜まったままだと、ある時を境に爆発してしまいます。
価値観が異なると、将来が見えなくなってしまい、破局するカップルが多いようです。

自分磨きが足りなくなる
初めの時期は、ばっちりメイクして、髪の毛もセットして、お気に入りの服を着てデートに臨んでいても、慣れてくるとすっぴんも、ダル着も許されていきます。
もちろん、それが悪いわけではありません。いつまでも素の自分を隠すこともよくありませんが、女子を捨ててしまっては彼もびっくりしてしまいます。
慣れているからといって、だらしない姿を晒すことはやめましょう。

別れや倦怠期を乗り越える方法

相手を思いやる姿勢を忘れない
「親しき仲にも礼儀あり」といいます。慣れてきても、相手を大切にすることを心がけましょう。「ありがとう」をこまめに伝えるだけでも、彼の心には響いてくれるはずです。自分勝手になりがちな倦怠期も、思いやりをもって乗り切りましょう。

お互いに尊敬する部分をみつける
相手の好きなところや、尊敬できるところを挙げてみてください。普段は忘れてしまいがちな、彼のいいところがきっとたくさんあるはずです。お互いにいつまでも尊敬しあえることって意外と難しいのですが、できるカップルは長続き間違いなしです。

二人でなにかにハマってみる
二人で新しい趣味や好きなものを見つけてみましょう。例えば、スポーツを始めてみたり、あとは好きなアニメやYouTubeを探したり、簡単なことでもいいのです。二人の共通の趣味ができると、会話の幅も自然と広がります。《初めて》を共有することは、昔の新鮮な気持ちを思い出すきっかけになるかもしれません。

自分の時間を大切にする
倦怠期の間は、自分の趣味などに没頭して、彼から少し離れて冷静になってみるのも一つの手です。自分磨きに力を入れるのもオススメ。自分に自信がつくだけでなく、彼がもう一度自分に惚れ込むきっかけになるかも。いつまでも可愛く成長し続ける彼女はとても魅力的ですよね。

おわりに

いつまでもラブラブなカップルは少ないです。倦怠期なんてあって当たり前!大切なのは「どう乗り切るか」なんです。せっかくカップルになったのだから、仲良く関係をつづけたいですよね。いつまでも愛される彼女でいるために、今日ご紹介した別れる原因に注意して、彼と愛を育んでください。
(ハウコレ〉

関連キーワード

関連記事