2018.09.28

「恋愛には駆け引きが必要」はウソ?すべてはケースバイケース

こんにちは。「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛プランナーのTETUYAです。恋愛には駆け引きが「絶対必要」なんてことが言われますが、「絶対必要」ではないと僕は思います。僕の意見としては、ケースバイケース。駆け引きが必要なケースとそうでないケースが存在するんです。

そして駆け引きをした場合でも、男にバレる露骨な駆け引きは男の気持ちを萎えさせます。やるなら自然に。今回は恋の駆け引きについて書いてみたいと思います。

1.あなたと彼、どっちの立場が上!?

恋の駆け引きをしていいかどうか?その分岐点は、あなたと彼、どっちの立場が上かどうか?恋愛は惚れたもん負け、というのがここで現れます。
彼が完全にあなたに惚れこんでいる場合は、駆け引きをやってもいいでしょう。この駆け引きの目的は、彼に告白させたい時や嫉妬心を焚き付けたいとき。

逆に、彼よりあなたのほうが好きな場合や、彼にはあなたの気持ちが届いていない場合は、駆け引きはしないほうがいいでしょう。こんな時に恋の駆け引きなんかしたら、逆に面倒臭い女だと思われ彼の気持ちが冷めてしまう危険だってあります。あなたと彼、どっちの立場が上かをまずは判断してください。

2.一旦保留

ここからは、彼があなたにゾッコンという、あなたの立場が上な状況での恋の駆け引きについて紹介します。彼からの「今度、飲もうよ。いつ空いてる?」定番の誘い文句。こんな時、あなたの気持ちの中でも行くことは決まっていても、一旦、保留して相手を嫉妬させましょう。

でも大事なのは「自然でさりげない駆け引」です。なので「スケジュール確認するね。少し待ってね。」くらいで十分な駆け引きは成立しています。「すべてをほっぽりだしていく!ではない」ぐらいで良いんです。そして、翌日くらいにOKの返事をするといいですね。間違っても1週間寝かすとかは止めてください(笑)。

3.一回は断る

お酒も飲んで良い感じ、終電までの時間もほぼ無い状況。男としては、完全に今日はいけると思って、必ず言う決まり文句。「今日、泊まろうよ。」こんな時は、一旦、「今日は帰る」と言ってその場を去ること。
男としては、確実にいけると思った分、悔しさかがハンパないです(笑)。

でも1回目はそれでいいんです。あなたを、もう一度落としたいという強い気持ちに変わりますから。そして、これであなたが軽い女じゃないというイメージが刷り込まれますよ。ただ、間違っても3回も4回も断ると、男も面倒臭いと思って離れていきますから。1回は駆け引きとして効果的、OKでしょう。

4.肉食系と草食系 

冒頭で面倒臭い駆け引きはNG、より自然な駆け引きが大事とアドバイスしましたが、どちらにも転ぶ可能性がある臭い駆け引きの一つに、「他の男の影を匂わす」というものがあります。

もちろん嫉妬心をたきつけるということ自体は効果的なのですが、相手の男性に合わせてその度合を調節しないと一気に「面倒くさい駆け引き」になってしまうのです。相手が肉食系なら、思いっきり男の影を見せつけてもいいでしょう。

草食系の自信なさげな男なら、露骨に出さないこと。周りに出会いがある、程度で十分です。「俺は勝てない」と勝手に想像して、自らあなたのもとを去っていくことになってしまいますからね。

おわりに  

まれに、生まれ持って「恋の駆け引きが上手なひと」というのが存在します。生まれながらの小悪魔、といったとことでしょうか。しかし、そんな人はほんの一部。ほとんどの人がそんなに上手くありません。

あまり大げさなことはせず、「ちょっとわかりにくいかな?」ぐらいのことからはじめてみることをおすすめしますよ。(TETUYA/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事