2018.09.29

デートで「私以外の人と接するとき」から彼の正体は見えてくる

どうもあかりです。
当然デートは「私と彼」の二人が主役で、それ以外の登場人物は脇役でしかありません。
だけど、多くの物語でそうであるように、主役の脇役との関わり合いの中から、「主役の人柄」というものは浮かび上がってくるものです。

だから私も、好きな人や彼氏とデートをするときにはなるべく「私以外の人と接するとき」の彼にも注目するようにしています。「私と接するとき」からだけではわからない彼の性格や人柄を知るヒントが詰まっているからね。

■「私」と「私以外」何が違う?

そもそもどうして「私以外の人と接するとき」の彼の様子を見ておくことが大切なのでしょうか。
その理由は、一言で表すなら「彼の素が現れるから」です。

基本的にデート中、彼にとって「私」(彼女)というのは、言うならばお姫様。最大限に大切にしなくちゃいけない存在です。デートは彼女との一対一のコミュニケーションなのですから、当然です。

「彼女を大切に扱おう」という意識がちゃんとそれなりにはある。

だけど例えば、下で紹介するような「レストランの店員さん」なんかはどうでしょう。
デート中、彼にとって「大事にしなくちゃ」な対象とは意識されていないと思います。

つまり、彼が人間に接するときの素が出る、ということです。

そしてどうして「彼の素を知ること」が大切かというと、「だんだんと、彼女に対しても素を見せ始める」から。

良くも悪くも彼女と仲が深まって、最初の頃のデートでそうしていたように、「彼女を丁寧に扱ってあげないと」みたいなお姫様扱いは少なくなって、だんだんと「素の対応」になってくる。

ですので、「私以外の人と接するときの彼」を知ることは、「将来の私と接するときの彼」を見ているかもしれないということを理解しておくことが大切です。

■「店員さん」と「お友達」

で、じゃあどの「私以外」とのコミュニケーションがとくに大事?というところですが、まずは上でも書きました「店員さん」とのコミュニケーションを見てあげてください。

少し言葉が悪いかもしれませんが「店員さん」というのはたいていのケースで「お客よりも身分が下」です(もちろん実際には対等だけど、「お客様は上」という下手からの態度をとってくださるから)。

だから、彼にとって、もちろん彼女のように丁重に扱う必要がないばかりか、油断をすれば「偉そうに」振る舞ってしまうことすら簡単にあり得る相手です。

この「店員さん」というのは、その意味で、「しばらく付き合った彼女」像にとても近い。
あくまで私の主観が入ってしまいますが、見ているこちらが「この人は親切だな」と感心するほど店員さんにいつでも優しい男子は、彼女に対してもいつまでも優しい、そしてその逆もしかり、ということがとても多いように思います。

++

それからもう一つ。
彼の一番仲良しなお友達(おそらく男子)とのコミュニケーションも見てみてください。
電話とかLINEとかで連絡を取っている姿を見るかもしれませんし、また、「あいつがさー!」とあなたとのデート中にその親友の話題を出してくる形かもしれません。

彼氏彼女の関係が長期化してくると、気の置けない仲になり、だんだんとお互い「親友っぽく」もなってきますね。何でも話せる、二人だけの内輪ネタがある、などなど。

だから、「彼の親友」というのも、また「しばらく付き合った彼女」に近い存在です。

仲良しな親友が一人いて、暇さえあれば(それこそ彼女とデートしない日とか)その人とばかり遊んでいる、デートのときにも親友の話をしてくるみたいな男子は、彼女との深くどっぷり浸かった関係になっていくことが多いように思います。

また反対に、「親友がそもそもいない」という人は、彼女との関係も、浅く、短く、ドライであることが多い気がします。「人間関係を深化させることが苦手」な人がいるんです。

■おわりに

これまで、私たち彼女目線での「彼が私以外と接する様子」の見え方について紹介してきましたが、最後に、彼から見てもこれと同じことが言えるんだということは忘れないでおきましょう。きっと、わかる男子なら、お店の人や、友達をはじめとする「彼以外の人と接するときのあなた」を意外とよく観察していると思いますよ。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事