2018.10.01

もーっと大事にされたいならコレ♡彼を「ヒーロー」にしてあげる方法

どうもあかりです。
男子には「ヒーロー願望」があって、彼女に対してもこうありたいと思っている。
このヒーロー願望を上手に満たしてあげることができると、彼にとってあなたはもっと大切な存在になりますし、同時に、あなたは彼にとってもっと大切な存在になっていきますよ。

■What is 「Hero」? Why is 「Hero」?

まず、ヒーローってなんでしょう。どうしてヒーローなんでしょう。
ヒーロー願望とは、「大切な人を守ることで、相手にとって自分がかけがえのない存在であると認識してもらうこと。そして、そう相手に認識してもらうことに自分の存在価値(アイデンティティ)を見いだすこと」です。

男子は、「ただカッコいいから好き」と言われるのをあまり好きじゃありません。もちろん、「顔が好き」って言われるのは好きでしょうが、それだけじゃ不満。

そこには「彼である必要性」がないからです。顔が好きなら、顔で好きなら、顔がよりタイプの男子が現れたら、そっちに行っちゃうじゃんという気がする。

これに対して、「彼女を守ってあげる」「彼女を助けてあげる」「彼女を救ってあげる」という体験を通じて養った「私には彼が必要なの」という感情は、揺るぎません。その瞬間初めて自分が「特別」になれた気がする。

しかも、「俺はこの子にとってヒーローだ」と自覚をすると、男子はその相手に対してより強い愛情を感じるようになります。誰にでも「自分が必要とされている場所で輝きたい」という気持ちがあるからですよね。

だから彼女として「彼をヒーローにしてあげる」というのは、かわいい服でデートに出かけること、キスをおねだりすること、夜はちょっぴりエッチでいることと同じか、ひょっとしたらそれ以上に大切なことなんです。

■彼はいつ「ヒーロー」?

「ヒーロー」というと明らかに大げさですが、大したものである必要はありません。というか、彼らだってただの凡人で「リアルヒーロー」じゃありませんから、仮に「彼女が死にそう」「彼女が誘拐された」みたいな世紀のヒーローチャンスが訪れても残念ながら手も足も出ません。もっと、日常的なヒーローチャンスで良いんです。

++

例えば一番ポピュラーで、男子も「彼女から相談されてーなー」と思っていて、そして案外「女子が彼氏に頼ることができていない」もののひとつに「仕事の悩み」(学生であれば「進路の悩み」)があります。

誰にとっても、「仕事」(や「進路」)というのは、恋愛や趣味に比べて楽しいものでは全くないけれど、それでも「ちゃんとした人間」として生きていこうとしている人にとっては恋愛や趣味と同じくらいに重要なものです。

誰にとってもそうだから、男子は彼女からこの相談をされると、ものすごく喜ぶはずです。重要な悩み事というのは、「大切な人」にしか相談できません。だからこれは彼を「大切な人だよ」と言ってあげることになる。

++

異性絡みのヒーローチャンスもいいです。
例えば「ねえ今、あなた(彼氏)以外の人からアプローチされている」という相談を(決して気を引こうとしている感じじゃなく)してあげることは、「あなたをヒーローとして認識しているよ」の強烈なメッセージになります。

もちろん「彼女が他の男から狙われている」ということで彼はハッピーじゃないでしょうが、少なくとも「俺に相談してくれるということは、彼女は本当にそいつに気がないんだ」とはわかるし、何より「こういうことを相談できる彼氏だと思ってくれてるんだ」というところが嬉しい。

逆にこういうのを相談しないでいて、何かのきっかけで彼がそれを知ると「なんで“彼氏である"俺に相談しないの?」みたいに怒られたりするわけですが、こういうのって、「この場面で、俺以外にヒーローってありえないだろ」と感じるシーンです。

■おわりに

「彼をヒーローにしてあげよう」ということでお話してきましたが、これはあくまで「彼に相談したり彼を頼ったりすることを、もしも遠慮しているのならそれはむしろ逆効果だから、重要なことほど、彼を信頼してあげてね」ということです。

もしもあなたが「相談できたらいいけど、いくら彼氏とはいえ、この人に相談するのはなんだか頼りないなぁ」と思っているんだとしたら、彼はあなたにとってヒーローにはなれない。困ったときに「助けてヒーロー!」と呼んでもらえるだけの信頼がないか、あるいはもともとその素質がないか。

「彼をヒーローにしてあげられるか」というのは、女子目線で見れば、「彼はあなたにとって素敵な人か」を見分けるポイントにもなるわけですね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事