2018.10.03

ありのままで愛される女子は少ない!愛され女子のささやかな努力

こんにちは、美佳です。
「彼にはありのままの自分を愛して欲しい」と思う女子もいるでしょう。まぁ過剰に彼好みの女を演じても、いつかボロが出るのでオススメはしませんが、ありのままで愛されるって、なかなかむずかしいもの。

愛される女子は飾らないけど、ささやかながら愛される努力はしているかと。
そこで今回は、愛され女子のささやかな努力を述べたいと思います。

不安要素は作らない

彼の目を気にして交友関係を狭めたり、友達との時間を変に減らす必要はないですが、彼氏ができても今まで通りの交友関係を貫き、彼が誤解してしまったり不安になっては正直、彼女として配慮に欠ける気がするのです。

男子を含めた数人で飲むにしても、飲み会の帰りに連絡するとか、「今週は友達と飲みだけど、来週は空いてるから一緒に映画観に行かない?」とか、思いやった方が彼だって変にあなたの交友関係に口出しせず、飲み会に行くと言っても「楽しんでおいで」と言えるのでは?

あなたがありのままで、彼が誤解したり不安になったりしては二人の関係もうまくいきません。彼だって、はじめはあなたに愛情を注いでもらおうと、あれこれ努力するでしょうが、それでもあなたが不安要素を作り続けるのなら、いつしかあなたに愛想をつかすと思います。彼の気持ちも考えましょうね。

なるべく「女子」をサボらない

彼と付き合って関係も落ち着けば、交際当初よりもオシャレしなくなる女子もいるはず。たまには「女子」をサボって素の自分を見せるのもいいでしょうが、いつも女子をサボっているとなると……ちょっと彼氏もがっかりかと。

信頼関係を築く上で、だらしない姿とか、すっぴんとか、ありのままの姿を彼に見せるのも大事だと思うのです。けど毎回、だらしない姿やすっぴんばかりではマンネリに向かう一方だし、『俺のこと異性としてみてないからオシャレしなくなったのかな?』と彼も悲しくなったり。「可愛くなくなったから好きじゃなくなった」ということはなくっても、「どうでもいいと思われている」と彼が感じてしまうことはあるのです。

愛され女子は、彼の前ではなるべく女子をサボらない女子です。彼の前では綺麗な彼女でいよう!と努力してくれる彼女は彼からしたら愛おしいものですって。

感謝と喜びはなるべくわかりやすく表現

彼にドライブに連れて行ってもらったり、プレゼントをもらった時、感謝や喜びをわかりやすく表現してますか?
もちろん、ほとんどの女子は「ありがとう」くらい言うでしょう。でも、その時の表情とか声の明るさ次第では『あれ?そんなに喜んでくれなかったや…』と感じてしまう男子もいます。

彼氏に大事に可愛がられる彼女に共通しているのは、素直で純粋な性格。
恥ずかしがって感謝や喜びをあまり表現しない性格の人は、正直男子からしたらよく分からないタイプです。

「感情表現が乏しいのは元々の性格だし…」という女子もいるでしょうが、彼に愛されたいと思うのなら感情、特に感謝と喜びはわかりやすいように表現した方がいいですよ。

終わりに

そのままの自分を愛して欲しいというのもわかります。でも対ヒトである恋愛で、ありのままの姿を貫き通し、愛してもらうのは正直難しいもの。愛されるためにがらりと自分を変える必要もないですが、ささやかな努力は必要ですよ。(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事