2018.10.10

長続きしない理由。男子に好かれるのは得意。けど愛されるのは苦手な人の特徴

どうもあかりです。

タイトルにもあるとおり、「好かれること」が得意な女子でも、「愛されること」はめっきり苦手ということは少なくないように思います。

これってどうしてなのかというと一言で言い当てるのは難しいけど、しいて言うのなら、「付き合う」っていうことが、いったいどういうことなのかをいまいち理解できていないからなんじゃないかと思うんです。

なので、好きになってもらって、いざ付き合うところまでは行けても、そこでストップしてしまう。「愛される」までいかない。というかいけない。

そこで今日は、「付き合う」ということの意味を眺めつつ、「好かれる」→「愛される」のステップアップの方法について考えてみたいと思います。

■「付き合う」は「知ってもらえる立場になる」こと

「付き合う」ことって、結局はそれ自体がゴールじゃなくて(ゴールは結婚とか、愛されることとか、彼氏彼女よりももっと深い関係になることですよね)、ゴールのためのきっかけでありチャンスにすぎません。

では、なんのチャンスでしょうか。手をつなぐチャンス? ハグをするチャンス? キスをするチャンス? エッチをするチャンス?どれも全く的外れではないと思いますが、なんか少しズレていて、本質的じゃない気がします。

私が思うに、「付き合う」というのは、「私を知ってもらう」ためのチャンスです。

「彼女」というポジションを手に入れることは、彼と誰よりも近い立場で、「私ってこんな人なんだよ!」と彼に伝えても、うるさがられない権利、「私のことをもっと知ってね」ときちんと主張することができる権利。そういうチャンスのことだと思います。

「愛すること」ってどういうこと?と聞かれると答えるのが難しいですけど、(とくに既婚者の)男子に「好きな人のことを愛してるって感じる瞬間は?」質問を投げてみると、

「相手の考えていることがわかったとき」
「相手自身よりも、俺のほうが相手のことを理解していると感じたとき」

といったような回答が来たりするものです。
思えば、彼氏彼女の関係でトラブルが生まれるのはいつも「相手のことがわからない」ときで、そのせいで意見が食い違ったり、ケンカになったりするわけです。逆に、「相手のことがわかる」というのは、この恋人関係のトラブルの最大の原因が取り除かれた状態ですから、そういうステージまで一緒に歩いてくることができた相手に対して「愛してる」という「好き」よりも一段上の感情を抱くようになるというのは、納得ができますよね。

このことを踏まえれば、「好きになってもらう」ことでストップしてしまうことの原因は、「知ってもらうこと」ができていないというところにあるとわかります。

■「知ってもらおうとしていない」から「知ってもらえない」

では、「知ってもらえない」という問題の原因はなんでしょうとなるわけですが、これはとても単純で「あなたが彼に自分を知ってもらおうとしていない」というのが一番ありがちなものです。

「付き合ってみたけどつまらなかった」と言って振られる女子が後を絶ちません。

付き合った後も、「彼に好かれること」を目指した行動をとってしまっていないでしょうか。
あなたの素を出さずに、彼が望む「私」ばかり演出する。

ファッションでも、トークでも、なんでも、「彼が好きそう」と彼の好みに合うかどうかばかりに目が行ってしまい、「私らしさ」を潜めてしまっている。

これでは、好きになってもらうまでの(付き合う前までの)状態から、彼のあなたに対する理解に深まりがありません。だから「付き合ってみたけどつまらなかった」のです。付き合う前に知っていた「あなた」像に変化や深化がないからです。

例えば「BL好き」といった一面が実はあったとして、これを話すことは確かに彼にドン引きされるリスクがあるのかもしれませんが、BL好きなあなたこそがまさしく「本当のあなた」。

そして、「本当のその人」をあまり知らないままでは、その人のことを深く思うようになることは難しい。むしろ「本当はこういう人だったんだ」と知ることこそ、愛着が湧いてくる大きなきっかけになるわけです。

■愛されてる子って、容赦なく自分を発散させてる

交際後には、「もっと好きになってもらおう!」と気合いを入れるあまり、「かわいさ」や「女の子らしさ」を伸ばそうという気持ちになりがちかもしれません。だけどそうじゃなく、「もっと知ってもらおう」という意識をぜひ持つようにしてみてください。

ドン引きされたら、仕方がない。だってそれが本当の私なのだから。
このくらいの覚悟でどんどん容赦なく自分を発散していく女子が、結果的には、彼に自分のことを知ってもらうことができ、そして、愛されるようになるんじゃないでしょうか。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事