2018.10.19

これからもずっと一緒!円満なカップルがしない「3つの我慢」

こんにちは、美佳です。
恋愛中というのは楽しいですが、彼に嫌われないためにとか、自分が不利にならないために、と言動をセーブする人もいるのではないでしょうか?
けど、その小さな我慢が彼と不仲になってしまう原因だったり…。

そこで今回は、恋愛中にしちゃいけない「3つの我慢」について述べたいと思います。

1、ケンカ後、連絡したいけど我慢…

彼とケンカをしているときって、ちょっと連絡しにくいですよね。けど、我慢してもいいことない気がします。
だって彼と別れる気はないんでしょ?別れないならまた彼と連絡をとるんだから、変に我慢して寂しい気持ちを長引かせるよりかは、さっさと行動したほうがいいと思うのです。

普通に悪かったと思う点を謝れば、彼から連絡が来ると思うですよね。それを無視する彼なら今後の交際を考え直す必要もありますし。

自分が悪くない場合だとしても、こちらから連絡すれば、バツが悪くなって彼も謝らざるを得なくなると思います。

2、相手に主導権を取られるのが怖くて「会いたい」を我慢

恋愛において主導権握りを水面下で争うカップルもいますよね。彼に主導権を取られるのが怖くて、素直に「会いたい」と言えない女子もいるのではないでしょうか?主導権うんぬんではなく、恋人に「会いたい」って言われるのは普通に嬉しいものですよ。「会いたい」と言われた彼は嬉しいし、言ったあなただってストレスも溜まらない。良いことしかありません。

というか、彼よりも愛情表現を多くすると彼に主導権を握られるのでは?などと考える時点で多分彼の方に主導権はあるような……。結局、そう考えているということはすでに彼に心かき乱されてますよね?

「会いたい」と言うのも、彼が忙しいときや精神的余裕がないときまで頻繁になると、困らせるだけ。でも、気持ち、特に愛情表現につながる言葉はたくさん伝えたほうがいいですよ。そのほうがホットな関係が続きますから。

3、嫌われたくないから本音を言わない、聞きたいことを聞かない

彼のことが大好きだと、「嫌われたくない」という気持ちにとらわれて本音が言えない、聞けない、ということもあるでしょう。
けど、本音を言わずにいると彼だってあなたが何を考えているかわからず、接し方に困ります。また、あなただって聞きたいことが聞けないままでは苦しいでしょう。そんな関係が長く続くわけないですよね?

本音を言わない、聞きたいことが聞けないというのは二人の関係を壊しかねない行為です。『本音を言った際の反応が怖い…』『聞いて機嫌悪くされたらどうしよう…』と、不安になるかもしれませんが、言わないまま・聞かないままにするのではなく、少し時間がかかってもいいから一つずつクリアにしていきましょう。そのほうが関係も続きますから。

終わりに

関係を続けるためにも時には我慢だって必要かもしれません。けど、上述のような我慢は不要ですよ。
むしろ、本音を言わないことでひずみが生じて距離が生まれて…関係悪化につながります。これから彼とずっと一緒にいたいと思うなら、「我慢」をしない自分に変わりましょう。
(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事