2018.10.23

彼に好きになってもらうには「自信をつける」よりも大切なことがある

世の中に「自分に自信が持てれば恋愛はうまくいきます!」という主張が溢れたからなのか、「自信を持ちたいのに自信が持てなくて悩んでいます」という人が増えています。

いろんなコラムニストの記事を読んでは「なるほど」と感心し、行動しよう!と自分のお尻を叩き、

一旦はチャレンジするも、失敗して凹んで、次なるハウツーを求めてまたコラムを読み漁る、という行動を繰り返して疲弊していくまでがワンセットです。

でも、一向に自信が持てるようにならない。それはなぜなのでしょう?

恋愛コラムをどれだけ読んでもあなたに自信はつかない

例えばあなたが「好きな人が最近そっけない…。どういう気持ちなのかを知りたい」と思っていたとしましょう。

そういったニーズに対して恋愛コラムニストたちは色々な考え方を教えてくれますが、結局のところ全員が共通して思っていることは「本人に聞けよ」ということです。

そんな直球を投げられると「元も子もないこと言わないで!自分に自信が持てたら彼に本音が聞けるようになるから!」とも思うかもしれませんが、それは誤解です。

正確には「彼に本音を聞くようになれると自分に自信がついてくる」が正しい順番です。

ですから自分が行動に移せない理由を「自信がないせい」にしてはいけないのです。

自信→行動の順番ではなく、行動→自信の順番

と上から目線に書いてみましたが、こういう思考に陥りがちな人の気持ちは本当によくわかります。

僕も仕事の先輩から「頭でっかちにならないで行動しなよ」とアドバイスされても行動を起こさない自分をみて、「僕はどうして行動できないんでしょうか?」というすっとんきょうな質問をしていた人間でした。

僕の頭の中は「自分の中に確固たる自信があれば行動できるはず。行動しないってことはその自信が足りないんだ」という思考に支配されていました。

だからこそたくさん勉強して自信をつけよう!と思ってノウハウコレクターになっていました。でもこれは明らかに間違いだったんです。

行動してみて、ぶつかって転んで怪我をして、それでもヒイヒイ言いながら行動し続けていく。

すると段々と「あれ、受けるダメージ量が減ったな」とか「あ、これぐらいならなんともないわ」といった具合に免疫ができてくるんです。

この免疫が徐々に人を強くしてくれるんですね。

行動しなくても大丈夫。機会はそのうちやってくる。

「それじゃあ、やっぱり行動できないわたしには自信がつかないじゃないですか!」

と思った人もいるでしょうから、ハッキリ申し上げておきます。

その通り。自信をつけるためには、ひたすらトライアンドエラーを繰り返すしかありません。これはもうそういうもんなのであきらめましょう。

でもね、その行動しない自分を責めないで欲しいんです。

行動にいちいち理由をつけるのをやめよう

あなたが行動しないのは、自信がないからではありません。ただ単に行動したくないからです。そこに理由なんてないんです。

その逆もまた然り。人が行動をする時は、自信があるからではありません。ただそうしたいから行動するんです。そこに理由なんてないんです。

自分が行動しないときは、「わたしはなんで行動しないんだ!」と嘆かないで、「あぁ、自分はいまはこの分野に関しては行動したくないんだな」と認識していれば大丈夫。

あなたが変わらなきゃいけない時は、あなたが変わらなきゃいけないタイミングで自然とやってきます。

自分が変わるべきタイミングは自ずとやってくる

ただし、その時はびっくりするぐらい精神的に応えるし、めちゃくちゃ泣きたくなるはずです。

そこでようやく人は「もういい加減変わりたい!」って思うんです。

あなたがアクセルを踏まなきゃいけないのはその瞬間。乗り越えようと行動することで、あなたは自信の満ち溢れる人になっていきます。

やりたくないことをやるべきことだと勘違いして自信をなくす必要はありません。

やるべきタイミングで逃げずに立ち向かいましょう。あなたの欲しい自信は、そのさきに転がっています。(川口美樹/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事