2018.10.23

彼の気持ちも、愛情もわかる。大事なのは「優しさの量」

もともと友達だったふたりが交際する場合は、お互いに相手のことがなんとなくわかっているので、とりとめもないことで悩むことが少ないと思います。
とりとめもないことというのは、たとえばLINEの既読無視とか、先にエッチしたはいいものの、それから彼の態度が冷たく感じられるとか、そういう悩みのことです。

■既読無視する男性心理

相手のことをある程度わかっていたら恋の悩みが減るというのは本当で、だからたとえばマッチングアプリで出会った彼と付き合っている人は悩みが絶えないんですよね。

マッチングアプリって、誰もが知ってのとおり、相手の顔写真とプロフィールとメッセージのやり取りだけで相手のことを判断しなくてはならないですよね。判断した結果、彼に会いに行ったりなんやかんやあって付き合いましたとなった途端、彼からのLINEの回数が減ったとか、彼の既読無視が続くとか、そんなことになるともう、恋のゆくえが心配で心配でしかたないはずです。

ちょっと話がそれるけど、男子の既読無視とかLINEの回数が減るというのは、あなたへの愛が冷めたわけではないんですよね。もともと彼はマメに連絡をする男ではなかったということです。

女子と出会って付き合うまで、男はものすごく頑張ります。100メートルを10秒で走れるんじゃないかというくらいのパッションで頑張ります。頑張った結果付き合えたとなれば、その反動がやってくるんですよね。情熱を燃やしすぎた反動がくるのです。だからLINEの回数が減ったり既読無視が増えたりするのです。

そして、じつはそういう男子は「もともと恋に不器用で女子のことを楽しませる能力が欠如している人」です。いい言い方をすれば「ある意味では誠実な男」です。そういう男子と付き合い続けたいのかどうかを、あなたが判断すればいいのです。つまり女子がしたいようにすればいい――それが恋愛の基本です。男はつねに、女子が敷いたレールの上を歩くしかないのが恋愛なのだから。

■彼の優しさを測るテクニック

さて、相手のことをある程度知っていれば恋の悩みは減るわけですが、では相手のなにを知っておくと悩みが減るのかといえば、彼が持っている優しさの量です。

LINEの回数も、デートのときの女子に対する気づかいも、男が女子にとるすべての態度のベースには優しさがあります。彼はその優しさをどれくらい持っているのか?というのを観察しておくことです。
無口だけどじつはたくさんの優しさを持っている男子だっています。反対に、優しいふりをしているだけで、心根が冷たい男子もいます。

優しさの量を測るテクニックは、たとえば彼とデートしている時、彼が電車の中で席を譲る人かどうかというのを見るとわかります。みなさん、席を譲るのは道徳心ゆえだと思っているかもしれないけど、じつは道徳なんて、それを守らなかったからといって罰則があるわけではないし、さらには誰もが道徳をありがたがっているわけでもないでしょ?電車の中で席を譲るというのは、その人が持つ優しさの量が決めることなんです。

■彼の優しさの量を測っておくと恋につまずくことが減る

恋愛って、どんなにラブラブで付き合っていても、どこかしら「ゲーム」のようなところがあります。つまり相手の気持ちをそらさないテクニックがあればどうにかなる、という要素をもっているのが恋愛です。

でもそのテクニックを支えているのは、男の場合はつねに優しさなんです。彼が男として、というより、人としてどれくらいの量の優しさを持っているのか?

漠然とではあっても、そこをちゃんと観察しておけば、彼があなたにふさわしい人かどうかがおのずと見えてきます。(ひとみしょう/作家)

『今夜はちょっと、恋の話をしよう』(ハウコレ編集部)

関連記事