2018.10.24

顔や才能じゃない。「かわいげのある彼女」が彼氏から無条件で愛さるワケ♡

どうもあかりです。
いきなり名言を言いますよ。
男子にとって、彼女の「かわいさ」って目で見るものじゃありません。手で触るものです。
決して「迷言」ではないですし、「手で触る」ってのも別に下ネタじゃありませんよ!
男子にとって「かわいい彼女」というのは、テレビやスマホの中にいる「見ていて、眺めていてかわいい」存在じゃなくって、実際に自分が言葉で接して、体で触れて「かわいい」と感じられる存在のこと。
要するに、ただ服装とかスタイルとか顔がよくて「うわ〜目の保養だわー」というんじゃなくて、実際にコミュニケーションを通じて「可愛がる」ことができる彼女のことなんですよ。
今日は、そんな「可愛がりがいのある」彼女が備える2つの要素をご紹介します。

■八方美人は「可愛がられない」

「八方美人」って、その字面は明らかに褒め言葉なのに、内容的には完全にディスっていますよね。でもよくよく考えてみるとこれってちょっと不思議です。
だって、「八方」つまり「みんなに対して」「いい顔をする」ことって、とってもいいことじゃん?って思ってしまうからです。
だけど「八方美人」な人を見るとみんなあまりいい印象を持ちません。
みんなにいい顔できちゃう器用さが「可愛げ」ないんです。

つまり、みんな「自分にだけいい顔をしてほしい」。「一方美人」でいてほしい。
反対に、「一方美人」は、器用さなんて全然ないんだけど、ただ単純に、「自分のことを好きでいてくれてる」からこそ、自分にだけは「美人」でいてくれる。

だから彼氏との関係でも、「八方美人」よりも「一方美人」でいる彼女はすごく可愛がられます。

具体的には、「男子とは誰とでも2人で飲みにいけちゃう」「女友達より男友達が多い」「下ネタだって男子と同じレベルで付き合える」みたいな、「彼氏との関係」と「彼氏以外の男子との関係」にあんまり差がない女子は、「八方美人」気味になってしまいがちです。彼が「俺は特別」ってあまり感じられないから。
彼に対して、「一方美人」でいられてますか?というのがひとつめの要素です。

■「セックスよりオナニーが好き」の真相

今度は少し際どいお話し。
みんなも「セックスよりオナニーが好きだわ」って言ってる男子を直接でも、間接でも見聞きしたことがあると思います。
断言します。こう言ってる男子は、確実にエッチが下手くそです。より具体的に言うのなら「今カノや元カノがエッチで感じてくれていない」のです。

男子に言わせれば、「エッチ」をただ「快感を得る行為」とドライに捉えたとき、確実にオナニーのほうが上回るそうです。楽だし、射精の気持ち良さは一緒だから(生々しくてすみません)。
唯一の違いは、「自分の目の前で、自分のおかげで(せいで)感じる女性がいるかどうか」なんだと。
だからエッチが上手な人って、必ずエッチが大好きです。自分のテクや言葉攻めで女性が感じるのが楽しくて楽しくて嬉しくて嬉しくて仕方がない。「イク必要なんてない」という男子すらいるくらいです。

一方、「セックスよりオナニーが好きだわ」と言ってる男子は、「エッチは疲れるだけ」を言い訳に、自分のテクがないという現実から逃げているだけなんですね。

とまあ、別に男子をディスりたいわけじゃありません。むしろ言いたいことは、「私たち女子が感じてあげないと、あの『エッチ』すら、男子はつまんないって思っちゃうんだよ?」ということです。
言いたいことは、とにかく恋愛で大切なのは、リアクション。リアクションによって、「可愛げがある彼女」になる。

エッチで言うなら、仮に彼があんまり上手じゃなくても「感じてあげること」が大切なように、デートでも、笑ってあげること、興味を持って話を聞いてあげること、「ありがとう」「楽しい」「嬉しい」と言ってあげること。それが「可愛げがある」ということで、彼にデートの才能があるとか経験があるとか、あなたの顔がかわいいとかスタイルがいいとか、そういうことよりもはるかに重要なことです。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事