2018.10.25

「聞けない」女子に警報!彼に遠慮するほど「2人の関係を壊す」って知ってた?

こんにちは、美佳です。
恋愛中って、彼の気持ちがわからず不安になったりもしますよね。そういうとき、彼の雰囲気や言動から彼の気持ちを勝手に推測してません?けどそれ、危ないかも。勝手な思い込みは恋を壊しかねないです。
気持ちがわからず不安なら素直に彼に聞きましょう。
そこで今回は、わからないことを聞く大事さ、そしてどうやって聞くといいのかについて述べたいと思います。

好きな気持ちが強いほど「怖くて聞けない」状態になる

彼の明確な言葉が怖くて、聞きたいことが聞けないという女子もいるでしょう。好きな気持ちが強いほど、彼の反応は自分の感情を動かしますよね。それはもうしょうがないことだと思います。

けど、不安やわからないことを放置しておけば、あなたが徐々に彼に対し疑いの気持ちが強くなっていくばかり。そうなると、彼への「好き」って気持ちがわからなくなると思うんです。
彼だって、彼女がどんなことに不安を抱いているのかわかりませんし、そもそも不安を抱いていることにすら気づかないかもしれません。……なので、とにかく伝わらないと不安を解消しようがないですよ。
問題を放置しておけば、恋は腐っていくだけですから。

後から真実を知って後悔しないためにも今聞くべき

聞きたいことがあるのに素直に聞けず、自分の脳内で自己完結してしまうのは危険です。
例えば、最近彼の口数が少なく、デートしてもどこか素っ気ない態度のとき。彼に「どうしたの?私何か傷つけることした?」と聞きたい気持ちを我慢したとします。
不安な気持ちがおさまらず、もう私にに冷めたのだ、と勝手に解釈し「別れましょう」と彼を振ってしまったあなた。しかし後日、共通の友人に「本当は彼、ここ最近はプロポーズのことを考えていたらしいよ。それで緊張してたんじゃない?」と教えてもらったとしたら……。

あの時勝手に解釈していた自分、彼に寄り添おうとしなかった自分にがっかりしませんか?
……もう、後悔してもしきれないですよ?

後悔しないためにも聞きたいことは必ず聞くべきです。簡単に関係が壊れる仲じゃないでしょ?

わからないことを聞けない人は、人間関係でもミスをする

恋愛だけでなく、普段の生活でも不安なことやわからないことを聞けない人は、必ず人間関係でミスります。物事の断片だけを見て、とか 相手の雰囲気だけで勝手に推測するなんて危険すぎますよ。必ずしも相手の気持ちや考えをくみ取ることなんてできないのですから。

これを読んでいる人の中にもきっと、聞きたいことが聞けないという人もいるのではないでしょうか。
『これを聞いたら白い目で見られるんじゃ…』とか『わからないのは私だけだったら恥ずかしいなぁ…』と周りの人の目や感情が怖くて聞けないのかもしれません。でも、相手からしたら勝手に意見をくみ取られて勘違いされる方が怖いです。
オトナなら聞きましょう。

相手の受け取りやすい言葉で聞けば答えてくれる

とはいえ言葉には要注意です。きつい言葉で彼に聞いてしまえば、そこからケンカに発展することもありますからね。
仮に、彼の女友達の存在が気になるときも「あの子だれよ!?」と語気を強くして聞くのではなく「〇〇君と一緒に写っていたあの女の子ってだれ?」と少し不安げに聞けば、彼だって強くは言い返さないはずです。

言いたいこと、聞きたいことは相手の受け取りやすい言葉で。そうすれば相手だって答えてくれるし、もし「ヤキモチを焼かせることをしてしまったんだ」と気づけば、今後誤解されるようなことは控えるんじゃないでしょうか。

終わりに

不安やわからないことを聞かないというのは、自分で二人の関係を壊しはじめているようなものです。彼と一緒にいたいなら聞かなきゃ。(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事