2018.10.26

束縛彼氏より、NON束縛彼氏と付き合った方が2億倍幸せになれる理由

女性の中には(多少は)束縛されていた方が嬉しいと答えるひともいます。

その理由は「愛されていると感じるから」・「自分のことが好きなんだなって思えるから」・「淡白すぎるとかえって不安になるから」など様々あると思うのですが…。

束縛は!百害あって!一利なし!

そう断言させてください。束縛は愛情の裏返しでは決してないんですよ。

「好きだから束縛する」という誤解

束縛をされて嬉しく感じるのは、「束縛するのは相手のことが好きだという証拠だ」と認識しているからだと思います。

恋人を好きになるあまり束縛してしまう傾向にある人は、自分の場合がそうだからと、なおさら思いたくなるでしょう。

しかし相手のことを本当に「好き」であれば、束縛することなんて本来ありあえないことなんです。

裏を返せば、束縛をしてしまうということは、相手のことを心の底から好きではないし、信用していないということになります。

これは自分自身の感情を否定することになるので、かなり受け入れにくい意見だと思います。

それでも少し耳を傾けてもらえたらと思います。それがあなた自身の幸せに繋がることになりますから。

束縛したい、という気持ちの裏側にある恐怖と不安

では人がどんな時に相手を束縛したくなるかというと、不安や恐怖心を抱いている時です。

相手が誰か違う人に好意を寄せてしまうのではないかという恐怖、今のこの関係を失いたくないという不安、そういった負の感情が人を束縛に向かわせます。

つまり彼が「俺以外の男と喋んじゃねぇよ」というのは、あなたのことが好きだからではなく、自分という存在を大事にしてほしい、自分だけを見ていてもらいたい、という極めて自己中心的な感情が奥底に眠っているからなのです。

あなたが束縛を嬉しく感じてしまう理由

それと同時に、あなたが束縛されると嬉しく感じてしまう理由も、実は恐怖や不安といった感情が関係しています。

・愛されていないんじゃないかという不安
・人に興味を持ってもらえていないという恐怖

などの感情が「束縛という分かりやすい表現」によって一旦は満たされるので、「嬉しい」と感じるわけです。

裏を返せば、それぐらい分かりやすい表現がないと「恋人から好かれている」ということを認識できない、心のもろさを抱えているといってよいでしょう。

「束縛」は将来必ずお互いの重荷になる

束縛されないと愛情を感じられない女性と、束縛しないと自尊心を保てない男性、需要と供給がマッチしていてお互いハッピーならそれでいいじゃないか、と思うかもしれません。

確かに一時的には効果があります。しかし絶対に長続きしません。

ずっと一緒にいる幸せなカップルの中で、束縛したりされたりする関係を続けているカップルに僕はまだ一組にも出会ったことがありません。

仮に彼があなたを束縛しなくてもよいぐらい自尊感情が高まると、束縛してほしいと思っているあなたが重荷に感じます。

逆に、あなたが彼の束縛をなくしても十分に周りからの愛情を感じられるようになれば、彼の束縛が重荷に感じるのです。

それもそのはず。もともとの発端は不安や恐れからきているわけですから、続かないようにできているんです。

淡白に見える人の方が実は愛情深い

また、彼氏が淡白だと愛されている実感を得られないという意見もありますよね。

実は淡白な人の方が、嫉妬深い人よりもパートナーのことをずっと愛しているし、大切にしています。

淡白な人が淡白なのは、あなたに興味がないからではありません。

あなたの意思決定の邪魔をしたくない、あなたの自由に生きて欲しい、自分の存在があなたの負荷になる事を避けたい、そういう思いから淡白になっている(ように見える)んです。

決して冷めているわけではないんです。むしろ燃えすぎて迷惑をかけないようにしようとさえ思っています。

束縛じゃなくても愛情はしっかり感じられる

もちろん、ずっと淡白なのも寂しいと思う気持ちはわかります。

ただあなたも別に束縛が嬉しいわけじゃないですよね。束縛以外の方法で愛情表現してくれるならそれに越したことはないわけですよね?

であればきちんと彼に「もっと愛情表現してくれないとわからないよ」と伝えるべきですし、「どんな愛情表現が嬉しいのか」まで教えるべきです。

そういった話し合いを重ねるからこそ、お互いに考えていることがちょっとずつわかるようになって、束縛する必要がない関係になるのです。

そういう理由で、束縛がない状態で感じる幸せの方が、束縛がある状態で感じる幸せよりも、2億倍幸福度が高いと僕は思うんですよね。(川口美樹/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事