2018.10.27

なんかモノ足りない…。「2人のルール」を見直せば「愛されてる」って実感できます

彼が、あなたの期待する行動をしてくれず、「どうして?」と思ったことはありませんか?もしもそれで、「彼はわたしのこと本気じゃないんだ」なんて落ち込んでいるのだとしたら、不幸のはじまりです。してくれないことばかりが悪目立ちして、彼がしてくれた些細な事柄をすっかり忘れてしまっているのかもしれません。

彼の愛情表現がすべてあなたのルールにのっとったものではないことを理解しましょう。そして、実は彼がしてくれている「やさしさ」に気づき、不幸のループを断ち切りましょう。

「○○してくれないってことは好きじゃないの!?」の呪い

例えば、早く返事がほしいのに、彼はLINEに既読を付けるだけで返信がないとか、サプライズして喜ばせてほしいのに、特別な日に高級なレストランを予約してくれないとか…。望んだ通りの愛情表現が得られないと、どうしても愛されてる気がしないのが乙女心というもの。
けれども、これらの恋愛ルールは2人の交際スタイルに本当に合っているものなのでしょうか?どこからか仕入れ、そうあるべきものとして彼の了承も得ずに取り決めたものなのでは?これをいま一度確かめてみましょう。

本当に愛されているか不安なとき、「本命彼女とそうでない彼女に対する態度の違い」などを判断材料にすることが多いと思います。そしてその多くは友達からの話や、雑誌やネットなどの情報がほとんど。中でも友達からの話はとても身近で説得力があるから、自分の恋愛と比較しやすく、気づけば友達の彼よりも自分の彼が劣っているように思えます。すると、自分が大切にされていないような感覚に陥り、2人にとって不釣り合いな恋愛ルールが出来上がっていたりします。

雑誌やネットで読んだ内容であっても、「それが普通」だと刷り込まれることで彼とのすれ違いが生まれていく。これらが呪いの正体です。

呪いを解く鍵は、「あなたが彼を好きになった理由」に隠されています。彼がどんな人で、どんなふうにあなたを愛してくれる人なのかをもう一度思い出すことで、何にも縛られない自由な恋愛を取り戻していきましょう。

気づきにくいけど、実は彼がしてくれていること

先ほど例に挙げたLINEの返信速度については、どちらか一方だけが努力するのではなくて、お互いが納得のいく落とし所を見つける必要があります。ただ、彼の仕事が忙しいとか、極端にLINEの返信が苦手とかであるのなら、あなたが懐大きく受け入れてあげるのもまた愛。

返信が多めに欲しい彼女としては「してくれない」の部分に当てはめてしまいそうな内容ですが、実は、凄まじく忙しいけれど、LINEの返信が苦手だけれど、彼的には歴代の彼女の中でも最高の返信率をがんばって維持している場合だってあります。これまでは3日に1回が精一杯だったのに、今は1日に1回返しているのだってすごいことだと思いませんか?
こんなふうに、もし見えないところで彼があなたのために努力してくれていたとして、それを知らずにあなたが「LINEの返信少ない!もっと欲しい!寂しい!」なんて言ってしまったらどうでしょう?「俺の努力や愛はこいつには伝わらんのか…」と萎えの一途をたどるのがオチです。

男の人の愛は見えないことの方が多い。それでも付き合った彼女を幸せにしたいという思いは、例外なくどんな男性でも持ち合わせているものです。
見えないものに感謝して、不満を貯めない努力をしろなんて無理!と思うかもしれません。けれど、彼の優しさを信じて、その気持ちを想像できるくらいの余裕を持っていようとする努力なら、できそうな気がしませんか?

愛されている事実を見えなくしているのは自分自身

愛情表現に決まったカタチはありません。友達が誕生日に高級レストランに連れてってもらったことはそりゃ羨ましいこと山のごとしだけれど、あなたの彼は、そういう特別な演出をプロポーズまで取っておくタイプかもしれない。愛情表現は人それぞれなんです。

愛されているかどうかの基準は他の誰かの引用ではなく、いつも2人基準で決めていきたいものです。(ヒラタイカホノ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事