2018.11.07

彼氏ができるとき。それはひとりでいることに慣れたとき

ステキな恋愛をしようと思えば、孤独と仲良くならなければいけない――こういうことを、古今東西の何人もの立派な人たちが言っているので、これはきっと本当のことなのでしょう。
孤独と仲良くない状態というのは、簡単にいえば、寂しい状態のことです。

■男子は寂しいとエッチに逃げます

男子は寂しいとエッチに逃げます。すぐに「デキる」相手を探します。
女子の中にもそういう人がいるのは知っているけど、でも女子はどちらかというと、下半身に逃げるというより、自分の思い込みで恋しようとしますよね。
現実の相手をちゃんと見ないで、相手のいいところ、というか、自分が見たい部分だけを見て、そこにせっせと恋している――で、結局、「彼からLINEの返信が返ってこないのですが」とか「彼の態度がちょいちょい冷たくなったのですが、わたしはもう愛されていないのでしょうか」などと相談してくる。あるいは「彼はわたしのカラダだけが目当てで付き合っているのでしょうか」と相談してくる。

男女ともに寂しい人は、結局、エッチに逃げ込むので、「エッチしたいけど相手に恵まれない」と悩んでいる男子と、「誰かと付き合ったはいいけど、彼はわたしのカラダだけが目当てなのでしょうか」と悩んでいる女子って、結局、同じ穴の狢(むじな)なんですよね。つまり、孤独と仲良くなれていないから、そういう問題に足をとられて、哀しい思いをする。

■孤独と仲良くなるためにはどうすればいいのか?

では、孤独と仲良くなるためにはどうすればいいのか、といえば、これがまたよくわからない。
もちろん、ネットにはいろんな答えが書いてあります。
たとえば、自分を褒めてあげましょうとか、小さな目標を立ててそれをクリアしましょうなどと書かれています。でもそれらは、孤独と仲良くなりたいのに仲良くなれない人にとって、答えではなくて問いであるはずです。
自分を褒めてあげたいと思っているけど、褒めてあげられるほどのことが「どうしても」できない――これが孤独と仲良くなれない人のホンネだからです。
小さな目標を立ててそれを達成し続けるといいとわかっていても、「どうしても」できないし、もしできたところで、さほど嬉しくない。これも孤独を愛せない人の切実なホンネであるはずです。
さて、どうすれば孤独を愛せる人になれるのでしょうか?

■運が良くなるように願うこと

孤独と仲良くなるというのは、自分がなぜ寂しさを感じているのかを知るということです。
あなたはなぜ寂しいと感じているのか?答えはきっと人の数だけあると思うのだけれど、答えの1つは「軽く絶望しているから」です。
なりたい自分になれていないとか、そもそもなりたい自分がないとか、そういうのって絶望という言葉で表すことができます。
では、そういった絶望は、どうすれば克服できるのか?
解決法のひとつに、
運が良くなるように願うというのがあります。

あなたと同い年の女子で、人生に絶望していない人っていますよね?寂しさと縁遠い人だっていますよね?そういう人って、じつは運がいい人だともいえるのです。
あなたは何らかの運が悪かったから、今、偶然にも絶望し寂しさを感じている――たったこれだけのことであって、もって生まれた能力などに大差はない――こうも言えるのです。

だから、孤独と仲良くなって「寂しさ」から解放されること、つまりステキな恋愛を楽しもうと思えば、運が良くなるように願うことから始めるのも、1つの方法なのです。そして、願うことにプラスして、「私って運が良いのかも」という瞬間やできごとを見つけられると、絶望や寂しさともすこしずつ距離が置けるようになるはずです。
(ひとみしょう/作家)

『今夜はちょっと、恋の話をしよう』(ハウコレ編集部)

関連記事