2018.11.22

この子じゃなきゃダメ!仕事で忙しい彼が、彼女から来たら嬉しいと思うLINEの内容

彼氏の仕事が忙しくて、なかなか会う時間や、気持ちを伝えられる機会がない!そう感じていのであれば、いつでも見れるLINEを活用して、彼を元気にさせてあげませんか!?

一通のLINEが、あなたと彼の距離をグッと近づけることも。彼が喜ぶLINEの作り方をマスターして、「あなたに会いたくなる魔法」をかけちゃいましょう!

●彼が忙しいときこそ「会いたい」と思ってもらうチャンス!

彼から「会いたい」と思われる・言われるのは、もちろんうれしいもの。でももし、それが「ヒマ潰し」だとしたら、そこに愛情があるのかは疑問ですよね。一緒に過ごせれば、誰でもいいのでは?と不安になってしまいます。

これを逆手にとると、忙しいときや、クタクタに疲れているときに、会いたいと思われる彼女こそ本物。そうつまり!彼の仕事が忙しくてあなたが不安になっているときは、相手にも「は~…疲れたなぁ。彼女に会いたいなぁ」と思ってもらえるチャンスでもあるんです。

では、そんな時にどんなLINEを送ると、彼が嬉しくなって「会いたい」と思うのか。送る言葉のいいまわしなど、大切なポイントを確認しましょう。

●「がんばって」は「がんばってるね」に変換

彼が忙しそうにしていると、つい「がんばって!」を言ってしまいがち。でも、実際彼は、もう十分にがんばっているんです。つまり、「がんばって!」と言いそうになったときには、彼の努力を認めて、受け止めてあげるのがおすすめ。

男は、自分のやったことを認めてもらえると、自然と明日のやる気が沸いてくる生き物。そして、それを異性に求めています。だからこそ、彼女からの「がんばってるね」「いつも偉いね」「本当尊敬するよ」といった言葉は、他のどんな鼓舞の言葉より、彼を癒し、元気づけるもの。

クタクタに疲れたときに、大切な彼女から認めてもらえれば…。きっと、ずっと離したくない彼女になれるはずです。

●「さみしい」は「私もがんばる」に変換

会えなくて寂しいとき…。そんなときは、「あなたががんばってるの知ってるから、私もがんばれるよ!」という内容が効果的。逆に、「会えなくて寂しい…」というちょっと重めな内容のLINEは、忙しくて疲れている彼を、追い詰めかねません。

もちろん、彼だって会いたい・寂しいと思っているはず。でも、無理なものは無理、というのが大人です。ここは見方を変えるのが◎。「一緒にがんばろうね!」と彼を元気づけたうえで、あなたはあなたで、会えない時間を有効活用していきましょう。

●「すごいじゃんっ!」テンション高めなLINEが◎

男性にとって、元気でかわいい彼女がいることはかなり、パワーの源になるものです。LINEであれば、文字やスタンプで明るく盛り上げるのがいいでしょう。

小さい「っ」を挟んだり、かわいいスタンプや、癒される画像を送ったりするのも、いいかもしれません。「すごいじゃんっ!」「がんばろーっ!」「おつかれ~!」など、ため息を吹き消すような雰囲気のLINEを送ってみましょう。

彼も忙しいので、長々と自分の気持ちを綴ったり、今日の出来事を語ったりするのは控えめに。長い文章だと、読むのも彼の負担になってしまいます。短くて簡潔。それでいて、心が弾むようなLINEを意識してみましょう。

●気持ちを伝えるのは、会ってから

会えない日が続くと、どうしても不満や不安が募るものですよね。一番怖いのは、このまま会わなくても平気になって、自分が彼女でいる必要なんてないのでは…?と感じてしまうことかもしれません。でも、そんな気持ちをLINEで送るのは絶対にNG。

会えるときまでぐっと堪えて、その気持ちは会えたときに、「会えた喜び」として、表現して欲しいのです。彼が忙しくて会えないときに感じてしまう不安や不満は、会いたいから。なので、「会えたこと」自体を幸せと伝えて、彼にも同じ気持ちになってもらいましょう。

「ぜんぜん会ってくれなくて辛かった…」「なんでもっと会えないの?」と不満や不安をぶつけたところで、会える頻度が上がることなんて稀。でも会ったときに「やっと会えた~!幸せ♡」と、彼女がポジティブに感じていることが分かれば「この子と会えば元気が出る!」「ちょっとでもいいから会いたい!」と、間接的に会う頻度を上げてくれるかもしれません。

たとえそれが難しいとしても、嬉しい気持ちとともに、「寂しかったよ~」なんてかわいく甘えれば、きっとこちらの「寂しい」「会いたい」という気持ちを察してくれるはずです。

●おわりに

大切なのは、彼女としての価値を、彼に実感してもらうこと。忙しいときや、疲れているときこそ、その価値が高まります。そして、そう実感してもらうチャンスにもなることでしょう。あなたもぜひ、LINEを上手に使って、「やっぱり、この子がそばにいないとダメだな」を手に入れてみませんか?(織留有沙/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事