2018.11.24

彼が離さない!「ありのままの姿」までかわいい彼女でいるために必要なこと

どうもあかりです。
「ありのままの自分を好きになってほしい」「ありのままでもかわいいって言われたい」。そんな風に思うことってありますよね?

でも、「ありのまま」というのは、あくまで相手から自分に向けて言う言葉であって、自分が相手に対して「ありのままの私を愛してくれ」と伝えるようなものじゃないんです。

いくら偉い人が「ありのままの自分を愛してくれる人と一緒になりなさい」と言ったり、あるいは彼があなたに直接「ありのままでいていいんだ君は」と言ってくれたりしても、基本、それに甘えないでほしい。

「ありのままの私を好きでいてくれたら、本当に嬉しいな」と心の中では思いつつ、それでも、私たちは「その『ありのまま』を常に素敵にアップデートしよう」という努力をしていきましょう。

■彼に「かわいい」と思ってもらうための行動

「もっとかわいいって思われたい!」
「ありのまま」をちょっとでもブラッシュアップさせるためのモチベーションはこれでしょう。

そして、この目的で行動した努力は、例えどんなものでも彼に届くし、彼に響きます。
男子は流行のデザインや流行のカラーには疎いものですが、幸い、不思議と「俺のために作ってくれた『かわいい』」を女子のファッションの中に感じ取る圧倒的に敏感なセンサーを持っています。
これだけは、どれだけファッションに疎くて、それこそ平気でスウェットでコンビニに買い物に行くような男子でも外さない。

髪型を変えてみた。
新しいワンピを投入してみた。
それがファッション的に正解か、彼の「理想的な女子のファッション像」をバチコン射抜いてるか、そんなのはわからないけど、そこに漂う「かわいいって思ってもらいたくて頑張ったぞ!」という気持ちは、間違いなく彼をぶち抜く。ビギナーカップルでも、ベテランカップルでも、いつまでもこのドキドキを与え続けられる人でありましょう。

■ふたり関係を一歩前に進め、円満にする努力

仮に「ありのまま」が許されるとしても、あなたと彼の関係だけは、ふたりが努力をしない限りはいつまでたっても前には進んでいかないものです。だって、付き合いたての頃のふたりの関係なんて、生まれたての赤ちゃんなんですから。

また、ふたりの関係を前に進めるための努力は、あなたが彼のことを真剣に考えている証拠ですので、それを感じ取った彼としても嬉しい気持ちになれますね。

もちろん「ふたりの関係性」というのは目に見えない、手で触れらないものですから、「よいしょ」と持ち上げて、わっしょいわっしょいと前に移動させるようなものではなく、日々の彼とのコミュニケーションを通じてのみ前進させられるもの。
ケンカのとき、ただ「お互いごめんなさいを言おう」と仲直りをして「よっしゃーおつかれー」じゃなくて、もう同じことを繰り返さないふたりになれるようにする。今回のトラブルを参考に、新たなルール作りや提案をしていくことが大切です。

■「ありのまま」は「現状維持」じゃない

ここでひとつ勘違いしないでほしいのが、「ありのまま」は「変わらない」「現状維持」という意味ではありません。
あなたと彼がこの先も一緒にいるのなら、「付き合った頃のあなた」から「今のあなた」が一ミリも成長していないと、困ってしまいます。

ものすごく極論のたとえですが、付き合ってから成長していない「ありのまま」の私をずっと愛し続けるよう求めることは、
「大学生だった頃に大学生が好きだったなら、大人になってからも大学生を好きでいてね」と彼に求めるようなものらです。

つまり、「ありのまま」の私自体の成長が必要です。恋をしてからも、いえ、恋をしてからの方が以前よりもずっと、「恋以外」のことを一生懸命に頑張ってほしいとみんなに思う理由がこれです。
彼に会えない日は、「何もすることがない暇な日」じゃありません。仕事を頑張ったり、趣味をしたり友達と会ったりして、自分の能力、魅力、話題、人脈を広げられるように、「ありのまま」を少しずつ成長させていけるように、頑張らなくちゃいけない日です。

「今日は、これができるようになったな」
って毎日1個でも思えるような日々を過ごせたらいいですね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事