2018.11.26

【都合のいい女、完全解説】ならないための予防法と、なってからの逆転術

付き合う前にも付き合った後にも起こる「都合のいい女」問題。

今回は、「都合のいい女、完全解説」と銘打って、その予防策や逆転術、また都合のいい女に男性が抱いている気持ちなどを余すところなく解説していきたいと思います。

都合のいい女になりたくない人、都合のいい女から脱却したい人に向けた、永久保存版です。

都合のいい女になりやすい人は「愛されたい」願望が強い

まず、都合のいい女になりやすい女性は共通して、「愛したい」という気持ちよりも「愛されたい」という気持ちの方が極端に強いです。

都合のいい女になってしまう女性には、「いつも彼に尽くしすぎて逃げられてしまう」人がものすごく多いのですが、表面上は「愛している」ように見えて実は裏に「これだけ尽くしてるんだから愛してくれるよね?」というスケベ心を隠しています。

ですから男性からすると、その「尽くす」という行為の一つ一つに、「わだじを愛じてぐれよお”お”お”」という裏メッセージが放たれているように見えるんですね。

それゆえ男性は「この子と一緒にいると疲れそうだな」と感じるようになり、女性の元を離れていくのです。

男は会った瞬間に本命と遊びを切り分ける、という嘘

世の中に「付き合う前にエッチをしてはならない」という警告が増えたためか、都合のいい女になっている女性に限って「会ったその日に“してしまった”んです」という言い方をします。

さも「遊ばれた」みたいな被害者ヅラをしますが、合意のもとで男性との関係を持ったのなら、責任は120%自分にあると思わなくてはいけません。

その責任を脇に置いて「男は彼女候補と遊ぶ人を分けてるんですよね?どうして男性は好きでもない人とエッチできるんですか?」と聞いてくるものですから、「そうやって偏見で男をみてるから、誠実な男性から敬遠されて、遊び人の男が寄ってくるんだよ!」とドツきたくなってしまいます。

いいですか、男だろうと女だろうと、誠実な人もいるし不特定多数の人と遊びまくっている人もいる、それだけのことです。

「男ってやつは本当にひどいですよね」という責任転嫁は、金輪際捨てておくことをオススメします。

都合のいい女にならないためには「愛したい人」を探せ

都合のいい女にならないためにすべきことは、初デートでエッチを許さないこと、ではありません

「この人はわたしのことを本当に愛してくれるのかしら?」という自己中なマインドが、「類は友を呼ぶ」で、自己中な男を引き寄せているのだということに気づいてください。

恋人が欲しいなら「愛してくれる人(優しくしてくれる人)」を探すのをやめて、「愛したくなる人(優しくしたくなる人)」を探してください。

そうなればあなたのことを「愛したい」と思ってくれる人に出会えます。それが都合のいい女にならないための最善の予防策です。

都合のいい女から本命彼女への一発逆転法

これは「今彼にそう思われているかも…」と悩んでいる人にとっても同じことが言えます。

大事なことは彼がどうしてくれるか?ではなく、自分が彼にできることは何か?という部分に意識を向けることです。

間違っても「私たち、付き合ってるんだよね?」とか「わたしのこと、本当に好きなの?」なんて言わないでくださいね。

遊ばれているかも?という疑惑があなたを卑屈にさせ、彼をげんなりさせます。その重さこそが、あなたが都合のいい女になるための第一歩です。

あくまでも「こないだはありがとう!楽しかったよ!次のデートはどこに行こっか!」と軽く振る舞うのが吉です。

追うのでもなく、追われるのでもなく、あくまでフェアな関係として接する。その対等な関係に男は惚れてしまうものなんですよ。

都合のいい女になりたくないなら自己中な恋愛をやめよう

都合のいい女にならないためには、自己中な恋愛をやめる必要があります。

相手がしてくれることから目を離し、自分が相手にしてあげられることに目を向けること。

それを始めない限り、誠実な男性に出会うこともできないし、誠実な男性と釣り合うこともできないのです。(川口美樹/ライター)

※個別相談はTwitterのDMまでどうぞ

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事