2018.11.30

カップル崩壊の危機!?見逃せない別れのサイン

脈ありサイン、脈なしサインは誰もが気になる情報ですが、「別れのサイン」を気にしている人は案外少ないようです。見る人が見れば、「あの二人はもうすぐ別れるだろうなぁ」というのはよくわかるものです。あなたは、カップルが別れるサイン、いくつ知っていますか?別れのサインを見逃して、恋人からいきなり振られることを避けるためにも、必見です!

自分を嫌いになっているなら別れのサイン

あなたは、恋人と付き合っている今の自分が好きだと胸をはって言えるでしょうか。相手を嫌いになったというのが別れのサインであることは言うまでもありませんが、実は、相手といる自分自身を嫌いになっているというのも、別れのサインのひとつです。別れを切り出す時、人は恋人を嫌いになっているのではなく、その相手を好きでいる自分を嫌いになっているということがあります。具体的には「彼と私は釣り合わないんじゃないか」「もしかして遊ばれているだけかも」「はぁ、私はつくづく男運がないなぁ」などといった思考になっている時です。その不快感が耐えられなくなると人は「別れる」という選択肢を持ち始めるため、自分を嫌いになっているというのが別れのサインとなるのです。

真剣な話し合いの回数が減ったら別れのサイン

カップルの特別感の真髄は「くだらない話が共有できること」ではなく、「真面目な話を何度でもできること」にあります。もちろん、くだらない話をすることも楽しいですが、長く付き合っていくには、真剣な話ができなければいけません。相手の反応が気になったり、勇気が出なかったりしてきちんと向き合うことができなければ、信頼関係は築けないですから。最初から真剣な話ができなかったというカップルは論外ですが、最初はできていたのに最近できなくなった・・・・というカップルは、別れのサイン。真剣な話し合いの回数が減るというのは、相手と向き合いたくないというサインでもあります。これでは信頼関係が危うくなるので、別れが近づいてしまうのも無理ないでしょう。

感謝と謝罪を忘れ始めたら別れのサイン

別れるカップルは、わかりやすく「ありがとう」と「ごめんなさい」の数が激減します。
感謝と謝罪がなくなるのは、相手が家族同然になり他人であるという感覚を忘れてしまうから。つまり、感謝と謝罪が少なくなり始めたら、別れのサインなのです。常にお互いに対して「失礼のないように」緊張感を持っているカップルは、自然と「ありがとう」と「ごめんなさい」が言えるはずです。そういうカップルは長続きしやすいのです。しかし、「ありがとう」と「ごめんなさい」がなくなってきたカップルは、緊張感がなくなってきており、さらにそこに慣れと飽きが生じてくると、別れに繋がる可能性があります。日常の会話で別れのサインを見逃さないようにしましょう。

連絡や会う頻度が減ったら別れのサイン

付き合いたての頃は毎日のように会いたかったという人も、付き合いが落ち着いてくると会うペースが決まってきますよね。カップルによって週に1回会うのか、2回会うのかは様々でしょうが、その決まったペースが崩れ出した時は、別れのサインである可能性があります。また、会う頻度だけでなく、連絡頻度も同じことが言えます。電話のペースやLINEのペースに変化はありませんか?もちろん、付き合いたての時のようなペースはほとんどのカップルが維持できませんが、ある程度落ち着いた時のペースからさらに頻度が少なくなったという場合には注意が必要です。忙しくて会えないとか、何か具体的な理由がないにも関わらず会うペースが下がってきているようなら、別れのサインを疑いましょう。

あなたが我慢することが多くなったら別れのサイン

「私さえ我慢すれば全て丸く収まる」と思って我慢したことが今までにあるという方もいますよね。たとえまるく収まったとしても、あなたに莫大なストレスがかかっています。そのストレスが原因で別れてしまうこともあるので、「我慢」が多くなることは別れのサインだと言えます。我慢した、ということは必ずその人の中にわだかまりを残しますよね。円満なカップルはこのわだかまりの解消のスピードが早いのです。そしてそのわだかまりは「二人の会話」でしか解消されません。どちらか一方が我慢していると不満も溜まりやすいため、いいことは何一つないでしょう。日ごろの不満が一気に爆発して別れるという場合もあるので、「我慢」は別れのサインのひとつです。

おわりに

円満なカップルは、何も「運命の赤い糸で結ばれているから」円満になるわけではありません。円満になるための努力を欠かさずに、円満になるべくしてなっているのです。ですから別れに繋がりそうなサインにはとても敏感で、そして絶対に見て見ぬふりをしません。たとえ別れのサインがあったとしても、それに気づけるということは、対処することが可能ですよね。つまり、別れのサインに気づくというのは、別れを事前に防ぐことができるというわけです。もし、この記事を読んで「やばいかも」と思ったら、まずは別れのサインが出ていないかチェックしてみましょう。すぐに対処できれば、まだ間に合うはずです。

関連キーワード

関連記事