彼氏と背中合わせのさみしそうな女性

2018.12.26

仕事の日は会えない。こういう「べき論」をやめて、ラブラブカップルになるには?

「彼氏との相性があんまりよくないのかも」「時々、一緒にいても距離を感じることがある」。このように、不安な気持ちがあって彼氏といまいちラブラブになれない人って、「これはこうすべき」みたいな「べき論」を持っているんですよね。

「べき論」って、女子の方が男子に押し付けているイメージが多いかもしれない。でもじつは、男子のほうがたくさん持っているんです。たとえば「仕事が忙しいから」という理由でデートしてくれない彼氏というのは、「べき論」をたくさん持っている人です。

じゃあこの「べき論」から解放されるカップルになるにはどうしたらいいのでしょうか。わかりやすく解説していきます。

■彼の「べき論」、彼女の「べき論」は自分をがんじがらめにする

仕事が忙しくても、デートする時間をちゃんと作ってくれる彼氏は「べき論」なんて、ほとんど持っていません。仕事もプライベートも一所懸命やるべき、という考えくらいは持っているはずだけど、「男たるもの、つねに仕事を優先すべき」とか「仕事に集中しないといけない時は彼女と会うべきではない」とか、そういうカタい考えは持っていないんですよね。だから忙しい仕事の合間にちょこっと時間を見つけて、器用にデートできるんです。

女子の中にだって、たとえば「男とはこうあるべき」とか「仕事と恋愛の両立のためにこうすべき」というような考え方をしている人っているでしょ?とくにマジメな人に多いのが「強い女ってこういうイメージだから、わたしはこうすべきだと思う」みたいな、女性の強さとか自立などを基準に、自分の振る舞い方を決定する女子。
彼女にそんなことをされたら、彼がどれほど嘆き哀しむことか!

■「べき論」の対極にある「うまく説明できない気持ち」が大切

「べき論」の対極にある考え方って、たとえば「今日は天気がいいから、お弁当を持って公園に行こうかな」です。
つまり、生きていることとか、恋することって、「理由はないけど、なんかこういうことをしてみたい」という「理由のない気持ち」に集約されるんですよね。すべてのことを意識的にやるとか、やることすべてに言葉で説明できる理由が必要とか、そういうカタい世界にとらわれないものが、生きることであり、恋すること。

この考え方は、ものすごく極端化すると、「今日はなぜか海を見たい気分だから仕事を休むわ」ということに繋がる話だし、そういう人が増えると世の中が無茶苦茶になるから、おそらく多くの人が「べき論」を自分に言い聞かせつつ暮らしているはずなんです。
今日は海を見たいけど定時に会社に行くべき、とか、今日は彼とベッドの中でいちゃいちゃしたいけど午後から家族の用事があるから実家に帰るべき、とか、みんな「べき論」のもとで暮らしているはずなんですよね。

■「べき論」から離れることが、ラブラブをキープする秘訣

でも、ときには思いっきり「べき論」から離れて、彼とふたりでやりたいことをやらないと、ラブラブな状態をキープできないんです。なぜなら恋愛って100%自由な生き物だから。100%自由なものを「べき論」を押さえつけようと思っても、それは無理です。自由なものは自由のもとに還してあげないと!

男女平等だと言ったところで、今の時代はまだまだ男のおじさんたちが上のほうを牛耳っているから、必然的に若い男子たちがそういうおじさん的な思考を押し付けられがち。だからどうしても彼は「上司の評価を気にすれば、彼女とのデートをドタキャンしてでも仕事をするべきだ」と考えてしまって、彼女が哀しい思いをすることになります。

もっと時代が進化して、ホントに男女が平等になれば、男子だって女子のように、時間の使い方が上手になるのかもしれないけど、今はまだ男子はおじさん的な思考の影響をモロに受けざるを得ない状況です。

■まずは彼女が「べき論」から卒業し、事実を受け止めてみて

だから、彼のことはさておき、まずは彼女が「べき論」から卒業してみるといいです。「これはこうすべきだ」と固定化して考えるのではなくて、いろんな考え方をありのままに受け止めてあげるといいです。

彼が「仕事が忙しくてデートできない」と言えば、「仕事が忙しいことを理由にデートを断る男子もいるんだ」と、少々客観的に思って、彼の言葉を受け止めてあげる。反対に、彼が急にデートしようと言ってきたら、急にデートに誘う男子もいるんだ、と、少々客観的に思って受け止めてあげる。

こういうのって、彼の意見にただ振り回されているように見えるかもしれないけど、でもそうじゃないんですよね。

自分の「べき論」なんか捨てて、相手の変化に適当に(=ちょうどいい感じで)付き合ってあげることこそが、ホントは誰にとっても心地いいはずなんですよ。彼氏との関係に限らず、私たちを取り巻く環境も、わたしたち自身も絶えず変化しているのだから。

さまざまな変化に、ちょうどいい感じで付き合っていける人は、昔から「心が豊かな人」とか、「器の大きな人」と言われています。言うまでもなく、心が豊かな人とは「よく生きる」人であり、その必然として、いい恋をする人のことです。(ひとみしょう/作家)

『今夜はちょっと、恋の話をしよう』(ハウコレ編集部)

関連記事