不安げな表情の女性

2019.01.09

《男の本音》本命彼女とキープ女子の違いって?彼と真剣に付き合う方法は?

いきなり質問をしますが、あなたは、彼と真剣に付き合っている「本命彼女」ですか?
「わたしは今、彼にとってキープになっているけど、わたしも彼とちゃんと付き合うのは重たいから、キープされている男子と楽しく遊んでいる」――こういう自覚を持ったうえで、男子にキープされたり、反対に男子をキープしたりするのは、需要と供給が合っているからいいのかもしれません。


でも問題は、キープじゃイヤなのにキープされたまま、彼の本命になれないケースです。…よね?!
今回は男性心理を紹介しつつ、本命彼女になって彼のそばに居続けるために必要なことを見ていきましょう。

男子に愛される「本命の彼女」が持つ特徴

男子にとって本命の彼女とは「この子とはちゃんと接しないといけない」と思う女子のことです。美人でマジメで育ちがよく……というような外的要因が、彼に「ちゃんと接しないと」と思わせるわけではないんですよね。マメで気が利き、手料理がうまい女子のことを、男子が本命になるわけでもないんですよね。

ふつうのルックスで、ふつうの育ちで、料理をつくったらドジっ子みたいな女子でも、彼の本命になれます。

なぜなら男子は、精神的にも肉体的にも「自分のことを受け入れてくれた女子」に、見事にハマるからです(=本命!)。ルックスとか育ちとか、料理とか、関係ないんです。自分のことを受け入れてくれたかどうか、だけです。

逆説的に言うと、男子にとって人生最大の不幸とは「好きな女子とエッチできなかったこと」なのです。男子にとってエッチとは「自分の<人格>を受け入れてもらう行為」だからです。

あなたのことが「かっこよく見えるから」彼は本音を見せないのです

つまり、彼にキープされている女子が、彼の本命になろうと思えば、彼の心身両方を受け止めてあげるといいと言えます。キープされてセフレにされてしまっているのであれば、あなたが彼の肉体だけを受け入れて、精神を受け入れていないということです。彼の本音を受け入れてあげましょう。

彼はきっと、あなたに自分のホンネを見せていないはずです。そこをあなたが「掘る」んです。彼のホンネは、たいてい「寂しい」とか「どう生きていくといいかわからない(仕事がつまらない)」とか「親とうまくいっていない」とか「お金がない」とか、そのへんにあります。

彼があなたに本音を見せない理由は、あなたがかっこよく見えるからです。あなたが自分で自分のことをかっこいいと思っていなくても、彼からすれば、あなたはかっこよくて、どう生きていくといいのかがわかっているおねえさんに見えるんですだから彼は自分の本音=ダサいところを、あなたに隠すのです。

女子は「素直さ」「弱さ」を見せるだけでキープから本命に昇格できます

彼の本命になりたいにもかかわらず、彼にキープされていていると、どうしても「わたし、もっと頑張って綺麗な女子になって、彼を本気にさせないと!」と思うでしょ?

でも実際は、その反対の考え方が必要なんですよね。

あなたはもう、そのままで十分かわいいし、かっこいいんです。相対的にかわいいということじゃなくて、彼にとっては、もう十分なくらい「いい女」なのです。
だから彼は「こんなかわいい女子に(かっこいい女子に)俺のダサいところなんか見せられないな=本音なんて言えないな」と思ってかっこつけるんです。強がるんです。だから本音を言わないんです。

だから、たとえば、たまには彼ととことんお酒を飲んで、お互いに本音トークするといいです。「じつはさあ」みたいな会話を深夜までするといいです。「かっこいい」と思っていた女子が以外に弱かったり、悩んでいたりする姿を見れるだけで、男子は急に距離をつめやすくなる。

もう少し年齢を重ねて、人格がまるくなると、初対面の時から「じつはさあ」みたいな本音トークができて、盛り上がって、いきなり本命の彼氏彼女の関係になれることもあります。でも若いとどうしても、男女お互いにプライドが邪魔するでしょ?

そのプライド、男子は捨てるのが下手で、女子はうまい。究極の場面で素直にものを言えるのって、男子じゃなくて女子なんです。女子はその「うまさ」を発揮すると、キープから本命に昇格できます。
彼は、強がらなくてもいい(かっこつけなくてもいい)彼女をいつも探しています。(ひとみしょう/作家)

『今夜はちょっと、恋の話をしよう』(ハウコレ編集部)

関連記事