彼氏に腕を回す女性

2019.01.17

彼氏をキュンとさせつつ、こっそり理想の王子様に育てる方法♡

こんにちは、愛子です。

みなさんのなかに「ぜんぜんタイプじゃない人のことを好きになって、付き合っている」もしくは「付き合ったことがある」人はいませんか?
おそらく、頷く女の子は多いはずです。

理想と現実は、違うことがよくありますもんね。

でもその現実が、愛しくてたまらない。彼と離れるなんて考えられない。そう感じている女の子もまた、多いと思います。じゃあ理想の方を諦めるしかないのでしょうか?それもちょっと残念ですよね。それなら大好きな彼に、理想の王子様になってもらいませんか?

そんなわけで今回は、彼を嫌な気持ちにさせることなく、むしろ「キュン」とさせながら、あなたの理想を叶えてもらう方法をご提案させていただきます!

1.まずは「理想の彼氏像」を心の中で明確にしよう

「今の彼は理想のタイプとは違う」と思いつつも、じゃあどんな彼氏が理想なのか、実は自分でもはっきりわかっていない女の子って多い気がします。

そんな方は、理想の彼氏像をまずは明確にしてみてください。
でもこの段階ではまだ彼に内緒です。身長や顔立ちなど、どうにもできないこともあると思うので、それを彼に話しちゃうのは意味がないし可哀想ですからね。
私たち女性だって、自分にはどうにもできない部分を指摘されて「〇〇な女性が好み」なんて言われるとグサッと来ますもんね。


だから、自分の中で理想をはっきりさせるだけでOKです。書き出してみるのも面白いかも。そうしているうちに、彼に叶えてもらえそうな分野が出てくると思います。

例えばですが、
・連絡をマメにくれる人
・記念日を大切にしてくれる人
・愛情表現をたくさんしてくれる人
という風に。
こういうことなら、彼次第で叶えられそうですよね。

見た目に関することも、服装や体型など、変えられる部分ならアリ。近頃太り気味の彼のやる気を引き出し筋トレするようにもっていくとかね(笑)。

とにかく今回彼に叶えてもらう理想は、彼にどうにかできる部分のみです。

2.男の子は「好きな女の子を喜ばせたい生き物」だと意識して

保育士をしている妹の話を聞いていると、男の子は小さい頃から大切な女性(幼いうちはお母さん、大人になると彼女や奥さん)を喜ばせることが、本当に大好きなんだなと感じます。

子どものいる友人の話を聞いていても、女の子以上に男の子は、お母さんのために色々してくれることが多いそう。
男の子って、生まれながらに女の子を喜ばせたい生き物なのかもしれません。
だからあなたの彼も、きっとあなたを喜ばせたいと思っているはずです。

もし、彼があまりそういうことをしないのであれば、それは「何をしたら喜ぶかが分からない」か「せっかくしてあげたことを喜んでもらえなかったことがある」かのどちらか、もしくは両方の可能性が高いです。

3.あなたはどんなことが嬉しいのか、彼に伝えよう

というわけで、あなたはどんなことをされたり言われたりしたら嬉しいのかを、彼にちゃんと伝えるようにしましょう。

もうやっているという方も、もしかすると彼にちゃんと伝わっていない可能性もあるので、凝りずに伝えてみてくださいね。

コツは、重くならないように、かわいくポップに伝えること。
あまり真剣になり過ぎると彼がしんどくなっちゃうかもしれないので。
そしてことあるごとに、何度も伝えることがポイントです。

一回真面目に話すより、軽く何度も伝える方が彼の心理的負担が少なく効果的かと思います。もちろん本気で止めてほしいことがあるなど、真剣な話し合いが必要なときは別ですけどね。


例えば彼にもっと好きと言ってほしい場合、一緒にドラマや映画を観ているときに「いーなー、〇〇くんに私もこんなこと言ってほしい」って言ってみたり、彼に家事をもっと手伝ってほしい場合、「家庭的な男の人って素敵」とか「上手じゃなくても好きな人に料理作ってもらうと嬉しいな」とか、そういう話題になる度に伝えておいたり。


でもこのときは注意点があります。
それは「友達の彼氏はもっと〇〇してくれるらしいよ」という風に、実在の男性と比較すること。これをすると、彼の男としてのプライドを傷つけちゃう可能性があります。

もし理想を伝えるための見本が必要なら、ドラマや漫画に出てくるキャラなど、架空の人物にするといいと思います。

4.全身で思い切り「ありがとう」を伝えよう

あなたの理想が彼にちゃんと伝われば、彼はきっとそのうち実践してくれると思います。もしかすると最初は、ちょっとあなたの理想とズレていることもあるかもしれません(笑)。

それでも、そこでがっかりしたり文句をつけたりするのではなく、彼があなたのためにやってくれたという気持ちをぜひ汲んであげてくださいね。

表情、声、言葉、ボディランゲージなど、表現方法の全てを駆使して、思い切り「ありがとう」の気持ちを伝えましょう。どうしても追加で希望がある場合は、大喜びして感謝の気持ちを伝えた後で「こういう風にしてくれたらもっと最高」などと付け加えるといいと思います。

そのときは、手を握ったり、抱きついたりと、体を触れ合わせた状態で言うのがおすすめ。そうするとあなたが彼を大好きだという気持ちは伝わるので、彼はあなたの言葉を非難や文句とは捉えず、お願いだと受け取ってくれるはずです。

こんな感じで、「何をしてくれたら嬉しいのか」をちゃんと伝え「してもらったら思い切り喜ぶ」これを繰り返すことで、男性ってかわいいくらい、彼女を喜ばせるために色々とがんばってくれると思いますよ♡(愛子/ライター)
関連キーワード

関連記事