考え込む女性

2019.01.27

大好きな人と別れて数週間。元カレとの復縁のために今からでもできることって?

恋愛記事を見る人っていろいろな方がいると思います。片思い中でアプローチ方法を知りたい方、両思いだけどもっともっと彼に自分を好きになってもらいたい方…。そして、大好きだった彼とヨリを戻したい方。
今回は、別れてからすこし時間がたってしまったけどやっぱりどうしても元カレが好きで復縁したい。そんな方にお届けする記事です。復縁できる方法だけでなく、復縁したことで幸せになった方のエピソード,復縁のリスクも書いていくのでよかったら参考にしてくださいね。

復縁して幸せになりました♡

「高校生の時2年付き合っていた彼がいたのですが、彼が部活の後輩と浮気して大ゲンカ。どうしても許せなくて別れることに。彼からの反省メッセージも全部無視していたらいつの日か来なくなりました。それから数年後同窓会でバッタリ遭遇。当時のことを話していたら『俺はまだあきらめきれてなくてフリーだよ』と言われ、思わずキュンとしてしまい、ヨリを戻しました。そんな彼とは半年前に結婚。高校の時で浮気は懲りたのか、今は一途に愛してくれています♡」(27歳/OL)

「当時の私は恋愛を軽く見ていて、半年ほど付き合っていた彼氏がいたのですが、秘密で友達と行ったクラブで知り合った人と体の関係に。それがバレて振られてしまったのですが、振られて1人になって、初めてその彼の大切さが身に染みて、深く反省。毎日泣いてました。それから1年くらいがたった時、大学の食堂でバッタリ会ってしまい、気まずいながらも普通に接していたらそのまま他の子を含めて遊ぶことに。遊ぶうちにやっぱり彼のことを好きだと思ってしまい、『やっぱり好き』と伝えたら『もう1回やり直す?』と。もう絶対浮気はしませんしクラブも行きません…!」(22歳/大学生)

今回は復縁して幸せそうな方にインタビューをしたのですが、このケースは本当にレアなんだそう。この2人と会話をしていても、血のにじむような努力を陰でし続けたと言っていましたし、とにかく時間は必要とのことでした。中でも印象に残った言葉が『復縁は両想いになるより難しい』とのこと。
そこで今回は復縁に潜むリスクを並べてみます。

復縁のリスクって?

復縁するにあたって考えられるリスクや考えるべき点を並べてみます。

①何か決定的な理由があり別れたケース
多いのが、どちらかの浮気や裏切り行為,性格の不一致など。1度はお互いに決めたものの、やはり付き合っていたころの思い出が美化されていくことで、「なんで別れてしまったんだろう」と後悔することが多いのもこちらのケース。破局の原因が“これ”とはっきりしている場合のリスクが以下の2点です。

・本当に彼を信じられるのか
例えば彼の浮気で別れた場合。再度彼が浮気しないか、本当に疑わずに付き合っていけますか?1度浮気をした男性が2度としない可能性は高いとは言えません。
「もしかしたらまた浮気しているんじゃ…」常にそう疑いながら付き合っていくのは、自分も彼も苦しいでしょう。もし彼が理由で別れたのなら、ここさえ自分自身で考え抜いて「彼を信じられる」「彼を信じる」と決めたのなら、何かあっても自分の自己責任として考えることで復縁は可能です!
もう1度彼と話し合って、「私はあなたを許すし信じたいと思ってる」ということを伝えましょう。

・同じ過ちを繰り返さないか
例えば先ほどの22歳の女性のように他の男性と関係を持ってしまったや、彼が嫌だと言ったことを直せなかったなど自分が原因の時は、2度と同じ過ちを犯さないと誓えるか。反対に、彼が原因のときにはきちんと根本を解決できているのか見極める必要があります。
もしかしたら復縁しなければ友人として今後も仲良くいられる可能性がなきにしもあらずです。。ですが復縁して再度同じ過ち繰り返した場合、3度目はありませんし友人としての道も絶たれてしまいます。



②なんとなくマンネリで別れたケース
理由は思い当たらないが、日々の暮らしの中でのすれ違いや倦怠期などで別れたため“嫌い”にはなっていない状態。「好き!」というわけではないが、「いて当たり前だった存在がいなくなって寂しい」「やっぱり彼氏がほしい」という理由から復縁したいと願うことが多いです。その場合のリスクが以下の2点です。
・婚期を逃す恐れも(新しい恋愛ができない)
復縁したいと懸命に彼を追っていても、もしかしたら実らないかもしれませんし、なにより新たな恋へと目を向けることができず気づけば様々な縁を見送ってしまうことになるかもしれません。
復縁は本当に時間のかかること。覚悟は必要です。

・“別れる”のハードルが低くなっていないか
別れてはくっついて、また別れてはくっついて…と何度も復縁を繰り返しているカップルに多い現象なのですが、“別れる”という行為に対するハードルが低くなりすぎていて、「どうせ別れてもまた付き合えるでしょ」と思いお互いに嫌な意味で遠慮が無くなっていくケースです。
本来別れというのは本当に悲しく寂しいこと。感覚のマヒは次の恋ひいては自分の恋愛観にも影響します。


以上のことを踏まえたうえで1人が寂しいから彼にすがるのか、本当に彼が好きで復縁したいのかをしっかり考え直してみてください。
もし「やっぱり復縁は諦めよう。でもまだ彼のことを忘れられない」というときは彼を忘れるための方法を書かせてもらったので、下の記事を見てみてください。

復縁する方法とは

やっぱりどうしても彼と復縁したい、そう思った方に復縁する方法を伝授します。彼が原因で別れてしまった場合は先ほど書いたように、彼を信じられるかを徹底的に分析し、自己責任で「彼を信じよう」と決めたなら復縁はできます。
ですが、自分が原因で別れてしまった場合は、簡単にはいきません。重要なのは“自分の感情のコントロール”と"忍耐力"です。

①彼の世界からいったん完全に去る(彼の中の悪いイメージを薄くしていく)
自分から連絡も✖です。電話をしたくても声を聴きたくてもつながりを持っておきたくても全部我慢してください。まずは徹底的に彼の世界からいなくなりましょう。
大丈夫、彼女だったというあなたの存在がいなくなるわけではありません。別れた直後はどうしても彼の中でのあなたの印象は悪いもので埋まってしまっています。距離を置くことで、あなたの悪いイメージを薄めていきましょう。すると自然と良いイメージや楽しかった思い出が浮上してくるはずです。

②たまに会ってもグッと堪えて“友達としての距離”を意識(拒否もしない)
偶然会うとどうしても嬉しくなってしまい、すがり続けたり、連絡を送り続けたりしたくなってしまいますが、それは逆効果です。せっかく薄れた嫌なイメージを掘り起こして更に増幅させる可能性があるのです。
目が合ったら逸らす、などわざとらしいことは一切しなくていいのですが、だからといって過剰に話しかけるのはだめです。イメージは一緒の友人グループにはいるけど2人きりでは遊んだことない友達と同じ距離をとること。付かず離れず、です。

③会話するチャンスがあったとしても1つの話題が終わったらダラダラ続けずに切り上げる
付かず離れずの関係性として具体的に指定したいのがこちら。1つの話題が終わったら切り上げるということ。こちらが少し物足りなさを感じるくらいがちょうどいいのです。
相手も物足りないと感じてくれたらラッキーですし、脈はあります。もしそうでなくても、話過ぎてしまうとやはり"干渉しすぎ"になってしまうのです。
「でもさ、」と話を続けないで「またね」とさっぱり去りましょう。

復縁したいと思ったときに心にとどめてほしいこと

大好きな彼と別れてしまったとき、復縁したい!と願う女性は多いです。それほどに大好きな彼だったのだからそれは仕方のないこと。ですが以下のことは覚悟してください。

・簡単なことではない
・長い時間が必要なことを覚悟する
・あなたが迫るのではなく彼から迫られるまでは復縁は不可能だと思っておく

諦めるのも1つの道。彼の気持ちに賭けるのも1つの道です。おそらくどちらを選んでも後悔は残るかもしれませんが、自分で選んだのだからと自分自身を納得させられるよう徹底的に考え抜きましょう。そのためにまずは冷静になることも大事です。

決して簡単ではないけれど

過酷な道ですが、復縁をして幸せになった方は間違いなくいます。あなたが原因であなたが決めてあなたが進んだ道。もし彼から何のアクションもなくても彼のせいではありません。ですがそこまで愛することは絶対にあなたの糧にはなります。人生一度きりなんですから、全力で恋愛をするのもいいかもしれませんね!(N a r u . /ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事