男女

2019.02.22

「付き合うべき相手か、ダメンズか」を見極めるには、LINEとデートをチェックせよ


こんにちは、美佳です。
「付き合うまではダメンズな感じはなかったのに、付き合ったら途端に本性が出てきて、しっかりダメンズだった……」という、経験がある女子っていますよね?

みなさんも、できれば付き合う前の時点で、ダメンズの予兆的なものがないかどうかを見抜きたいはず。

正直言うと、交際前のLINEのやり取りとデートで、ある程度ダメンズは見抜けます!
そこで今回は、ダメンズかどうかを見極めるために、交際前のLINEとデートで注目すべきポイントを述べたいと思います。
これから話すことに該当する男子だった場合は、「本当に彼でいいのか」考え直してみてほしいです。

LINEや電話の返事を待てるかどうか

返信してないのに催促LINEを送ってきたり、何回も着信履歴を残したりと、待てない男子であれば、距離を縮めるのを一旦見送った方がよさそうです。
そういう行動は、気持ちに余裕がなく、自分中心に考えがちな性格のあらわれ。

正直、そういうのって恋愛初期では「追っかけてきてくれている」ように思えてちょっと嬉しいかもしれません。
二人が安定した信頼関係を築いている時期になって、連絡頻度が落ち着くなら問題ないです。

でも、連絡頻度や催促の連絡が繰り返されるのなら、ダメンズと思っていいでしょう。

この特徴を持ったダメンズは、今後、相手のペースを崩して全てを自分のペースに持って行こうとします。

LINEの態度や発言にムラがないか

LINEのイメージと、実際のその人の性質というのはほぼ一致します。
なのでLINEのやり取りで引っかかる部分があるのなら、その違和感はスルーしないほうがいいですよ。

例えば、会っている時はすごく優しくても、返信はいつも彼の気分次第とか、内容が雑とか、急に音信不通になることがあるのなら、付き合って少し経ったら、きっとあなたに対する態度がLINEの時のようになるはずです。

LINEがどこか自分勝手な男子の多くは、私生活でも自分勝手な行動をします。

つまり、LINEの対応にムラがなく、会った時とLINEでの対応に差がなければひと安心ということです。

「奢る」と言いつつ、毎回女子からお金もらっていないか

デートのお会計の時、よく「奢るのか割り勘にするのか問題」があります。

彼が自分で「いいよいいよ、今日は奢るよ」と言いつつ、あなたが「いや、私も出すよ?」といった時に「じゃあ…3,000円もらっていい?」と簡単に意見を変えちゃうなら、付き合っても口だけの男になる可能性が高いです。

筆者の経験上、こういうタイプって自分に甘く、ずる賢い系のダメンズなんですよ。

自分から「お金出して」とは言えないから、見栄を張って「払うよ」と言うだけ。実際は彼女に「出すよ」と言ってもらうのを本気で狙っているしたたかさが見えませんか?

もちろん「おごられる女になれ!」と言いたいわけではないです。
でも、何回かデートを重ねるとわかってくる、彼の「金銭管理能力」や「甘え」を見れば、今後付き合う可能性があるのかどうかは、おのずと判断できるはずです。

自分の興味がある話と、そうでない時のテンションに大きな違いがあるか

あなたが恋愛に踏み込むべきか悩んでいる男子に、自分の興味ある話の時だけテンションが高くて、それ以外の話はつまらなさそうにする、といった特徴はないでしょうか。

正直、そのような男子は幼稚です。

大人になると、自分の興味がないことでも話さざるを得ないことが多いです。そういう時に、誰とどんな会話でも、ある程度うまく会話すべきだと思うし、それくらいがマナーだと思うんです。


だから、デートの時に、あなたが話している時は相槌を打って流すぐらいなのに、自分の仕事や趣味の話をしている時だけ急にイキイキしてくるのなら…ダメンズの可能性が高いです。

幼稚な大人は、恋愛で次々問題を作り出します。
さらに、恋愛、ひいてはその後の結婚生活でもっとも大切な「会話」が建設的にできないということですから、気をつけたほうがいいでしょう。

終わりに:恋愛初期の違和感はスルーしちゃダメ

付き合ってから『やっぱりダメンズだった…』にならないためにも、恋愛初期の違和感はスルーせず、今回ご紹介したような行動が見受けられるのなら、ちょっと警戒したほうがいいかもしれません。(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事