2019.03.01

男子との距離を縮める天才。モテる女子の特徴・共通点は、ちょっと「テキトー」!



「好きな人の前で素の自分が出せない」「つい遠慮してしまって距離が縮まらない」

こんな悩みを抱えている女性、結構多いのではないでしょうか。過去の私がまさにそうでした。

恋愛感情のない男性が相手ならポンポンと言葉が出てくるのに、好きな人の前だと何を話していいのかわからなくなりますよね。

今回は、そんなお悩みの解決方法について考えたいと思います。

男子の本音「遠慮をしすぎる女子はつまらない」

「控えめな女性が好き!」という男性、多いですよね。しかしその反面、「遠慮されすぎると距離が縮められないのでつまらない」という意見も。


ここで、男性が思う「遠慮しすぎな女性」の例をあげてみましょう。

・気遣いのつもりで、「疲れてるだろうから早く休んでくださいね」とLINEを早々に切り上げる。

・男性から「今日は俺のおごりで」と言われても、かたくなに「悪いですから払います!」と食い下がる。

・男性に嫌われることを恐れて、いつまでも当たり障りのない会話しかしない。


「私のことだ!」と思い当たったあなたは、男性から「遠慮しすぎ」と思われているかもしれません。
さて、彼との距離を縮めるためには、どんな接し方が正解なのでしょうか。

「程よくテキトーに」がポイント!

気を遣いすぎてしまう自覚のある女性は、良い意味で「テキトーに」男性と接することを意識してみてください。

程よく気の抜けた、警戒心を感じさせないテキトーな態度は、彼に親近感と興味を抱かせるでしょう。


「大好きな彼に対してテキトーになんて無理!」と思ってしまうかもしれませんが、大丈夫です。テキトーというのは、彼をぞんざいに扱ったり、ないがしろにすることではありません。


ここで、男性の興味をひくテキトー女子が具体的にどんな振る舞いをしているのか、チェックしてみましょう。

テキトー女子エピソード1 LINEは即レス&誤字脱字だらけの女友達

「いつもLINEに即レスで反応してくれる女友達がいるんだけど、誤字脱字がすごい。たぶん何も考えないで返事してるんだと思う(笑)でもそのテキトーさが気楽で好き。無駄にじらされたり、長文で返されるより、さっぱりしてて良い。」(28歳男性)


▽テキトーな返事の割に、既読無視は絶対にしないところも萌えポイントなのだそう。
こうして友達感覚でやりとりしているうちに、恋愛に発展していくこともありそうですね。

テキトー女子エピソード2 受けこたえが雑な同期女子

「隣の席の同僚がテキトーで、話す内容も雑。『わかんないけどいいと思う』とか、棒読みで『今日もカッコイ〜。モテソ〜。』とか。『いやそれ適当だろ!』『めっちゃ真剣だけど!』っていう掛け合いも楽しい。遠慮がちな女性だとどうしても一線を引いてしまうから、気負わずに話せる関係は貴重。」(26歳男性)


▽想像して微笑ましくなってしまいました(笑)。学生時代の男女のような軽いノリが通じる相手って、大人になるとなかなか探すのが難しいんですよね。

テキトー女子エピソード③ 記念日を忘れる彼女

「記念日はだいたい忘れてるし、部屋の掃除も雑だし、デートにも遅れてくる彼女。でも、そのゆるさが好き。今まで付き合ってきた彼女みたいに『彼氏なんだからちゃんと段取りしてよ』っていう圧力もない。一緒にいて疲れないのは、彼女のテキトーさのおかげだと思う。」(29歳男性)


▽「記念日は盛大に祝わなきゃ」「デートコースはちゃんと決めなきゃ」こんな悩みとは無縁!
テキトー女子とのお付き合いは、なかなか心地が良さそうです。

テキトーは心の余裕の表れ。マイペースに彼氏と向き合おう

雑なようでいてしっかり男性の心をキャッチしているテキトー女子たち。テキトーな対応を無意識にやっているというところも、彼女たちがモテる一因なのでしょう。

テキトーというとネガティブなイメージがついてしまいがちですが、恋愛においては適度に力を抜くことも大切です。

失礼のない程度の遠慮のなさはお互いの緊張感を解き、二人の距離を近づけてくれます。相手の顔色を伺いすぎず、マイペースに男性と向き合えるようなテキトー女子を目指しましょう。(ROI/ライター)

(ハウコレ編集部)
(あけちゃる/モデル)

関連記事