2019.03.27

デート中やデート後に♡「そんなに俺のこと好き?」と彼氏をドキッとさせる写真術

どうもあかりです。

デート中に写真を撮るのって、今日の「あ、今の瞬間の彼好きだな」って気持ちをパシャっと切り取ることができる素敵な行動です。(急な主張)

だから単に料理や景色をアップする用に撮るだけじゃなく、彼が「ドキッ」とか、「嬉しい!」とか思ってくれるような方法で撮ってみましょう。

ということで今日は、デートで一度はやってほしい写真術をご紹介です。

■「彼氏はさりげなく写す」がコツ

はっきり言って、男子はみんな「デート中に彼女が写真に夢中になる」のが苦手です。

「俺がデート中にモンストずっとやってたらムカつくだろ?」と言って怒る男子もいますが、まるで「スマホとデートしている」かのような、恋人を置いてけぼりにした態度や仕草が嫌でだから、男子は「それ今やる必要ある?」と不機嫌になる。



これまでハウコレでも何度か触れたことがありますが、「どうやったら料理や風景の写真を撮るときに、彼を不機嫌にさせず、むしろ喜ばせられるか」の答えは決まっていて、それは「さりげなく彼を写す」ことです。


SNSやLINEで、明らかに彼氏と思しき人の手や、影や、あるいは二人分の料理が写っている自分の写真をアイコンにしているのを見て「さりげなく自慢してるんじゃねえ!」とイラっとしたことってありますよね。

これはなぜかというと、「さりげなく恋人が写ってる写真」というのは、それがいかにさりげなくても、猛烈に隠しきれないほどのラブラブ感が漂っているものだからです。



だから、もしも撮った写真をInstagramやTwitter、LINEなどにアップしたいのなら、
①アップする用の、彼の気配がない写真
②アップしない用の、彼をさりげなく写した写真
…を撮ってあげてください。

もしもアップするつもりはなく自分だけで楽しむつもりなら、なおさら②をたくさん撮ってあげて。

①だけじゃなく②を撮ることで、彼はあなたのフォトタイムに対してはるかに寛容に、というか「これ、撮らなくていいの?」なんてむしろ好意的になってくれます。

■ムービーは、ラブラブできるチャンス

そして「写真」だけでなく、私は「ムービー」も超絶おすすめしたい。

デート中に彼にスマホを向けて、「ムービー撮ってるよ。はい、なんか言って!」という感じに促すと、彼は「え、写真だと思った笑!」と驚きつつ「渋谷でデートしてます。今日の彼女はかわいいです」なんて言ってくれるかもしれませんし、まあそれほど気の利いたことは言えなくても、とにかくわちゃわちゃできます。


「俺も撮ろ〜っと」みたいに逆襲もされてしまうかもしれませんね。

正直、あんまりデート中にムービーを撮るなんてことは珍しいんじゃないかしら?


そんな意外性と、動画を撮られているときの妙にテンションが上がってしまう人間の性のおかげで、デートの中でその瞬間だけがワッと盛り上がる。

お互いに撮った動画を家に帰ってから、あるいはしばらく経ってから見返すと、幸せな気持ちからくるニヤニヤが止まりませんが、その効果は圧倒的に写真以上です。

あとでLINEで共有すれば、さらにもうひと盛り上がりあるのもポイントでしょう。

■言葉じゃないのがイイ!隠し撮りで彼氏への「好き」をアピール

最後に。

デート中に写真を撮るなら、ぜひ「隠し撮り」もしてみてください。


黙々と食べている彼、テレビを見て笑ってる顔、歩いてるときの横顔、家にいるときの寝顔、朝の寝ぼけている顔……。

まあなんでもいいですが、あなたが個人的に「好き」と思う顔を盗撮してみましょう。

もしもその瞬間、彼に気づかれてしまったら、それはひとつの成功の形。「ちょっと〜、盗撮やめてー」と笑いながら言ってくるでしょうけど、確実に彼はドキッとしている。

だって、わざわざデート中に盗撮するなんて、言葉にしなくても明らかに彼氏のことが好きすぎる証拠だから。


また、仮にその瞬間に気づかれなかったら、デートの後に、何も言わずLINEで彼に送りつけたり、自分のスマホの待ち受けにしたりして、気づかせてあげましょう。「え、これいつ撮ったの?」と彼は驚きますが、やっぱりドキッとしてしまう。


そして、こっそり撮った彼の写真を、あなた自身があとでニヤニヤ眺めて楽しむのに使えるというメリットもありますね。

おわりに:彼氏がドキッとする瞬間は作れる!

ということでまとめますが、デートで写真撮るときには、
①さりげなく彼を写す
②ムービーを活かす
③隠し撮りをする

という3つを意識してみてください。

これができたら、彼があなたのフォトタイムをもっと好きになってくれるはずでございます!では〜。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事