2019.03.30

モテない女子の特徴。無意識のうちにSNSで犯しているタブー・4つ

こんにちは、美佳です。
「彼氏が欲しいのに一向にできない」「男子に声はかけられるけど交際まで行かない」などなど恋愛の一歩手前で二の足を踏んでる女子もいるのではないでしょうか?

彼氏ができない原因は人それぞれですが、SNSが原因のこともあります。

そこで今回は、恋愛がうまくいかない女子が、ついSNSで犯してしまうタブーをご紹介。
『いいなぁ♡』と思っても、その子のSNSがこんな感じじゃ近寄らないかもしれません。あなたも無意識のうちに投稿していないかチェックしてみてくださいね。

付き合ったら不安が多そう:彼氏を匂わせるような投稿

彼氏がいないのに見栄(?)を張って SNSで彼氏がいる風を装うのは、自分から男子を遠ざけているようなもの。

女友達を写さずデートスポットの写真を載せたり、男友達とのお茶なのにデート風なハッシュタグをつけたりすると、投稿を見てる方としては『あ、彼氏できたんだ』と思います。

仮にプロフィールや投稿に「独身」「フリー」と書いていても、男の影を感じる投稿が多ければ『男友達多いのかな?』『いろんな男子とデートしてるの…?』と交友関係を疑い、男子は近づかないかと。

彼氏の存在が小さそう:リア充パリピ感が漂う

男の影がなくても、プライベートが充実してそうな女子というのはちょっと声をかけにくいもの。

例えば、休日に友達とホテルでシャンパンを飲みながらランチをしている、女友達数名でちょくちょく旅行している…といった投稿を見てしまうと、男子は『男がいなくても楽しそう』『この子を喜ばせるのは大変そう』と思います。
付き合うハードルが高いと感じるのです。


どちらかといえば、リア充パリピよりも質素な子、派手な生活をしていない子の方が声はかけやすいし、デートも誘いやすいです。

メンタル的負担が重そう:深夜に闇深い投稿

派手じゃない子の方が声はかけやすいですが……逆に闇深い感じが漂うのも声はかけにくいです。

寝られなかったり、イライラしたりで深夜に心のモヤモヤをぶちまけた、闇深い文章を投稿してしまう女子もいるでしょう。
それでスッキリして寝られるのならいいのですが、その投稿を見た男子としては『精神的に不安定になりやすいのかな…』と警戒します。

大好きな女子が初めて闇深い投稿をしたとなれば『え?何かあったのかな?』と心配になるのですが、定期的に深夜に闇深い投稿となると『また?』『かまってちゃん過ぎるでしょ…』と思われてしまいます。

お金がかかりそう:ブランド大好き!贅沢大好き!

ブランド物が大好きで
・「自分へのご褒美に新作のヴィ〇ンのバッグ買いましたー♪」
・「ル〇タンの靴に一目惚れして購入!」
・「今夜はミシュラン3つ星のレストランでディナー♡」
…など、ブランド物の写真や豪華なレストランの写真ばかり投稿していると『この子と付き合ったらかなりお金がかかりそう…』と男子も簡単には近寄りません。

女子の中にはSNSでは普段の自分と違う人格を作ってしまっている人もいますよね。
わざわざ背伸びしてセレブぶっている子もいるのではないでしょうか?

でも、彼氏がほしいのなら贅沢大好きな自分ばかりを出さないほうがいいし、無理に背伸びはしないほうがいいです。

彼が「親しみ」を感じる投稿をしたほうが、距離はグッと近づくはずですよ。

おわりに:SNSでの印象も大事!

彼氏がほしいのならSNSが恋の妨げにならないよう、今回話した

・彼氏を匂わせるような投稿
・リア充パリピ感が漂う
・深夜に闇深い投稿
・ブランド大好き!贅沢大好き!
を意識して、普段からそういう行動をしないように気をつけてもらいたいです。(美佳/ライター)



(ハウコレ編集部)

関連記事