デートする男女

2019.04.02

長続きするカップルの法則!彼氏には「彼女としかデートしたくないな」と思われよう


どうもあかりです。
やはり交際のカギは「デート」。「彼女としかデートしたくないな」「彼女以外とのデートは考えられないな」と彼が感じてくれるようになれば、彼との関係は非常にいい意味で安定期に入り、長続きします。

そこで今回は、毎回毎回のデートを通じて「じわじわ」と、彼をそういう気持ちにさせていくためのデート術をご紹介します。

■彼氏とのデートを楽しみ続けろ!

これまでハウコレでもたびたび指摘していることですが、男子のデートにおける最大のゴールは「相手の女の子を楽しませること」これに尽きます。

極端な話、仮に彼が彼女以外の人とデートをしたときに、「この子の方が、彼女よりも俺とのデートを楽しんでくれてるな」と思われなければ、浮気はないのです

「俺の楽しませるべきは、彼女以外にはいないな」と思われるようになれば、他の女子とのデートに価値を見出せなくなる。

付き合う前の彼だって、デートをしていて「この子を楽しませるのが、楽しい」と感じたからこそ、「もっと楽しませたい」という思いで彼氏になることを選び、望んだのです。
だけど付き合った後も「楽しみ続ける」ことは、そう簡単じゃない。

心の中では「楽しい」と思っていても、(交際前や交際初期のように)それを「楽しい」と言葉にして彼に伝えることが、どうしても少しずつ減っていくからです。


だから今度からは意識的に、「今日行くお店めっちゃ楽しみ!」「ここすごーい!」「こういうところ初めて、ワクワクする!」「テンション上がる」的な一言を、態度だけじゃなくてハッキリと(どうせ伝わっているだろうとサボらずに)一度は伝えるようにしてください。
これを続けるだけで、彼氏の気持ちは全然違ってきます。

■自分から伝えることが、長続きにつながる

人は、相手からコミットされると、自分も相手に対してコミットしたくなる生き物です
相手が自分に好意を持っていることを知った途端、相手のことを意識してしまうアノ現象が最もわかりやすい例ですが、これはデートでも同じ。


彼女の方から「彼氏以外とのデートは考えられない」と伝えてあげることは重要です。

もちろん「他の男子とデートしたらね、あなたの方がずっと楽しかったよ?」なんて言い方じゃなく、「この前、もともと仲良かった男友達にご飯に誘われて、まあその人私が彼氏いるの知ってるんだけど、せっかくの休日を誰かと過ごすなら◯◯くんじゃないとなんかもったいないと思ってお断りした」「仕事の関係で上司(同僚)にご飯誘われて行ったんだけど、話しててもやっぱ◯◯くんとは違って表面的だし、全然楽しくないんだよね」的な、「君とのデート以外ゴミだわ」ということを伝えてあげましょう。


そうすると彼も「たしかに」「わかる」「そういえば俺も彼女とのマッチングがダントツなんだよな」という気持ちを持つようになってくれます。

■彼が「彼女にしてあげたいこと」の中から「したいこと」を伝えよう

ひとつ目のところで書いた、男子のデートにおける最大のゴールは「相手の女の子を楽しませること」というお話。

ここで大切なのは、「楽しませる」のは、あくまで「俺が楽しませる」であるという点です。
「ねえねえ、ここのアウトレット行きたいから連れてって!車出して!」と突然言っても、彼は喜びません。それは、「俺が」楽しませてないから。そんなの、彼女が友達と行っても生まれる「楽しさ」だからです。


「したいこと」を伝えるときには、「彼が『彼が彼女にしてあげたいこと』として想定している範囲内」から「これがいい」と言えるようになりましょう。


「どこのお店行きたい?」と漠然と聞かれると、範囲が広すぎますよね。このように「あ、これは彼の想定範囲が不明だ」と思ったら、「ジャンル的にはどんなの考えてるの?」と逆質問をしてみる。
そうすると「今考えてるのはイタリアンかお好み焼き」と来るから、(めっちゃ決めとるやんけ!)と内心ツッコミつつ、「そっか、お好み焼きいいね!このお店とかどう?」と伝えてあげる。

「私のしたいこと」を伝えるときにも、それが「デート」という彼氏ありきの時間である以上、「彼が彼女にしてあげたいこと」の範囲内にするように意識してくださいね。



そして、長く付き合っていると怖いのは、どんどんワガママになって、「私だけがしたいこと」を彼にデートで求めるようになってしまうこと。こうすると彼は「他の子なら、俺がどこに連れて行っても、『ここ最高』と言ってくれるのにな。彼女は俺のチョイスより、自分のがいいのか」としょげていく。
なのでこの点はぜひ頭に。

■まとめ:3つのポイントをもとに、いつまでも飽きないデートを

「彼女としかデートしたくないな」と思われるためには、
①毎回一言でいいから「楽しい」「ドキドキ」的なことをコツコツと欠かさずに伝えていくこと
②「君以外考えられない」とまず自分から伝えること
③「したいこと」を伝えるときには、「彼が彼女にしてあげたいこと」の範囲内で
…という3つの要素を意識し続けてください。

付き合い続けていくうちに、必ずじわじわと効果が出ていきますから、ブックマークして、デートの前には毎回要チェックしてみてくださいね。(遣水あかり/ライター)



林侑里奈/モデル

(ハウコレ編集部)

関連記事