見つめる女性

2019.04.06

返信の早さ・頻度より大切♡LINEの「内容」から彼の愛情を感じるためのポイント


どうもあかりです。
よく「彼氏に愛されているかどうか」「彼にとって本命彼女か」を確かめる方法として、「彼のLINEの返信速度を見よ!」とか「毎回返事が来てるかを見よ!」みたいなことが言われますが、私は少し違う意見です。だって、返信の早さとか頻度とかって、結局人それぞれだから。

むしろ私は、そういう表面的なことよりも、もっと実質的なこと、つまりLINEの「内容」を見るべきと考えています。
そこで今回は、LINEの内容から、彼の愛情を推し量るために注目してほしいポイントをご紹介します。

■返信をスタンプでごまかしてないか

スタンプは、良くも悪くも便利です。
LINEをしたくない人、これ以上続けたくない会話に対するちょうどいい「ごまかし」に使うことができてしまうからです。

ほら、クラスやサークルや職場のグループLINEって、本当にスタンプがたくさん飛び交うでしょ?テキトーに返事したいときにスタンプってすごく便利なんですよ。

だから、いくら毎回必ず、しかも速攻で返事が来ても、それが明らかにスタンプでごまかしただけでは、そこに彼の愛情が込められているわけがないのです。

むしろそれよりも、スタンプに逃げない、スタンプでごまかさないで、ちょっと時間がかかっても、言葉で返事をしてくれるかどうか、というのは1つの大切な着目点です。
もちろん、たまにはスタンプだけの返事があっても当然いいけど、あまりにも頻繁にスタンプだけじゃ……というお話です。

■「彼氏が話したい話題」を送ってくれるか

冒頭のとおり、LINEは「内容」です。

いくらメッセージのラリーが永遠に続いていても、上にスクロールして振り返ってみると、「私が話したいことしか話してないやん」「彼氏からの話題提供ゼロやん」では困ります。

頻度だとか、返信速度だとか、「♡」だとか、スタンプだとか、「?」があるかとか、そういうことはどうでもいい。

それよりも、たまにでいいから、LINEという「二人の会話」の中に、彼が話したくて話しはじめた話題がちゃんとあるのかどうかという点に注目をしてみてください。

もしそれが少しでもあれば、そこに愛はあるのです。

■たまにはLINE連投があるか

私が以前発見した法則があります。

それは……
「しぶしぶLINEに応じてるときには、返事は必ず一通。逆にたまにでも『連投』があるのであれば、それは好意がある証」
というものです。

自分が彼氏とLINEをするときと、どうでもいいやつとLINEをするときを思い出すと、「たしかに」と感じていただけるのではないでしょうか。

実際の会話を想像してほしいのですが、人は楽しんでいるときには、「うん、そうだよね。でもそれってさ~」と、相手の話に対して相槌をまず打ってから、さらに一言二言自分の意見や感想を繋いでいくものですよね。

これはLINEでも同じで、「そっか」「ウケる(笑)」「なるほど」「ありがとう!」といった相槌的なメッセージの後、さらに一、二通何かを送りたくなるものなんです、楽しければ。

これは一見「形式」が大事だと言っているようなのですが、実はそうじゃなくて、「単に相槌だけじゃなくて、ちゃんと意見や感想まで返してくれているか」という「内容」を知るための目安として、連投の有無が役に立つ、というお話です。なので、厳密には連投になっていなくても、一通のLINEできちんと内容が伴っていれば当然OK。

■おわりに:質問の数や頻度で判断するのはもうおしまい!

本文中でも書きましたが、頻度や早さ、「?」「♡」の有無は、個人差があります。だからそこから彼の愛情をはかるなんて危険すぎます。

それよりも、LINEは「中身」で判断すべき。そのための指標として、今回紹介した3つのポイントを押さえておいてくださいね。(遣水あかり/ライター)


(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事