彼氏を見つめる女性

2019.04.07

《本音》男子が彼女と付き合ってから見つけた「彼女の好きなとこ」♡


どうもあかりです。
多くのケースで、「人を好きになるきっかけ」はとても表面的です。

「顔がタイプ」とか、「一緒にいて楽しい」とか、「なんとなく付き合ってみたいかも」と思える程度の"浅い"理由。
そういった理由だけで、付き合った後もずっとずっと「好き」の気持ちを保ってもらうのは困難。

もちろんそういう要素が交際後も継続したらそれはそれで嬉しいけど、並行して、新たな「好きなとこ」も見つけてもらって、「好き」の気持ちをアップデートしてもらわないとね。

ということで今回は、付き合ってから感じた「彼女の好きなところ」を男子のみなさんに聞いてみましたよ。

《性格》実はすっごく誠実だった!

「付き合った後『合コンなんて人数合わせでも行かないよ。彼氏いるんだし。当然じゃん』みたいに彼女が言ってくれて、『そういうとこ、好きっ!』て思った記憶あり」(飲食/25歳)


ぶっちゃけ、相手が誠実がどうかってぶっちゃけ付き合ってみないとわからないじゃん?
付き合う前からチャラそうな人なんてそうそういないし、もしそうならそもそも付き合っていないし。

だから付き合って、一番近いポジションをとった後で初めて「この人の誠実レベルは果たしていかほど?」というのを確かめられる。

だからこそ、「付き合ってみたら実はすっごく誠実だった!」という発見はそれ自体で「好き」のアップデートになるのです。

これをアピれるチャンスは無数にあります。
異性からLINEが来たとき、男子からデートに誘われたとき、恋愛観を語るときに、あなたなりの方法でいいので、「誠実」感を醸し出していきましょう。

《ギャップ》完全に甘えん坊だった!

「めちゃめちゃ甘えてくれるタイプだと、『付き合ってよかった〜!』って思える気がするな」(通信/27歳)


カップルとなった以上、「相手のことが好き」はお互いに大前提。

その上で、どれくらいにその「好き」を前面に出せるかはひとつの大切な要素です。

そして、その「好き」を「甘える」という行動を通じて表現することが男子にとっては超ウェルカム。
彼女に対して「もう少し甘えたり、頼ったりしてもいいんだよ?」的なことを言う男子も多いし、実際に彼氏からそういう趣旨の発言をされたことがある人も少なくないと思います。

「と言っても、私は甘えるの苦手で……」という人は、こちらの記事『甘えベタ女子、集合~!「甘える」の第一歩・イージー&テッパンの入門編』から甘えるお作法を学んでいただけたらと思います。

《態度》悪い意味での「彼女ヅラ」がなかった!

「『私って、彼女だよね!?だったら○○してよ』的な変な彼女ヅラがなくて、付き合った後も彼氏として俺のことをリスペクトしてくれる人だと、『付き合ってよかったな』って思える」(不動産/26歳)


「彼女になったということは彼氏に好きなことをやってもらえて、嫌なことをやめてもらえる権利を得たってこと」

そんなふうに勘違いをしてしまう人は、「彼女」のポジションを悪用してしまいます。

そして実際、大なり小なりこれをやってしまう人は少なくはありません。「私彼女だよね?」「あなたは私の彼氏だよね?」的なセリフを使ったことがある人は要注意。

結局こういう「彼女ヅラ」は、自分が(勝手に)理想とする恋愛観を彼氏に押し付けようとする行為です。

逆にこれをしない人は、「二人で、二人だけの彼氏彼女の形を作っていこうね」という決意表明ができている。だから、付き合った後にも「そこ、好き!」と思ってもらえるんですね。

■おわりに:良いところは変えず、変えるべきところは変える

付き合った後に新しく「好きなとこ」を見つけてもらうためには、「変えるべきでないところ」は現状維持しつつ、「改善の余地があるところ」は変えていくことです。

「変えるべきでないところ」というのは、最後の「彼女ヅラ」の部分で触れたとおり、交際前にあなたが持っていた、彼に対するリスペクトと自分の謙虚さ。

「変えるべきところ」というのは、最初の2つで見てきた、「誠実さを見せてあげること」「甘えん坊を出してあげること」が大きなものです。

一緒にこれらのことを意識してがんばっていきましょうね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事