2019.04.10

実は、それが愛のサイン♡彼女大好き男子がデート中にしていること

どうもあかりです。
付き合っている関係であっても、あるいはまだお友達関係でも、デート中には「この人、私のこと好きなのかな〜?」と、ついつい気になってしまいますよね。

そこで「好きだよ!」とストレートに言ってくれたり、明らかに好意が伝わる言動をとってくれたりしたら分かるんだけど、そうはならないから悩んでいるわけで……。

今日は、彼女orその子のことが大好きな男子が、デート中についやっている行動などをご紹介して、みなさんのお悩みを解決していきたいと思います。

■女子の「行動」や「仕草」に敏感

一緒にデートをしている相手に好意を持っている男子は、とにかくその女子の「行動」や「仕草」に敏感です。

例えば、口には出さないけど(あれ美味しそう……)という感じでクレープ屋さんをチラ見しているところを「なに、食べたいの?食べる?」と声をかける。上着をひざ掛けにしているのを見て、お店の人にブランケットをもらおうとする。

かかとを気にしているのを見て「歩くの疲れた?どこかで座る?」と聞く。「あ、○○だー」と好きなショップを見かけたその子に「入ってみる?」と促す。


こういった感じで、デート中のその子の挙動を目ざとく観察していて、何かありそうならすぐに声をかけてくれる。

これはまさしく、「大好き」の証拠です。好きだから見ているし、好きだから気にかけている。

ただ、よく言う「紳士的な行動」とは少し違います。車道側を歩く、奥の席に座らせるなどの紳士的行動は、実は「相手の子のことを特に観察していなくても、自分から勝手にできること」なので、相手の子が好きでなくても、根っからのジェントルマンなら、やってしまうことができるのです。


だから「紳士かどうか」よりも「私のことをよく見てくれているかどうか」に着目すると、彼の愛情が見つかりやすくなります。

■デートを少しでも延長しようとする

露骨に「お泊りしようよ〜」とまでは言ってこなくても、例えば夜10時くらいにお店を出て、「そろそろ駅に向かいますか〜」となっている段階で、ちょっと見かけたお店に「ここちょっと寄ってみない?」と言ってきたり、「どこかのカフェでデザートとか食べたくないの?」と聞いてきたり。

あるいは、駅まで最短ルートで行かずにさりげなく遠回りするとか、そういう時間稼ぎ的なことをしてくる場合、彼のあなたに対する気持ちは間違いなく大きい。


「9時くらいには解散しよー」ともともとは言っていたのに、いつも気がついたら1、2時間オーバーしているみたいなのも、同じですね。

こういった言動は「まだもうちょっと一緒にいたい」という気持ちの表れですが、大好きでなければそんな気持ちにはなるはずがありませんから。

■次のデートの予定を決めたがる

また、もしその彼がその日のデート中に、次会う予定を決めたがってくるときには、あなたが彼女であろうと、ただの友達であろうと、彼のあなたに対する愛情は強いはずです。


仮に大してその子のことが好きではなくても、「そのデートの中でそれなりに楽しそうにする」というのは、まあコミュ力のある大人ならそれなりにできてしまいます。

あまり楽しくはない会社の飲み会でも、盛り上がっているフリはできますよね。だけども本当に心から楽しいと思っていない限り「また飲み会しましょうよ!」みたいなことは、間違っても自分からは言わないはずです。


デートでも同じで、まだ今日のデートも終わってないというのに、早くも「次はここ行きたくない?」と誘ってきたり、「次はいつ空いてるの?」とあなたの予定を押さえようとしてきたりするなら、彼は確実にあなたのことが好きです。

■おわりに:彼の愛のサインを見逃さないで

実は私も、デート中に「この人は私のことどう思ってる?」と気になってしまうことが少なくありません。

やっぱり、「好き」とかキスとかわかりやすい愛情表現がないと判断が難しい。

だからこうやっていろんな男子の意見をもとに「実は相手への愛情が溢れている男子の言動」を見つけました。ぜひ覚えておいて、デート中の彼の「さりげない愛情表現」を見逃さないようにしてくださいね。(遣水あかり/ライター)


(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事