2019.04.11

無意識にやってたかも…!男子が密かに「ナイな」と思っている行動

どうしたら意中の彼に振り向いてもらえるのかな?と考えたときに、多くの女性の頭に浮かぶのが「自分を磨くこと」ではないかと思います。

たしかに、自分磨きをして女子力を上げれば、魅力的度もアップして彼も振り向いてくれるかもしれません。

しかし、自分磨きの結果にできあがった「女子力の高さ」みたいなものがアダとなって、彼から引かれてしまうこともあるとかないとか…。

早速、男性から敬遠されがちな女性の特徴についてチェックしてみましょう。

◯おやすみ用メイクをする

付き合って間もない彼とのお泊り。
少しでもかわいいと思われたくて、夜用ファンデをしたり、寝る直前までカラコンを外さなかったり、薄く眉毛を描いたり…。

こんな女子の涙ぐましい努力が、普段メイクをしない男性には伝わりません。

「ファンデが布団につきそう」「すっぴんにカラコンは不自然」「信用されてない感じがする」といったマイナスな印象を持つ男性もいるそうです。

◯メイクやファッションで流行を追いかけすぎている

流行を追いかけすぎていて、メイクやファッションに統一感がない女性を見ると残念に感じるというオシャレ男子も。


シーズンごとに変わる流行をおさえるのはもはや女子の宿命のようなものですが、毎回別人に見えるレベルでテイストが変わるのは「ポリシーがなさそう」と不評のよう。
さらに、会うたびに新しいものを身につけていると「お金がかかりそう」だと感じる男性もいます。

逆に、自分の好みの軸を大事にしつつ、上手に流行を取り入れている女性は「オシャレ」「センスが良い」と人気のようです。

◯食事デートで気が利きすぎる

料理を甲斐甲斐しく取り分けたり、グラスが空にならないよう気を配ったり、男性がタバコを取り出したらすぐに灰皿を差し出したり…。


食事デートでテキパキはたらく女性に対し、「気が利きすぎてリラックスできない」「慣れている感じがちょっと嫌」と感じる男性もいるようです。
仕事や接待なら別ですが、デートの時くらいは気を使わずにいてほしいという気持ちはわかるような気もします。

いろいろと世話を焼かれるよりも「お互い自由に飲んで食べて楽しく会話したい」と考えている男性にとって、過剰な配慮は逆に窮屈に感じられるようです。

◯料理や洗濯の話題で「家庭的なんです」アピール

料理や洗濯、掃除が得意!結婚の準備はバッチリです!という家庭的アピールも、今ドキ男子にはイマイチ刺さらないようす。


たしかに、一人暮らしの経験がある男性なら、出来はどうあれ大抵の家事はこなせるはず。「家事は女性の役割」という考えも、昔に比べると薄れてきているのでしょう。

家事の負担を軽減してくれる便利家電も続々と登場している今、「家事が完璧にこなせる」というのは男性にとってそれほど大きな魅力ではないのかもしれません。

しかも、そういうアピールって男性も意外としっかり気づくから「アピールがあざといな」なんて思われてしまうものです。

◯男子は完璧よりも「自然体」がお好み

彼に対し良い印象を与えたいがあまり、ついついがんばってアピールしてしまう女性、結構多いのではないでしょうか。なかには、話を盛ってしまう女性もいるかもしれませんね。

しかし、自分を磨いて女子力をアップさせた人=男性にとって魅力的というわけではありません。


今回ご紹介したように、女性からすると「モテそう」「女子力が高い」と感じることが、当の男性からは「そこまでしなくても…」と敬遠されている場合も。

もし彼との距離を縮めたいのなら、女子力の高い完璧な女性を目指すよりも、気取ったところのない自然体な女性を目指した方が有効かもしれません。(ROI/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事