2019.04.27

【愛され続けるために】付き合ってから、彼氏が彼女にガッカリすること4つ

こんにちは、美佳です。
大好きな彼と付き合うことになり、交際が順調に続けば、ある程度素の自分を出せるようになってきますよね。

ただ、みなさんには「節度」は守ってほしいと思います。でないと愛情が冷めてしまうこともありますからね。

そこで今回は、付き合い始めてから、彼がガッカリしてしまうことをご紹介します。
交際後も、以下の4つのことには気をつけた方がいいかもしれません。

【行動】恥じらいがなくなり、女性としての魅力が減る

彼の前で素になるのはいいと思うんです。でも、恥じらいをなくしてしまうのはいかがなものかと。

例えば、電車で普通にメイク直しをするとか、言動が男っぽくなるとか、同棲中なのにお風呂のあと素っ裸で部屋を歩き回るとか。
恥じらいがなくなると、彼女のことを“女性”として見れなくなることもあります。

そうなると彼としても少しガッカリ…。
交際当初のかわいい彼女が懐かしくなってしまいます。

彼の前で素敵な彼女を無理に演じることはないですが、
・彼の前では着替えない
・メイク中の姿はあまり見せない
など、自分なりのルールを作ってみるといいでしょう。

【言葉】本音の伝え方に「トゲ」がある

交際も長くなると、お互い徐々に本音も言えるようになるでしょう。

本音が言い合える関係になるのはいいと思うんです。ですが、本音の伝え方ですよね。

言葉遣いひとつで相手が誤解したり、不快な気分になったり、傷つくことだってあります。

親しい関係になってもトゲトゲしい言葉というのは控えたいところ。仮にイライラしていても使う言葉は少し考えたほうがいいです。

もし、ケンカした時にあなたの口から出てくる言葉が罵詈雑言とも言えるひどいものなら……彼は傷つくだけでなく、彼女の人間性や性格すらも魅力的に思えなくなり、愛情が薄れるんじゃないでしょうか?

一回の暴言でも今後の関係に響くこともあります。

【行動】かわいくなろうとする努力をサボる

フリーの時は、いつ素敵な男子に出会ってもいいように、日々自分磨きに励んでいる女子も多いのではないでしょうか?

けど、交際が始まると、すっぴんも見せるし、かわいい瞬間だけを見せればいいわけでもない。
そうすると、自然体が当たり前になってきて、自分磨きもちょっと手抜きになってしまうことがありますよね。


ただし、彼のトキメキをなくさないためにも、キレイでい続けようとする努力は大事。ハードなことはしなくていいので、健康やおしゃれに日々気遣うだけでも素敵な彼女でいられるのでは?

なにより「かわいいと思われようと努力している」というところがポイントなので、「実際にかわいいかどうか」という主観は置いておいて、まずは行動してみてくださいね。

【言葉】「かわいいワガママ」を通り越して、命令に

ちょっとのワガママというのは彼氏からしたらかわいいいもの。
けれど、徐々にワガママが「かわいい」を通り越して命令になってくると彼も辛いです。

例えば、交際当初は「今週末会いたいな」という感じだったのに、今では「忙しい忙しいって、いつ会えるの?今週末は絶対に時間作ってね!!」になったら彼も「彼女の本性はこれだったの?」と、性格すら疑います。

あなたが命令調のワガママを言うにつれて、彼のあなたへの愛情は低下していくでしょう。

彼の心を冷ましたくないのなら、言われる方の立場に立って発言するようにしたほうがいいです。

おわりに:ガッカリされない彼女でいよう

交際前は緊張もあり、普段の2割り増しでいい子を演じてしまう女子もいるでしょう。
交際後にガラリと変わってしまえば彼もびっくりだし変貌ぶり次第ではガッカリです。

彼にずっと愛されるためにも、今回ご紹介したようなことは、いくら仲良しの関係だとしても、気を付けてもらいたいです。(美佳/ライター)



(ハウコレ編集部)

関連記事