2019.05.02

マッチングアプリで男性に「いいね」されるプロフィール文の特徴まとめ

こんにちは。沙木貴咲です。マッチングアプリでは、どれだけ多く「いいね」がもらえるかが大事ですが、何が「いいね」カギになるのでしょうか?写真が大事というのは定番だとしても、プロフィール文は?

どうやら、プロフィール文によって「いいね」されやすいかどうかが変わるようです。詳しくみていきましょう!

男性が良い印象を持つプロフィール文の特徴

・「恋人がほしい」「婚活」など登録理由がハッキリしている
・自分の性格をポジティブに紹介している
・男性が同調しやすい趣味を持っている
・好きなタイプの要素が、男性に「俺に当てはまる」と思わせる内容



まず、マッチングアプリで真剣交際の出会いを求めるなら、ハッキリと「恋人としてお付き合いできる人を探しています」「婚活中です」などと記載するべきです。

男性は、女性より高額な利用料を支払っていることが多く、「いいね」のムダ打ちはしたくありません。恋人・結婚相手を探しているという記載をしなかった場合、セフレやワンナイトのお相手として認識されることもあるので注意しましょう。



男性がプロフィ―ル文から知りたいのは、女性の「人となり」、自分と合うかどうか。
自画自賛でも、ポジティブに自分の性格を説明していたほうが、男性に好感を与えられます。

また、「明るい性格です」「真面目なタイプです」などは自画自賛にも入らないので、少し盛り気味に書いても問題はないはず。


男性が好印象を持ちやすい趣味は、旅行、温泉、食べ歩き、お酒、スポーツ観戦、ドライブ、音楽好きでライブやフェスに行くなど。


ポイントは、男性が一緒に楽しめる内容かどうか。休日の過ごし方も、「家でスマホゲーム三昧」より「ショッピングやおいしいお店探し」のほうが、デートしやすいと思われるでしょう。

「いいね」されないNGプロフィール文の特徴

・趣味が男性に共感されないものばかり(コスメ・エステ・ヨガ・ネイルなど)
・強めの「ヤリモク男性はお断り!」
・好きなタイプがイケメン芸能人
・アイドルの追っかけが趣味
・登録理由が「友だちに勧められて」
・「使い方まだわかりません」

このような内容がプロフィール文に書いてあると、男性から敬遠されがちになって、「いいね」されなくなってしまいます。


マッチングアプリのプロフィ―ル文は、いかに多くの男性に好感を持ってもらうかが目的です。イケメン芸能人が好きで、アイドルの追っかけをしていれば、「容姿の理想が高そう」と思われてしまうはず。


また、ヤリモク男性を排除したいのはわかるのですが、プロフ文にネガティブな内容を載せること自体、逆効果です。強めな語調であるほど、「性格がキツそう」などと思われるでしょう。


そして、登録理由が消極的だと、男性には恋に対するテンションが低いと判断され、「メッセージ送っても返事がないかも」と思われます。

友だちに勧められて登録したのが事実だとしても、プロフィ―ル文に乗せる必要はありません。マッチングアプリではガツガツするくらいがちょうど良いと思ってください。

「いいね」されやすいプロフィ―ル写真の特徴

男性に「いいね」をもらえるかどうかは、プロフィール文で決まりますが、それ以前に写真でふるいにかけられていることも事実。
写真が気に入らないと、そもそも個人ページを見てもらえないので、写真はやっぱり大事なんです。


「いいね」されやすいプロフィ―ル写真の特徴としては、以下のとおり。

・真正面からの笑顔ショット
・胸までか腰までの写真
・背景が清潔感のある自室か、屋外
・無表情な決め顔自撮りではない
・友だちとの一緒ではない(特に男性が写り込んでいる写真はナシ)

笑顔がかわいく写っているとしても、飲み会の一場面を切り取ったような写真はダメ。清潔感がとにかく大切なので、お酒・たばこはNGと思ってください。

自己流より「モテるノウハウ」に従った方がいい

マッチングアプリでは、基本的にたくさん「いいね」をもらうことが重要です。そのためには、自己流で攻めるより、定番のモテるノウハウに従った方が良いでしょう。


好きなタイプが独特だったり、恋愛でトラウマがあったりして求める相手を厳選したい場合は、それに合わせたプロフィール文でも良いでしょう。そういうケースを除いて、恋活・婚活をするなら、選択肢は多い方が得をします。

登録時にたくさんの男性に好感を与えるプロフィールを作ることが、マッチングアプリで「いいね」をもらうカギになるのです。


(沙木貴咲/ライター)

【関連記事】

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事