2019.06.02

彼氏とのことで悩んだとき「確実に解決するための」たったひとつの質問

あなたがどんなに素晴らしい相手と結ばれたって、どんなにラブラブな関係を作れていたって、あなたと彼は他人です。


ひとつの悩みやモヤモヤがない人間関係などありません。

ただ、大事なことは、いかに問題を起こさないかではなく、問題が起きたときにどのように対処するのか?にあります。

そこで今日は、僕が恋愛相談を受けるときに意識している質問をご紹介します。

この質問を自分自身の頭に投げかけることによって、彼との間に起きた悩みを上手に解決できるようになるんです。

すべての悩みは3つに分類できる

まず、「悩み」は大きく3つにジャンル分けできます。


それは
・今の悩み
・悩みを生み出した過去の原因
・起こりうる未来への不安
…です。



具体的な恋愛相談に例えるとこんな感じです。

・「彼との喧嘩が絶えなくて悩んでいます」(今の悩み
・「お互いに譲れない性格で、どちらも主張を曲げないためぶつかってばかりです。」(悩みを生み出した過去の原因
・「対等な関係でいたいと思っているのですが、こういう場合、私が引き下がらなければならないのでしょうか?」(起こりうる未来への不安


あなたにも思い当たるフシがあると思いますが、実はこの3つをどれだけ見つめても「問題解決にはなりません」。

過去は存在しないものだと考える

まず、過去の原因について。

人間の脳は結論付けるのが好きなので、「これがこれでこうなった」と考えたくなります。
でも、原因を究明したところで解決策は出てきません。


そこで自分に投げかけてみましょう。

で、どうするの?
と。


過去に起こったことをネチネチ掘り返してもしょうがないので、「原因はわかったから、今どうすると良いのかを考えなよ」と自分に言い聞かせてみてください。

未来は選べるものだと考える

次に、未来への不安について。

まだ起こってもいない未来についてアレコレや考えている時間って、けっこう無駄です。


「こうなったらどうしよう」「ああなったらどうしよう」と妄想ばかり働かせていても、やはり解決策は見えてきません。



そこでも自分に投げかけてみましょう。

で、どうするの?

と。


未来は、常に今の自分の選択の積み重ねで出来上がっているので、「不安なのはわかったから、そうならないためにどうするのかを考えなよ」と自分に言ってください。

フォーカスすべきなのは「いまできること」

なんとなく察しがついてきましたよね?(笑)

そう、いま問題が起きていることを、「問題だ、問題だ」と言っていても解決策は出てきません。


ですから、「で、どうするの?」と問うべきなのです。


過去も未来も気にしない、「いま」この瞬間に何をするのか?にフォーカスすべきなのです。

プロに相談するときのコツ

ただ、一人で問題を抱え込んだり、解決策の出ないことを永遠と悩んだりするのも賢いやり方だとは言えません。

そこで大事になるのが、「で、どうするの?」という質問を使って「一旦自分で考えて、そのあとにプロに聞く」という姿勢です。


「〜で悩んでいます。解決するために、あ〜してこ〜してこ〜しようと思います。なぜならこう考えるからです。

〜さんだったらこういうとき、どうやって解決しますか?」


これぐらいまでは言えるように思考を整理してから、その問題に詳しそうな人に相談しましょう。



そうすると自分が想像もしなかった意見をもらえたり、新しい課題の発見につながったりします。


これで問題の解決確率は劇的に向上します。



そしてその話を聞いた後、もう一度自分に「で、どうするの?」と聞きましょう。


これであなたの抱えている問題は確実に解決に向かいます。本当です。(川口美樹/ライター)

(具体的に相談したいことがある方はこちらからどうぞ。)



(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事