同じ方向を向くカップルの画像

2019.06.25

あなたが離れそうになると彼は頑張る!?彼をちょっとだけコントロールするコツ

こんにちは、美佳です。

いつも交際した途端、彼に振り回されて、ヘトヘトに疲れきった頃に彼にフラれてしまうような女性からすると、男性に追われたいし、愛されたいし、なるべく自分主導の恋がしたい! と思いませんか?


自分主導の恋がしたいのなら、彼をちょっとだけコントロールするのもいいかもしれません。


そこで今回は、彼をちょっとだけコントロールするコツをご紹介。

欲しいもの、行きたい場所、食べたいものはハッキリ伝えておく

彼に尽くしてもらいたいのなら、交際初めの頃に会話の中で、彼が叶えられる範囲の要望を伝えた方がいいです。


例えば、一緒にデート中、ショウウィンドウに並べられたバッグを見て「このバッグいいなぁ♡」とつぶやいてみたり、彼と一緒に雑誌を見ながら「こんなホテル泊まってみたいなぁ」とキラキラした目で雑誌を見たり、彼と一緒にテレビを観ている時に「わぁーこれ美味しそう…。食べてみたいな」と独り言のように言ってみたり。


彼氏は聞いてないようで、しっかりその言葉を聞いてます。


今は叶えてもらえないかもしれないけど、後々叶えてもらいやすくなります。

基本は彼の味方で彼一途

彼に愛されたい、追われたい、フラれたくない!というのなら、まずは彼の一番の理解者、味方でいること。そして彼一途でいるべきです。


彼を否定ばかりして、他の男性の影をちらつかせれば、彼だって嫌な気分になるし、あなたのことを大事にしようとは思わないかもしれません。


恋の主導権を握りたいのであれば、まずは彼を手なずけるべきです。そのためには彼の一番の理解者に。


もちろん、彼が間違ったことをしたのなら注意するべきですが、そうじゃないならある程度のことには目をつぶるほうがいいでしょう。

ちょっとだけ罪悪感を植えつける

少しの罪悪感を彼に植え付けることで、彼をコントロールできることもあります。


多くの人は罪悪感があると相手に優しくしようとか、罪を償おうとか、必然的に相手よりも下手(したて)になりやすいです。


彼に何か嫌なことをされた、裏切られたのなら、すぐに許すのではなく、“彼女を傷つけた”ということをしっかり彼に自覚させること。


怒りをぶつけるよりかは、悲しんだ方が彼の心に罪悪感を持ってもらいやすいです。

女性の中には元から優しすぎな性格なのか、単に彼に嫌われたくないのか、嫌なことをされても、すぐに許してしまう子もいますが、それでは彼がつけあがるだけです。


罪悪感の植え付けをやりすぎるのも良くないですが、大事にされたいのであれば簡単に許さずしっかり反省させるべきかと。

離れはじめると彼があなたの要望を叶え始める

彼が浮気をしたとか、彼が最低な嘘をついた時に、彼を突き放すと執着心から彼が追いはじめます。

そして、彼はあなたが自分の元から離れないように、欲しいと言っていたモノ、行きたいと言っていた場所、食べたいと言っていたモノを叶えようとします。


もし、この時に彼が何も行動を起こさないのなら、残念ですが彼はあなたにたいして、もう気持ちがないということ。


タイミングや彼のその時の気持ちもありますが、ご紹介したことができた上で、ここぞという時に突き放すと、彼が変わることもありますよ。


イチかバチかにはなりますが、彼と今後付き合い続けるか迷った時、最後の切り札としてやってみる価値はあるかと。

自分の恋は自分主導で

自分の恋です、自分が主導権を握ってもおくと余裕が生まれ楽しく恋ができます。


彼を離したくないのなら、彼が離れられなくなるような彼女になればいいんです。ご紹介したことを参考にいろいろ模索してみるのも楽しいですよ。
(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事