2019.07.06

LINEの連絡が遅いのは脈ナシ?遅くても脈ありパターンと男性心理解説

気軽に連絡がとり合える、便利なLINE。好きな人とLINEをしているとき、わくわくしながら連絡を待つのも楽しみのひとつです。しかし、時には相手のLINEの返信が遅く不安になってしまうこともあります。
「一応連絡は返ってくるけれど、返信が遅い。これって脈ナシ?それとも脈あり?」と混乱してしまいますよね。今回は、LINEの連絡が遅い男性の心理と、そんな男性とのLINEを続けるためのポイントについてご紹介していきます。意中の彼とのLINEのペースに不安を抱えている女性は、ぜひチェックしてみてくださいね。

LINEの連絡が遅い男性にありがちな心理


LINEの返信は遅いけど、やりとり自体は続く男性。「完全に脈ナシなら、LINEの返信はこないはず。だけど、もし脈ありなら、もっと頻繁に素早く返信をくれるものなんじゃないの?」と不思議に感じてしまいますよね。さて、LINEの連絡が遅い男性は、どのような理由で返信に時間がかかってしまうのでしょうか。

仕事が忙しいだけ
まず、「単純に仕事が忙しいだけ」というパターンが考えられます。早くLINEを返したいと思っていても、仕事中にスマホを見ている暇はありません。仕事が終わったあとは疲れ果てていて、LINEを返す体力が残っていないという場合もあるでしょう。「LINEなんてたった数秒あれば返せるでしょ!」と思うかもしれませんが、仕事で頭がいっぱいの男性にとってLINEの優先度はかなり低めです。そんな忙しい男性の場合、返信をくれる&やりとりが続くというだけでも、今後のLINEを通じて進展していく可能性は大いにあります。返信が遅いからといって、脈ナシとは限りませんよ!

LINEの連絡の緊急性を感じない
LINEの内容に緊急性を感じない場合、LINEの返信が遅くなることがあります。彼からの返信が遅い時は、LINEの内容に注目してみてください。「このお店が美味しい」「最近はこんなことがあって」といった雑談LINEは、緊急度が低めです。既読してから返信が遅い場合も、「この話題はすぐ返さなくていいや」と思われている可能性が大きいです。LINEの内容を見て返信速度を変えている男性は多いので、会う時間やお店を決めるときなどの必要連絡LINEへの反応で様子を見ましょう。

LINEを後回しにしがち
相手に対し好意があるかないかに関わらず、連絡を取り合うこと自体が面倒だという男性は少なくありません。なんとなく返信を後回しにしているうちに返すタイミングを見失ってしまい、そのまま既読無視なんて経験、みなさんにもあるのではないでしょうか。LINEの返信が遅いのは、友達と出かけていたり、一人の時間を楽しむことが優先されているからというパターンもあります。即レス派の女性からすると不思議に思うかもしれませんが、返信速度と好意はイコールではないのです。

生活リズムのズレで気を使っている
仕事などの関係で、LINEの返信が早朝や深夜になってしまうという男性もいます。この場合、相手の男性は生活リズムのずれによって迷惑をかけないよう気を使っているのかもしれません。「相手の寝ている時間帯にLINEを送って起こしてしまったらどうしよう…」「こんな時間にLINEを送るなんて非常識かな…」と考えて返信時間に気を使うのは、彼が思慮深く優しい男性である証拠です。早朝勤務や夜勤のある仕事をしている相手なら、返信が遅いのは配慮のため、という可能性もあるでしょう。

四六時中スマホを見てない
相手の男性は、四六時中スマホを見ているわけではありません。仕事をしたり、同僚と飲みに行ったり、趣味を楽しんだり、一人暮らしなら掃除や洗濯をしたり、充実した生活を送っている男性は、スマホを触る時間も少なめです。返信が遅いのは寂しいかもしれませんが、考えようによっては良い風に捉えることもできます。いつLINEを送っても速攻で返ってくるようなスマホ依存気味の男性よりも、生活を優先しマイペースに返信をくれる男性の方が、ある意味健全ではないでしょうか。

駆け引き上手
恋愛経験が豊富な男性の場合、わざとLINEの返信を遅くして駆け引きをしている場合もあります。返信がこないことに不安を感じている女性の心理を利用して、タイミングを見計らってLINEを送ってきているのかもしれません。「確実に、でも慎重にこの女性の心を掴みたい」と言う気持ちでの駆け引きなら良いのですが、本気ではないからこそ時間に余裕を持ってLINEの返信ができるというパターンもあるので、難しいところです。

好きじゃないだけ
相手に対し好意を抱いていなくても、とりあえず義理で返信はするというタイプの男性もいます。これは男性に限らず、女性でもよくあることです。返信がないなら脈ナシと諦められるのに、中途半端にやりとりを続けられたら期待してしまいますよね。LINEのやりとりは続くけれど、なかなか会う流れにはならなかったり、数日どころではなく数週間以上の間を開けて返信が来たりする場合、残念ながら脈ナシの可能性が高いでしょう。

LINEの返信速度は好きの気持ちのは例しない


気になる彼からのLINEの返信が遅いと、多くの女性たちは「これはきっと脈ナシ!」と判断してしまいがちです。しかし、ご紹介してきたように、男性のLINEの返信が遅いのには様々な理由があります。LINEの返信速度は好意の大きさとは比例せず、個人の性格やLINEの優先度の違いによるところが大きいので、「LINEの返信が遅いってことは脈ナシってことかも…」と諦めるのはもったいないですよ!

LINEの連絡が遅い時にできること


気になる彼からのLINEの返信が遅いとき、待っている側はどうしたら良いのでしょうか。LINEの返信が遅い男性とやりとりをする中でできること、気をつけたいことについてチェックしておきましょう。連絡のコツを掴めば、相手の男性との距離を縮めることができますよ!

ひたすら待つ
LINEの返信が遅いときは、余計なアクションを起こさずにひたすら待ちましょう。間違っても、スタンプを連打したり、「返信が遅いから心配」なんてLINEを送ったりしてはいけません。男性のLINEの返信が遅い理由は様々ですが、そこで返信を強制するのは逆効果です。下手に催促をして相手の男性を困らせてしまわないよう、とにかく待ちの姿勢に徹しましょう。

彼のペースに合わせて返信する
LINEの返信が遅い男性への連絡は、相手が1日に1通なら自分からも1通、数時間おきに返信がくるなら自分も同じくらいの時間を空けて返信というように、相手のペースに合わせて返信しましょう。同じような頻度で連絡を返すことにより、相手はあなたに対し親近感を覚えます。連絡のペースが似ている相手とのやりとりはストレスになりにくいため、LINEも長く続きやすいでしょう。

答えやすい内容のLINEにする
返信に困ってしまうような内容のLINEは、相手の返信速度を遅くする原因になります。意中の相手には、なるべく答えやすい内容のLINEを送るようにしましょう。プライベートに踏み込み過ぎない一般的な質問を織り交ぜたLINEを送れば、相手も軽い気持ちで返信をくれるはず。のんびりとやりとりを続けていく中で、だんだんと距離が縮まっていくでしょう。

長文を送らない
男性が返信をためらってしまうのが、女性にありがちな長文LINEです。とりとめのない日記のようなLINEや、スクロールが必要なほど長いLINEを日常的に送ってくる女性に対し、「どう返信したら良いのかわからない」と困惑する男性は少なくありません。返信を考えるのに時間がかかる長文LINEは、忙しい男性や連絡マメでない男性からするとかなりのストレスになります。「もしこの子と付き合ったら、毎回長文LINEが送られてくるのかな…」と不安を覚え、フェードアウトしてしまうおそれもありますので要注意です!

気遣う、ねぎらう、褒める
仕事が忙しいためにLINEの返信が遅い男性には、気遣いの言葉を送るのが効果的です。「お仕事大変だね、ゆっくり休んでね」「いつも頑張っていてすごいね」など、ねぎらいの言葉や褒め言葉をかけるのも良いでしょう。気遣いでやってしまいがちなのが、「返信は気にしなくていいよ」「時間があるときでいいよ」という配慮。ですが、相手が言葉通りに受け取った場合、返信が激減してせっかくのチャンスを逃してしまうかもしれません。

LINEの返信が遅くても連絡があれば脈ありかも

LINEの返信が遅い男性の心理と、そんな男性とLINEをやりとりする際のポイントについてご紹介してきました。

LINEの返信が遅いのにはそれぞれに理由があります。しかし、「とりあえず連絡は帰ってくる」という状況であれば、LINEの返信が遅いとしても脈ありの可能性大です!

恋愛感情に達しているかどうかは別として、定期的に連絡が取り合えるということは大きなチャンスなのです。

LINEの返信が遅いという理由から脈ナシだと判断し、諦めてしまう女性は少なくありません。ここで根気強く彼とのやりとりを続けられるかどうかで、今後の展開が変わってきます。重要なのは、相手とのLINEを上手に続かせ、その中でじわじわと関係を深めていくことです。

気になる男性のLINEの返信が遅くて悩んでいるという女性は、今回ご紹介したLINE返信時のポイントを参考にしてみてください。もし現時点で相手にその気がなくとも、LINEを続ければ気持ちに変化が現れることもあるかもしれませんよ!

関連記事