2019.07.13

付き合う前の初デートを成功させる場所選びやLINEの頻度は?告白までの心得紹介

付き合う前の初デート。付き合ってからのデートと違って、「どこまで距離を縮めていいのかわからない…」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
初デートを成功させるためには、いくつか気をつけなければならないポイントがあります。

今回は、そんな付き合う前の初デートの注意点、おすすめの初デート場所、初デート前後のLINEの頻度などについてご紹介していきたいと思います。
気になる相手との初デートを控えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

どうしたら付き合える?


デートで好印象を与える
付き合う前の初デートでは、とにかく相手に好印象を与えることが重要です。

初デートは、実際にお付き合いをしたときのリハーサルのようなもの。その初デートが楽しくなければ、「また会いたい」「この人と付き合いたい」とは思ってもらえません。

逆に「この人と付き合うと、こんなに楽しいんだ!」と相手に思わせることができれば、急激に距離が縮まるでしょう。

相手が喜ぶデートを展開する
告白の成功率を上げるために、相手が喜ぶようなデートを展開しましょう。

好きな場所や食の好みなどを事前に予習しておき、デート内容に反映することで、あなたの相手に対する思いやりの気持ちが伝わります。

初デートにおすすめのプランや、相手を楽しませるポイントについては、記事の中で詳しくご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

気持ちを探り告白する
初デートから二回目、三回目…とデートを重ねていけば、だんだんと相手のことがわかってきます。

表情や言動から相手の気持ちを探りつつ、適切な告白のタイミングを伺いましょう。

付き合う前のデートに応じてくれている時点で、脈ありの可能性はあるはず。しかし、焦って告白するのはおすすめできません。

告白には、ちょうど良いタイミングがあります。デートの中で相手の気持ちを確認しながら、告白の瞬間に備えましょう。

付き合う前のデートの意味


告白までに最適なデートは2~5回
告白までに最適なデートの回数は2〜5回と考えておきましょう。お互いの気持ちが確認できるのと同時に、一番気持ちが盛り上がっているところで告白をするのがポイントです。

両思いが確定している場合、2回目のデートでの告白もアリですが、出会って間もない場合は「誰でもいいのでは?」と思われる可能性もあるので急がない方が良いでしょう。

もちろんデート回数が多いほど良いというわけではありません。6回以上のデートになると間延びしてしまい、付き合う前からマンネリ化を招くおそれもあります。

早すぎず、遅すぎず、適切なタイミングで…と考えると、2〜5回目のデートでの告白が無難でしょう。

一回目の初デートは様子見
初デートは、あくまでも様子見の機会です。お試しのデートと割り切って、あまり気負わずに臨みましょう。

デートに誘ったり、誘いに乗ったりするということは、お互いに相手に対し多少は興味があるということです。

しかし、この初デートがどんな雰囲気になるかは二人きりで会ってみないとわかりません。

二人きりで会うまでは相手のことが気になって仕方なかったのに、いざデートをしてみると「思っていたような人ではなかった…」とがっかりしてしまう場合も。

初デートはお互いのことを知るための機会なので、この時点ではっきりと「付き合う」「付き合わない」の結論を出す必要はありません。


二回目のデートは気持ちの確認と探り
二回目のデートがセッティングできたということは、お互いに初デートを楽しめていたということでしょう。初デートよりも距離が近づき、親密度がアップしている状態です。

そんな二回目のデートの目的は、お互いの気持ちの確認です。自分は相手のことが好きなのか、相手は自分に対し好意を抱いてくれているのか注意深くチェックしましょう。

相手の気持ちに確信をもつために、探りを入れるのも効果的です。「一緒にいて楽しい!〇〇さんは?」とストレートに聞いたり、「〇〇さんと付き合えたら楽しそう」と伝えて反応を見たりするのも良いでしょう。

もしこの時点で明らかに両思いだということがわかるなら、ここで告白してしまってもOKです。
相手が迷っている様子だったり、曖昧な返答だったり…という場合は、告白は三回目以降に持ち越した方が良いでしょう。

三回目のデートは相手の出方待ち
三回目のデートで告白するのがベスト!という説は、みなさんも聞いたことがあるかと思います。

お互いの距離感も縮まり、二回目までのデートで相手の気持ちを確認することもできた…となれば、三回目で告白というのはたしかに妥当なタイミングなのかもしれません。

しかし、三回目のデートでは「早すぎる」と感じる人もいるようです。相手によっては、まだ心の準備ができていない場合もあるので、三回目のデートでは相手の出方を見て臨機応変に対応することをおすすめします。

相手に告白の意志がありそうなら話しやすそうな雰囲気を作ってあげたり、逆に相手が告白を待っているようなら自分から気持ちを伝えたりしても良いでしょう。
もし「これ以上デートを重ねてもお付き合いには発展しなさそうだな」と感じるようなら、早めに見切りをつけて次の恋愛に目を向けるのも良いでしょう。

告白につなげるLINEの連絡頻度や内容


初デートを成功させ告白につなげるには、連絡頻度やLINEの内容にも注意が必要です。初デートの相手にLINEをする際、気をつけるべきポイントをまとめてみました。

初デートまでの連絡頻度は最小限に
会ったときのドキドキ感を大事にするために、初デートまでの連絡頻度は最小限にしておきましょう。

デートの前にLINEで話し尽くしてしまうと、せっかくのデートなのに話すネタがなくなってしまうおそれがあります。

LINEはデートの内容を決めたり、「楽しみにしています!」と気持ちを伝えたりする必要最低限のやりとりだけに使うことをおすすめします。

初デートでは緊張して会話の内容が思い浮かびにくくなるので、思いついた質問はデートのために取っておいた方が懸命ですよ!

デート後は感謝と次の約束を
初デートが無事に終わったら、すぐに感謝のLINEを送りましょう。「今日は楽しかったです」「ごはんおいしかったですね」など、デートの感想を添えるとGOOD!
また、同時に次の約束を取り付けるのも忘れないようにしましょう。

初デートのお礼LINEと一緒に「今度はいつ会えますか?」「今日話していた〇〇、いつ行きますか?」と誘うのが自然です。
初デートから日が空いてしまうとお互いに誘いにくくなってしまうので、一回目のデートが終わったらすぐに二回目のデートの約束を!と覚えておきましょう。

日程や夜か昼かは相手の希望を優先
初デートの日程を決めるときは、相手の希望を優先してデートの時間帯を決めましょう。一方的に日時を指定すると、自分勝手な印象を与えてしまうおそれがあります。

食事デートの場合は、ランチとディナーどちらの方が都合が良いか聞いてみてください。

「初デートは昼間が良い」「平日の夜がいい」「シラフの状態で会いたいからランチがいい」など、それぞれに希望があります。

無理のあるスケジュールで初デートの約束をとりつけると、盛り上がらない可能性があります。お互いに納得のできる日程で初デートの約束をしましょう!

内容は相手に相談して決めて
初デートの内容を決めるときは、自分だけでなく相手の意見も取り入れるようにしましょう。

行ってみたい場所、見たい映画、食べたいもの…など、LINEで相談しながら内容を決めることでデートのワクワク感が増します。

男性の場合、「自分がデートコースを全て決めてエスコートしないと!」と気合いを入れてしまうパターンも多いようですが、相手の意見を聞かずに決めるのはおすすめできません。

「このデートならこういう服装で行こう」と考える時間も必要だと思うので、初デートの行き先や内容は事前に示し合わせておきましょう。

デートに最適な場所


最初は無難な場所を選ぶ
付き合う前の初デートの場所に、意外性は必要ありません。無難なデートコースを選びましょう。

おすすめは、映画館や水族館など、同じものを見たり体験したりできる場所です。こういった場所なら隣にいるだけでも楽しいですし、会話が弾まなくてもそれほど気になりません。

あまり時間が取れない場合、食事だけでも良いでしょう。一回目のデートではお互いについて知ることが目的なので、腰を据えてゆっくり話せるような落ち着いたお店がおすすめです。

遊園地も定番のデートスポットではありますが、「あまり歩きたくない」「行列に並びたくない」と考えている人もいるので要注意。長い待ち時間に話すネタが尽きると気まずくなってしまうので、初デートでは避けた方が無難でしょう。

二回目からは相手の趣味嗜好を取り入れる
二回目のデートからは、相手の趣味や嗜好を積極的に取り入れたプランを考えましょう。

芸術が好きな相手なら美術館、音楽が好きな相手なら音楽フェスやライブなど、初デートでの会話やLINEのやりとりの中で得た情報を参考に、デート先を決めると良いでしょう。

楽しい時間を共有することが、お互いの仲を深めることにつながります。来たる告白の瞬間に備えて、デートの中で少しずつ距離を縮めていきましょう。

初デートで失敗しがちな場所やシチュエーション


ドライブデート
ドライブデートは、初デートにはおすすめできません。女性からすると、よく知らない男性と二人きりで密室空間にいるという状況は怖いものです。

男性にその気がないとしても、女性は「どこかに連れていかれたらどうしよう」「手を出されたら逃げられない」と不安に感じてしまうかもしれません。

また、目的地までは車窓を眺めるかおしゃべりをするかくらいしかできないので、会話が途切れると気まずくなってしまうというのもおすすめできない理由のひとつです。
ドライブデートをするなら、ある程度の信頼関係が築けてからの方が良いでしょう。

おうちデート
初デートで家に誘うのは絶対にNGです!
誘った時点では本当に下心がないとしても、家で二人きりになれば何が起こるかわかりません。もしそこで間違いが起きてしまえば、告白どころではなくなってしまいます。

残念なことですが、付き合う前に体の関係を持つことで相手に興味を無くしてしまう人がいるのは事実です。
自分から誘うのはもちろんダメですが、好きな相手から誘われても絶対に家にはついていかないようにしてくださいね。

遅い時間に誘うデート
遅い時間からのデートは、おうちデートと同様に「下心があるのでは?」と思われても仕方がありません。人によってはいきなり誘われるだけでも警戒してしまうのに、それが遅い時間帯ともなれば余計に疑ってしまうでしょう。

お互いに別の場所で飲んでいて、酔った勢いで連絡をとって合流!という流れは、何度かデートを重ねてからならアリだと思いますが、初デートではおすすめできません。

初デートは、事前にきちんと日程を決めて挑むものです。間違っても「今から会えない?」なんて雑な誘い方はしないように!

初デートで気を付けること


スマホばかり見ない 
初デートの間は、スマホのチェックを控えましょう。目の前に人がいるにも関わらずスマホの画面ばかり気にするのは失礼にあたります。

スマホを見ている間、上の空になることで「一緒にいて楽しくないってことかな」と相手を勘違いさせてしまうこともあるかもしれません。

いつもの癖でついスマホを眺めてしまうという人は、電源を切ったり、スマホをバッグの奥底にしまったりして、簡単にはチェックできない状態にしておくと良いでしょう。

SNSへの投稿も我慢
食事や風景の写真を逐一SNSに投稿するのが癖になってしまっている人、結構多いのではないでしょうか。SNS好きな友達と一緒のときなら良いかもしれませんが、初デート中くらいはSNSを我慢しましょう!

写真を投稿すれば、友達から反応やコメントがつきます。通知が来ると、それもまた気になってしまいますよね。SNSへの投稿は後回しにして、初デート中は相手との会話に集中することを心がけましょう。

予約は必須
初デートで食事をするお店は、事前に予約しておきましょう。
二人くらいならなんとか入れるだろうと思っていても、日によっては満席で入れず予定が崩れてしまうこともあります。

週末や休日だと、代わりのお店を探すのにも一苦労して、空腹や疲れで険悪なムードになってしまうことも考えられます。

初デートを無事にこなすために、お店の予約は必須です!特に男性の場合、事前にしっかり予約を入れておくことで女性にスマートな印象を与えることができますよ。

二軒目三軒目の候補をいくつか用意
一軒目のお店で盛り上がり、「もう少し飲んでいこうか?」と二次会に突入する可能性もあります。そんな状況に備えて、あらかじめ二軒目三軒目のお店の候補を用意しておくことをおすすめします。

二軒目はのんびりくつろげそうなソファ席のあるお店や、距離感が縮まるカウンターのお店、女性に嬉しいスイーツがあるカフェバーなども良いでしょう。

一軒目で盛り上がったテンションを維持したままで二軒目に移動するためにも、近隣のお店はいくつかチェックしておいてくださいね!

相手の歩くペースに合わせる
これは特に男性にお願いしたいことなのですが、初デートではなるべく女性のペースに合わせて歩いてあげてください。

ヒールのある華奢な靴を履いている女性は、歩くのが遅くなってしまったり、そもそも歩幅が狭かったりして、先を歩く男性に追いつくのがやっとという場合もあります。

そんなとき、ペースを落としてゆっくり歩いてくれる男性や、気を使って声をかけてくれるような男性は、女性からすると好感度が高いのです。

「最初から歩きやすい靴で来ればいいのに」と思う男性もいるかもしれませんが、「せっかくの初デートだからオシャレしたい!」と張り切ってしまう女心をわかってもらえると幸いです。

初デートの服装で気を付けること


服は好き嫌いよりもTPOに合わせて
付き合う前の初デートの服装は、自分の好き嫌いよりもTPOに合わせることを意識しましょう。映画館デートなら、オシャレを意識しつつ長時間座っていても苦しくならないような服装、ちょっとおしゃれなレストランなら、男性はジャケットを羽織り、女性は上品なワンピースなど、どんな場所でデートをするかによって服装を選び分けましょう。
場にそぐわない格好をしていると居心地が悪い上に、相手にも違和感を与えてしまいます。

自分なりのオシャレを追求しすぎて、TPOにそぐわない格好になってしまわないよう注意しましょう。

靴はこぎれいで歩きやすいものを
初デートだから!と気合いを入れて、革靴やハイヒールを選ぶ人も多いのではないでしょうか。食事デートのように、席に座っている時間がほとんどの場合はそれでも良いかもしれません。

ただ、水族館やデパートなど歩き回ることが事前にわかっている場合は、なるべく歩きやすい靴を履いていくようにしましょう。足の痛みや歩きにくさに気をとられると、肝心のデートが楽しめなくなってしまいます。

とはいえせっかくの初デートなので、オシャレさも大事にしたいですよね。歩きやすいだけでなく、汚れのないこぎれいなものを選びましょう。

新品だと靴擦れを起こしてしまう危険性があるので、デートまでに数回履いて慣らしておいてくださいね。

暑さや寒さも意識して選ぶ
外は暑いけど室内は空調が効いていて寒い、昼間と夜の気温が全然違うなど、こういった暑さや寒さに対応できるように、体温調整が可能な服装で初デートに臨みましょう。

男性なら上にさっと羽織れるシャツやジャケット、女性ならカーディガンやストールなど、気温に応じて着脱ができるアイテムをひとつ持っていくと便利です。

極端に暑かったり寒かったりすると、デートに集中できない上に相手に気を使わせてしまう原因にもなります。

初デートを最初から最後まで楽しめるよう、気温の変化に対応できる服装を意識しましょう。

付き合う前のデートの支払い


男性はもてなす意識で挑む
付き合う前の初デートでは、可能な限り男性側が支払うことをおすすめします。

カップルでは男性側が多く出し、女性側が端数を出す…という形も珍しくないですが、初デートに関しては男としての気概を伝えたいところです。

「楽しかったからここは出させて」などの言葉を添えると、女性も気を使わずにすむでしょう。

女性がトイレに立った瞬間を狙ってお会計を済ませておくと、さらにスマートな印象を与えることができます。
気になっている女性には、デート中になるべく良いところを見せたいですよね。お会計は、絶好のアピールチャンスです。

ここでの対応が次のデートにつながるか否かを決める重要なポイントだと考えて、気前よく支払いましょう。

女性は感謝と次の店への提案を
男性が支払いをすませてくれた場合、女性はしっかりと感謝の言葉を伝えましょう。間違っても、「奢ってもらえて当然」だなんて態度をとってはいけません。

「本当においしかった!」「素敵なお店だったね」と、食事の感想を伝えるのもおすすめです。

また、「ごちそうしてくれてありがとう!次のお店は私が出すね」と、二軒目に誘うのも良いでしょう。自然な流れなので、相手も了承しやすいはずです。

男性たちは、食事の後の女性の行動をよく見ています。
ごちそうしてくれた感謝を忘れずに伝え、さらに次は自分が支払うという意志を見せることで、男性に頼りきりの女性ではないということをアピールしましょう。

付き合う前の初デートはどこまでOK?


手を繋ぐのはOK
あくまでもお互いに好意があることが前提になりますが、手を繋ぐのはOK!と考えている人が多いようです。

人混みの中を歩くときや、映画館などの暗くて足元が見えにくい場所などは、手を繋ぐ絶好のチャンスです。

ただ、相手と初対面に近い状態での初デートや、お互いにまだ探り探りな関係の場合は、手を繋ぐのは控えた方が良さそうです。
「初デートで手を繋ぐなんて軽い人だな」と思われてしまう可能性もあるので、相手の性格や二人の関係性についてしっかり考えましょう。

もし初デートで手が繋げなくても、二回目三回目のデートではチャンスがあるかもしれないので、あまり焦らないでくださいね。

キスは慎重に
付き合う前の初デートでのキスはかなりハードルが高いので、あまりおすすめはできません。それほど気持ちがノッていない状態でいきなりキスをされそうになったら、せっかく好きになりかけていた気持ちも吹き飛んでしまいます。

手を繋ぐのと同様に、付き合う前の初デートでのキスが可能な場合もあります。

例えば、友達期間が長く、初デートをする時点で両思いが確定しているというパターン。
このように、間違いなく両思いで合意の上であれば付き合う前の初デートのキスもアリです。

ただ、お伝えしてきたように一回目のデートの目的はとにかく様子見です。チャンスを逃してしまわないように、相手との距離は慎重に縮めていきましょう。

身持ちは固く
相手のことが大好きで仕方ない場合、初デートで気持ちが盛り上がってしまうこともあります。しかし、酔った勢いでホテルになんて流れは絶対に阻止しましょう。

体の関係を持ち、「誰とでもすぐに遊ぶ人」という印象を抱かれてしまったら、相手の本命になれる確率が低くなってしまいます。
特に男性は、簡単に手に入るような女性を大事にしてくれません。今後のことを考えて、身持ちはなるべく固くしておいた方が良いでしょう。

まとめ


付き合う前の初デートで気をつけるべきポイントについてご紹介してきました。

デートの回数ごとの目的、デート前の連絡のとりかた、デート先を決める時の注意点、デート中の正しい振る舞い…など詳しくお伝えしてきましたが、イメージは掴めたでしょうか。

恋を成就させるためには、今回ご紹介したポイントの他に、相手との時間を思い切り楽しむことも大切です。

初デートはあくまでも「お試し」であり、二回目のデートにつなげられれば万々歳といったところです。付き合う前の初デートの注意点を頭の片隅に置きつつ、かといってあまり気負いすぎずに初デートに臨んでくださいね!

関連記事