2019.09.15

月に何回がベスト!?遠距離恋愛の会う頻度って?

遠距離恋愛で頻繁に彼に会うのが難しい・・・。遠距離恋愛は会いたい時に会えないため、お互いすれ違ったり、モヤモヤしたりしますよね。

会う頻度が多いと出費がかさむし、頻度が少ないと寂しいし、とても葛藤すると思います。
そこで今回は遠距離恋愛カップルの会う頻度と会う頻度の決め方についてご紹介します。

遠距離恋愛カップルの会う頻度の平均


遠距離恋愛は、難しいもの。会いたい時にすぐに会うことができないため、すぐに破局してしまうカップルも少なくありません。

寂しさや不安を解消するためには、どのくらいの頻度で会えるかが重要です。遠距離恋愛の場合には、どのくらい距離が離れているかによって、理想の会う頻度も変わってきます。

2~3時間離れた場所なら月1回

遠距離恋愛の中には、2~3時間で会える距離というケースもあります。「会いたい」といって、すぐに会える距離ではありませんが、2時間から3時間程度で会える距離であれば、月に1回くらいが理想的です。

若いカップルであれば「もっと会いたい」と思うかもしれませんが金銭的に厳しいですから月1回程度が理想的。社会人になれば自分自身も忙しい日々を送っているでしょうから、月に1回会えれば寂しいと思うことも少ないですし、費用負担も少なく済みます。

地方が違うなら3ヶ月に1回の頻度がおすすめ

地方が異なる場所に住んでいる場合には、頻繁に会うことは難しいでしょう。時間、費用を考えると月1回は負担が大きくなるはずです。

そのため、地域が違う場合には3ヵ月に1回くらいの頻度がおすすめ。このくらいのペースであれば、寂しくても負担は抑えることができますし、会った時の新鮮さも楽しむことができます。

社会人で仕事が忙しくても、このくらいのペースであれば仕事にも支障なくデートを楽しむことができるでしょう。

国が違う場合は6ヶ月~1年に1回のペース

遠距離恋愛の中でも、難しいのは海外の場合。海外の場合には、会うとなれば時間と費用がかさむことになります。社会人となれば、休みを取ることも難しいはずです。

そのため、6ヵ月から1年に1回のペースが理想的です。会うペースは少ないですが、幸い今ではインターネットを通して気軽に連絡を取ることができますから、寂しいと感じることは少ないはず。会えない時間は、メールや電話で楽しみましょう。

遠距離恋愛の会う頻度はカップル同士で決めよう


遠距離恋愛に失敗してしまうカップルが多いのは、寂しさと不安が大きいため。どちらかが不満を抱えたり、信頼できなくなってしまえば、関係は簡単に壊れてしまいます。

そのため、遠距離恋愛を続けるためには、互いに納得できるルールを決めておくことが大切です。会う場所はどこにするのか、どのくらいのペースで会うのかを決めておくことで、安心感も増すはずです。

どのくらいのペースで会いたいか話し合う

遠距離恋愛の難しさは、気軽に会うことができないこと。相手が落ち込んだり、悲しんでいても、すぐに飛んでいくことができないもどかしさがあります。

「会いたくても会えない」という寂しさから、近くの異性へと心変わりしてしまう人も少なくありません。

そのため、遠距離恋愛を続けるためには、どのくらいのペースで会えるかが鍵に。会うペースは、どちらかが一方的に決めるのではなく、ふたりで話し合い、互いに納得することが必要です。

どちらかが不満を持ったまま離れてしまえば、遠距離恋愛を継続することは難しくなるでしょう。

金銭的コストを考慮して回数を決める

遠距離恋愛をすると、どちらかが会いに行く必要があります。当然ですが、会いに行くとなればお金がかかることに。

そのため、会う頻度は金銭的コストも考えながら決めておくことが重要です。どんなに愛情があったとしても、金銭的負担が大きくなったことが原因で、破局に陥ってしまうケースも少なくありません。

また、どちらかだけが金銭的負担を背負うとなれば、不公平性が原因で破局してしまうことも。

遠距離恋愛を続けるためには、会いに行くとどのくらいの費用がかかるのか、それをどのように分担するのか、どのくらいの負担であれば互いに無理がないのかなども考慮した上で決めましょう。

中間地点で会うなどして回数を増やすのもアリ

遠距離恋愛で会う場所は、どちらかが暮らしている地域に行くだけではありません。中間地点で会うという方法も。

中間地点であれば、金銭的コストを抑えるだけでなく、どちらか一方だけにかかる負担を抑えることができます。
また、中間地点で会うことで、互いに非日常的なデートを楽しむこともできるでしょう。

記念日やイベントなど臨時で会う日を作ろう

遠距離恋愛を長続きさせるためには、ふたりが納得して決めたデート頻度を守ることが大切です。

しかし、時には臨時で会う日を作るのもおすすめ。たとえば、ふたりが付き合い始めた記念日や誕生日などは、決めた日でなくても良いでしょう。臨時で会える日ができるというのは、遠距離恋愛だからこそ楽しめるはず。

こういった日を積み重ねていくことで、寂しいと思う遠距離恋愛も乗り越えることができるでしょう。

まとめ


恋人と離ればなれになる遠距離恋愛というのは、辛いものです。特に、今まで近くにいた恋人が進学や転勤などで、思いがけず遠距離恋愛になるというのは不安が大きいでしょう。

しかし、遠距離恋愛経験者の中には、遠距離恋愛をめでたく乗り越え、結婚まで漕ぎつけた人もいます。

遠距離恋愛は、決して辛いだけではありません。遠距離恋愛だからこその、楽しみ方もある
はずです。離れているからこそ、互いの信頼度が増し、愛情が大きくなることもあるでしょう。

まずは、遠距離恋愛となった時には互いが納得できるデート頻度や会う場所を決めること。ふたりのルールがあれば、不安も少なくなるはずです。

また、遠距離恋愛は不安が不信感に変わることもあります。何かひとつ疑い始めると、何もかもが信じられなくなってしまいます。そうなれば、信頼関係は崩れ、関係を維持することができなくなってしまいますから、相手を信じることも大切です。(NaonN/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事