2019.09.23

ひと目惚れするのは運命だから?ひと目惚れする心理と運命の人の特徴を紹介

出会った瞬間に恋に落ちてしまうひと目惚れ。皆さんは経験があるでしょうか?

経験者は一目見たその瞬間にビビビと電気が走るような衝撃があったなんていいますよね。その衝撃の強さからひと目惚れした相手のことを運命の出会いに違いないと考える人も多いもの。今回はそんなひと目惚れについて解説していきたいと思います。

果たしてひと目惚れは本当に運命の恋なのか?ひと目惚れする心理や特徴などを深掘りしながら考えていきましょう。ひと目惚れの恋に運命を感じている人や逆に不安を感じている人に必見の内容になっていますので、是非参考にして下さいね。

ひと目惚れ=運命の恋って本当なの?


出会った瞬間にビビビと電気が走り、恋に落ちてしまうなんて「これは運命の恋に違いない!」と感じてしまうのも仕方ないと思います。ましてや普段は人を好きになるのに時間がかかるという人はなおさら運命的なものを感じるのではないでしょうか。

それではひと目惚れは本当に運命の恋なのか?これについて考えてみたいと思います。

ほとんどが思い込み

心理学ではひと目惚れのほとんどが思い込みであるとのこと。初対面で相手の見た目が自分の好みにぴったりだった時に、自分好みのルックスに引っ張られて「この人は優しいはずだ」「とても誠実そうだ」「付き合うと楽しいに違いない」などと信じてしまうそうです。

これは心理学では認知バイアスと呼ばれていて、ある人を評価する時にその人が持つ目立つ特徴の印象に引っ張られて、他の部分の評価にもバイアスをかけて評価してしまう現象で「ハロー効果」とも呼ばれています。

われわれがひと目惚れをしてしまったと感じている時は、自分好みのルックスの相手に出会った時に「こんなに理想的な見た目なのだから中身も自分の理想にぴったりに違いない」という思い込みで好きになってしまうようですね。

一方でひと目惚れから結ばれた恋愛や結婚は長続きするというデータもあります。思い込みで始まった恋でも、破局しやすいとはいえないようです。思い込みの可能性が高いからといってひと目惚れが否定される恋愛ではないといえるでしょう。

女性は男性の外見に惹かれやすい

このようなことを書くと「私は男性のルックスにはこだわらない」と思う人も多いのではないかとおもいますが、ここでいう外見というのは顔がカッコいいとかスタイルが良いとかではないのです。

女性は潜在意識の中で良い遺伝子を残したいと考えるもの。そのために自分の遺伝子にない要素を持っている相手を求めるといわれています。なので相手の外見に対しても自分にない部分を持つ男性に惹かれてしまうことがあるのです。

美女と野獣のようなカップルや身長差があるカップルが成立しているのは、女性が自分にない遺伝子を求めているからだといえるでしょう。ひと目惚れをしてしまう時も男性に自分にないものを持っていると感じているからかもしれませんね。

なぜひと目惚れするの?ひと目惚れする女性の心理


人はひと目惚れしやすい心理状態の時とそうでもない時があります。ひと目惚れしやすい時には特徴的な心理があります。ここではその心理について説明しますね。

恋愛したい気持ちがいつもある

恋をすることに対して後ろ向きだったり、人を好きになったりする余裕がない時は目の前に素敵な男性がいても恋愛対象としてその男性を見ることができないことがありますよね。恋愛に対して心が閉じている時にはなかなか恋に落ちることはありません。

一方、気持ちが常に恋愛に対してオープンな状態にある時の方がひと目惚れしやすいといえるでしょう。心が恋愛したいと思っているので好みの相手が自分の目の前に現れると衝撃を受けてひと目惚れしてしまうのです。

好みのタイプがはっきり決まっている

好きな男性のタイプを聞かれると好みのタイプがしっかり決まっていてブレない女性と、その時々で好きになるタイプが違うと答える女性がいます。どちらかといえばひと目惚れしやすい傾向が高いのは前者のような女性といえるのではないでしょうか。

はっきりと好きなタイプがある場合、その条件を満たす男性と出会った時の衝撃は大きいものです。それこそビビビと電気が走るような状態になるでしょう。理想にぴったり当てはまる男性が目の前にいるのですからその感覚も当然のことかもしれないですよね。

直感を信じている

人生の中で自分の直感を大切に考えている人もいます。そのような人もひと目惚れしてしまう可能性が高いだろうといえるでしょう。直感とは脳の扁桃体が瞬間的に判断する好きとか嫌いの感情のことです。

直感を大切にする人はこの扁桃体の第一印象に忠実でいたいと考える人。ひと目惚れも扁桃体の第一印象に従って人を好きになる行動なので直感を信じる人には、あまり不思議なことではないのです。

ロマンチックな恋愛に憧れている

映画やドラマのようなロマンチックな恋に憧れている女性がいますよね。そのような人はある日突然、運命の人に出会うとか、奇跡的な出来事が重なって恋が始まるなどのシチュエーションを大切に考えがちです。

日頃からロマンチックなシチュエーションを求めているので、目の前に自分のタイプの素敵な人が現れると「運命の人と出会ったのかも?」と考えて好きになってしまいます。
ひと目惚れがやってくるというより自分から寄せていくタイプといえるかもしれませんね。

そのひと目惚れは本物?ビビビときた運命の人の特徴


ひと目惚れする時はビビビと電気が走るような衝撃があるといいますよね。そんな体験をしてしまうと相手を運命の人だと思ってしまうもの。ここではそんな運命の人の特徴を紹介したいと思います。

タイプじゃないのに惹かれる

ひと目惚れをする時は大抵、相手のルックスが自分の好みに近いものです。ある意味見た目に惚れることが多いといえるでしょう。

なのでひと目惚れした相手が全く自分のタイプではないのに、強く心が惹かれてしまう時というのは運命の出会いの可能性が高いです。理性や理屈ではなく遺伝子レベルで体が求めているのです。

初対面なのに懐かしく感じる

初めて会ったのにどこか懐かしく感じる。そんな感覚を持たせてくれる相手も運命の人の可能性があります。

懐かしいという感覚は癒される感覚と似ているもの。本能的にぴったりと感じるものがあるからこそではないでしょうか。そんな男性に出会うことはあまりないですよね。運命的な出会いといっていいのではないかと思いますよ。

好みや考え方が似ている

色々と共通点が多い異性と出会うことがあります。趣味嗜好だけにとどまらず、思想的な部分や感動する部分などもよく似ている相手と出会うと運命的なものを感じてしまいます。

趣味のみならず考え方などまで似ている異性というのは、なかなかいないものです。そのような相手にひと目惚れしたのなら、運命が手繰り寄せてくれた出会いだと思いたいですよね。

話しやすく会話が盛り上がる

ひと目惚れをして男性に話しかけてみると意外と会話が盛り上がらないなんてこともあるもの。緊張もあって好きな人と楽しく会話できるようになるには時間がかかりますよね。

ひと目惚れの相手と初対面なのに会話が盛り上がるなんてことは珍しいことです。もしそのような相手に出会えたのならその出会いを大切に育んでいきましょう。

話が途切れても気まずくない

通常だと沈黙の状態は気まずいものですよね。「なにか話さなくちゃ」なんて焦って空回りしてしまうなんてこともありがちです。

ところが相性の良い相手だと、話が途切れた沈黙の状態が気まずくないことがあります。むしろ沈黙に心地よさを感じるくらいの相手なら運命の人だといえるでしょう。

運命の恋にもなる?ひと目惚れから始まる恋のメリット


ひと目惚れから始まる恋愛は運命の恋になることも多いです。ここではひと目惚れから始まる恋のメリットを紹介します。

一途で情熱的な恋ができる

一目見ただけで好きになってしまう相手というのは自分の好みにピッタリ当てはまる相手であることが多いです。

そのような相手との恋愛は熱く情熱的になってしまうもの。今までの恋人には感じることができなかった一途な感情をもつことができるでしょう。

好みのタイプとの恋愛で幸福感が高い

ひと目惚れするということは相手が自分のタイプの男性だということですよね。そんな相手と結ばれると一緒にいるだけで幸せなものではないでしょうか。顔を見ているだけで幸せを感じるはずです。

通常の恋愛でも感じる幸せな出来事のひとつひとつが、ひと目惚れの恋愛では自分が思いっきり相手に惚れこんでしまっているので、更に高い幸福感を感じることができるでしょう。

0からはじまる恋だから長続きしやすい

ひと目惚れの状態から始まる恋愛は相手のことを知らない状態から始まるので一見長続きしないように思われがちですが実はそんなことはありません。

0の状態なのに相手を好きになるというのは脳や遺伝子レベルで相手を求める本能的な衝動なのです。それに従った方が恋愛では上手くいくことがあります。

実際にひと目惚れで結婚した夫婦の方が離婚率が低いというデータもあり、ひと目惚れの恋愛の方が長続きするともいえるのです。

ひと目惚れが運命の恋にならない場合とは?


運命の恋だと思っても実は違ったというケースもあるもの。ひと目惚れで上手くいかない3つのパターンを紹介します。

外見と内面が違いすぎた

人の心理として、理想の外見の相手にひと目惚れしてしまうと内面も自分の理想通りのはずだと期待してしまいます。

しかし、実際付き合ってみると自分の期待した内面を持ち合わせていなかったということがあるのです。内面があまりにも期待外れだとどんなに外見が好みでも気持ちが冷めてしまいます。

自然体で接することができない

相手の男性は優しくて、気遣いしてくれるにも関わらず、いつまでもギクシャクして自然体になれないことがあります。

人には相性があって、どんなに見た目が好みでも相性が合わないと上手くいかないものです。これはどちらかが悪い訳ではありません。相性が合わない時は諦めるしかないでしょう。

話をするのが億劫に思う

いくらひと目惚れしたとはいえ、会話が盛り上がらないとか、かみ合わないことが続くと段々と気持ちも冷めてくるもの。

女性にとっては会話をすることは大切なコミュニケーションですよね。それができない相手だと運命の相手とは考えられなくなってしまいます。

ひと目惚れをすることのスピリチュアルな意味も紹介


ひと目惚れという現象にスピリチュアルなものを感じる人もいます。ここではひと目惚れをスピリチュアルな観点から見てみましょう。

相手と前世で関係があった

スピリチュアルの世界では魂が何度も生まれ変わる輪廻転生が信じられています。ひと目惚れした相手は前世の生涯で深い関係にあった人だと考えられるのです。

前世でお互い好きだったのに結ばれなかったとか、恋人同士だったけれど死別などの悲しい別れ方をしてしまったなどで、相手に対する強い気持ちが残ると今世で再び巡り合わせてくれるといわれています。

相手が自分に欠けている部分を持っている

スピリチュアルの世界では魂が何度も生まれ変わるのは、その都度、魂が浄化され成長するからだと考えられています。

ひと目惚れは自分の魂に欠けている部分を持っている相手と結ばれて、自分にない部分を手に入れたいという欲求が原因となっているようです。

相手の波長が今の自分と合っている

同じ周波数をもつもの同士はお互いを引き付け合う「波長の法則」という考え方がスピリチュアルの世界にはあります。

波長は常に一定ではなく年齢や経験、感情などで変動します。その波長がピッタリと合ったタイミングで出会った人との間にひと目惚れが生まれるそうです。

まとめ


出会った瞬間に恋に落ちてしまうひと目惚れはビビビと電気が走るような感覚があると言われていて、その衝撃の大きさから運命の出会いと考える人も多いものですよね。

時には一目見た瞬間に好きになるほどの相手でも見た目と内面のギャップが大きすぎるなどの理由で長続きしないこともあります。しかしひと目惚れから始まる恋愛は情熱的な付き合い方ができたり幸福感を強く感じることができたりとメリットも多いもの。

あまり相手の内面を知ることのないまま付き合い始めるひと目惚れの恋愛は、慎重な人だと一歩踏み出すことを躊躇ってしまうこともあると思います。しかしひと目惚れから始まる恋愛は長続きするというデータがあるように、直感を信じても案外大丈夫なものです。

せっかく出会った瞬間に恋に落ちるような素敵な人と出会ったのに結ばれる機会を逃してしまうことは勿体ないですよ。

ひと目惚れした自分の直感を信じて、アタックしてみることをおすすめします。運命の恋を自分の手で掴みとってしまいましょう!(大船くじら/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事