2019.10.01

告白したい大学生必見!成功するタイミングやテクニックを詳しくレクチャー

新しい出会いがいっぱいの大学生。サークルやバイトなど以前までの学生生活からもガラっと環境が変わり、行動範囲が広がることで異性との関わりも多くなる時期ですよね。

そこで今回は、出会った異性のことが気になっているという人や好きな人が出来た人に必見の、成功する告白の方法をお伝えします。好きな人や気になる人にアピールする方法や告白するタイミングを計っている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

告白する大学生が想いを伝える前にやっておきたいこと


いざ意中の相手に告白をする前に、あらかじめ準備しておきたいことをポイントとしてまとめてみました。

何事も事前準備は必須!告白を成功させるために抑えておくべきポイントを確認して攻略してくださいね。

相手に恋人がいるかどうか調べる

言わずもがなですが、このリサーチは告白前にはマストな確認事項ですよね。告白をしても彼女がいたとしたら元も子もなく、限りなく告白成功には近づけないでしょう。

相手の周りの友人や知人を介してリサーチしてみたり、さりげなく恋愛の話に持っていき、恋人がいるのかを確認してみてもいいでしょう。恋人がいるかいないかで自分の告白のタイミングも変わってくるので外せない確認ポイントのひとつです。

忙しい時期かどうか調べる

大学生になると自分の時間が格段に増え、サークルやゼミ、バイトなど常に忙しい日々を送っている人も多くいます。何かに没頭している時や自分の時間を削って集中している時に他のことを考えろと言われても難しいものですよね。

相手が事前に忙しい時期かどうかを探っておくことも告白を成功させるためのコツ。周囲を巻き込んで彼の予定を聞き出すなどして忙しい時期を調べてみてください。告白成功の秘訣はタイミング。タイミングはとても重要です。

ふたりきりでも会話が弾む関係性を築く

告白をするといっても、仲が良くない段階でしてしまっては振られる可能性は大。
まずは相手との関係を築いて仲を深めていくことから始めましょう。仲のいいグループ内で相手に恋をしているのであれば、少しずつ自分の存在をアピールできるように話しかけてみたり、相手とふたりきりになれるチャンスを作ることが関係性を深めていくための第一歩。

また、バイト先でしている恋であれば、相手とシフトを同じ時間帯に組んでみたり、上がりの時間を偶然的に合わせて帰り道に話しかけたりすることから始めてみることもいいでしょう。”異性として”という接し方よりは最初は友達として接する方が相手からも不審がられなくていいかもしれません。

しかしここで注意しておきたいのが、友達以上に見られなくなるほど自分の素を出しすぎてはいけません。フレンドリーだけれど相手の前で見せる女性らしさは忘れずにいることが重要。

お互いのことを適度に知っておく

告白を成功させるためには少なからず相手も自分もお互いのことを適度に知っているべき。
どんな相手か分からないのに告白をOKする人はあまりいないでしょう。

たとえば共通点や趣味などを調べた上で、相手に親近感を持ってもらえるような話を振ってみたりするのもいいかもしれません。好きなアーティストやスポーツが同じであればそこで深い話まで持っていくことも出来ますし、相手からしてもお互い好きなことに関しての話題なので気を使うことなく、話しやすいので一緒にいて楽しいという印象を与えることができるかもしれません。

無理に相手に合わせるということではなく、自分が無理のない程度に相手との共通する部分を探して会話に取り入れてみたりするといいでしょう。

失敗したときのリスクを減らす

一世一代の告白は誰だって絶対に失敗したくないもの。失敗した時のリスクを減らすためにも今いるお互いの環境にも注意して見ておくようにするといいかもしれません。

たとえば同じサークル内の仲間であれば告白して玉砕してもサークル仲間として過ごす時間がこれからも続いていくため、気まずい思いをする可能性がありますよね。なので突然告白するというような大胆な行動は控えるであったり、少しずつ距離を縮めて言って最終的には相手から告白させるように仕向けられるようになれればこっちのもの。

距離が縮まったと思っていても、それはもしかしたら自分だけが思っていることかもしれません。そんな時は相手の周りから固めていくといいかも。相手にいま気になる人はいるのかをリサーチしてもらったり、相手の本音を聞き出すチャンスを逃すことなく少しずつ関係性を築いていくことで成功するチャンスは広がります。

無鉄砲に当たって砕けろ精神はもちろんNG。
自分の周りも味方につけて失敗のリスクを最小限に減らしましょう。

自分磨きで可愛くなる!大人っぽさを目指す

何と言ってもこの項目は告白成功のための大きなポイントです。人はまず視覚で相手の雰囲気や印象を判断します。その印象が相手にとって好意的であればもちろん成功する確率も高まっていくでしょう。自分磨きを頑張って相手の理想に近づけたりガラッと印象を変えていつもと違う自分を表現してみるのも、相手のあなたを見る印象が変わってくるでしょう。

または、少し背伸びをして大人っぽさを目指すのもいいかもしれません。男性にとって女性の見た目というのはもちろん恋愛に置ける重要事項。

自分磨きをしてなりたい自分になることで女性としての自信もつき一石二鳥です。また、自分磨きをしっかりしていると周りからも魅力的に見えて周りからの印象も変わっていくでしょう。

さりげなく好意をアピールしておく

好きな相手との会話や、やり取りの中でさりげなく好意をアピールすることも告白の成功率を高めるための秘訣。ただし”さりげなく”ということをしっかり理解しておくことが重要です。

相手への好意を少しだけ匂わせることが出来たら男性は「もしかして自分の好意があるのか?」と考え、それからあなたのことを考える時間や目で追ってしまうなどこれまでの関係が少しずつ変わっていくのです。

また、基本的に男性は追われるより追いかけたいと思っている人が多いです。あからさまな好意を感じると困惑してしまったり逃げたくなってしまう人もいるのであくまでさりげなくというところがポイントです。

たとえば、相手のいいところを人より早く見つけて褒めてみたり、相手があなたにしてくれたことに対して満面の笑みで感謝の気持ちを伝えるなど、男性の承認欲求を満たしてあげましょう。

男性は女性から頼られたい、認められたいという心理を常に持っています。そこを突いてアピールしてみるのもいいかもしれません。

告白を成功させたい大学生は上手くいきやすいタイミングを掴もう


告白する前の下準備をしっかり掴むことが出来たなら、次に確認しておきたいポイントは成功率を上げるためのタイミング。恋愛においてタイミングはとても大事。

人が恋に落ちる時はフィーリング、タイミング、ハプニングが重要と言われるように、告白するタイミングを計っておくことはとても大切です。

ハロウィンやクリスマスといった恋人が欲しくなるイベントの前

なぜかイベント前にカップルが増えるというのを身近で感じたことはありませんか?
イベント前は特に、周りの環境自体が男性も女性もパートナーが欲しいなと思うようなシチュエーションやイルミネーションを演出してくれるので抜群の時期なのです。

イベント前になると街や周りの環境が一気にカップル向けのモードに切り替わるのでそこが狙い目。

せっかくならイベント事もカップルになって迎えたいですよね。その時期を狙って告白をすると相手自身も彼女が欲しいと思っているのであれば成功率は上がると思います。

夏休み前もおすすめ

長期的な夏休みの前にも告白を決断するのはいい時期です。夏休みには音楽フェスや海、プールで開放感が溢れる時期、また花火大会などもありカップルにとって楽しめるイベントが盛りだくさん。

そんな楽しい出来事がたくさんの、しかも長期の休みにひとりで過ごすか、好きな人と過ごすかを考えると時間の使い方ももちろん変わってくるでしょうし、季節のイベント同様楽しいことが満載の時期に彼女が欲しいと思っている人は多いはず。

または長期の休み中に会えずにいると、もしかしたら相手が夏に新しい出会いをしていて新学期には恋人が出来ていたという可能性も!

そんな最悪な自体から逃れるためにもタイミングを逃す前に事前準備をしっかりして夏休み前に照準を合わせることもおすすめです。

相手が恋人と別れて少し経った頃

つい最近まで相手に恋人がいて別れた直後に告白をするのはNG。彼女と別れたばかりで相手の男性はそもそも恋愛モードに入っていないことがほとんどだと思うので、そんな時に告白しても成功する可能性は低いでしょう。

恋人と別れたことを事前に確認しておき、相手が次の恋愛に進もうとしているタイミングを見計らって距離を詰めてから告白に持っていくのがベターです。

相手が次の恋愛に進もうとしているタイミングを探る際も距離を縮める中でさりげなく聞き出してみたり周りの人に頼んでどんな心境なのかを聞き出してもらうのもひとつの手です。

ふたりで数回デートをしたとき

相手のことをそんなに知らない段階でいきなり告白をされても、いざ付き合おうという展開にはあまりならないですよね。

どんなにあなたが魅力的だったとしても、相手のことをよく知らないままでは簡単にOKの返事をすることは出来ない可能性の方が高いでしょうし、付き合う前には中身もしっかり見ておきたいと思うものですよね。

そのためには告白をする前にふたりきりでデートをすることが一番。ふたりきりでデートをすることで、自分のことを知ってもらい自分の魅力をアピールできるチャンスにも繋がります。

また、普段見ることのない相手の一面も見ることができるのでデートは1回ではなく数回して距離を縮めることで告白の成功率も上がっていくと思います。

相手が合コンに行くなどを出会いを求めているとき

相手が恋愛モードになっているときはチャンスです。出会いを求めているときは彼女が欲しいという証拠。そのタイミングを逃してしまっては告白する前に撃沈してしまう場合もあります。

相手が恋愛モードに入ったことを彼の友人経由で調べてもらい、その際に距離を一気に縮めていくのがいいでしょう。その前の事前準備としては、まず恋愛対象として彼に見てもらうために適度な関係性を築いておくこと。それから彼にアプローチしてみても遅くはないと思います。

入学してから3ヶ月

入学してからすぐはいろんな環境変化があるため生活に慣れるまでに自分の心に余裕がない場合が多いので出会ってすぐの告白や環境変化があってからすぐの告白はあまりおすすめしません。

ベストな告白のタイミングは入学してから3ヶ月経った頃がいいでしょう。大学生になってから新たなで出会いも落ち着き、友人関係も落ち着いた頃ですし、ちょうど夏休みの長期休みに入る前くらい。自分の時間も落ち着いた頃に告白を決意するといいかもしれません。

ただし思いを伝える前に彼自身の身の回りや忙しい状況ではないかをしっかり把握しておくことが最も重要です。

告白したい大学生におすすめのシチュエーション


いざ告白する際にはシチュエーションもとても大事。タイミングがバッチリでも場所が場所だと告白ムードも台無しですよね。告白を後押ししてくれるようなシチュエーションやロケーションをしっかり押さえておきましょう。

夜景や海などムードがある場所

告白を成功させる率をあげるためにもシチュエーションを味方につけて想いを伝えてみましょう。中でもおすすめなのが綺麗な夜景を見ている時や夕陽が眺められる海辺などムードがある場所。

ムードがある場所での告白は成功率も高まりやすい傾向にあります。デートの帰りやここぞというタイミングを見計らい、計画を立ててから伝えるのがムードが台無しにならずにいいでしょう。

試験などの山を乗り越えた後

試験や課題などが控えている前よりも終わった後の方がもちろん成功率も上がります。試験などを抱えている時はそもそも告白どころではないと感じる人も多いでしょうし空気が読めない子として判断されてしまう可能性も。

試験などの山を乗り越えた後であれば開放感からか前向きな返答がもらえる可能性も考えられるので試験や忙しい時期は避けるのがベスト。

祭りや文化祭などのイベント

祭りや文化祭などでのイベント時は気持ちも盛り上がり成功する率が格段に上がります。その場の雰囲気も楽しく、楽しさやワクワクの感情でアドレナリンが多く出る瞬間だと思うので告白されると相乗効果でよりドキドキも増すでしょう。

何よりお祭りや文化祭での告白というのは多くの人が思い描いている告白のシチュエーションのひとつですよね。自分でもそんな告白を受けたら嬉しくて告白に対して前向きに考えることが出来そうな素敵な瞬間。

その場で返事をもらわず後々お付き合いの方向に持っていけるような告白の仕方でも勝算がある告白のシチュエーションだと思います。

オシャレなBARでお酒を飲んでいるとき

おしゃれなバーはもちろん雰囲気も良く、素敵なムードで告白することが出来るでしょう。ただし、飲みすぎて泥酔したりしないこと、お酒の力を借りて伝えるのが精一杯だったなどお酒の場では一言付け加えて伝えるといいかもしれません。

または少しフランクなセリフで可愛く軽めに好意を伝えてみるのもいいかもしれません。彼自身もそこから意識しだして距離が縮まれば後日彼から逆に告白を受けることになる可能性も。

ドライブデートの帰り際

ドライブデートはカップルの定番。密室でふたりだけの空間はお互いがドキドキしてしまうシチュエーションですよね。ふたりしかいない密室空間にいる時の空気は独特なものがあり、告白によってはさらにドキドキが増すかもしれません。

いつも以上に緊張してしまい、とてもじゃないけれど気持ちを伝えることができない。という方もいるかもれませんが、ドライブデートをする際、男性は何とも思っていない子を隣に乗せることはほとんどないですよ。

その事を理解した上で思い切って伝えて見るのもいいかもしれません。ドライブデートの帰りに目を見てしっかり伝えてくれると相手も誠意を持って自分の気持ちを話してくれると思います。

大学の帰り道でふたりきりになったとき

人が多い大学内では人の目もあり、いざ告白する際には、大学内の人目がある場所は避けたほうがいいかもしれません。

たとえば一緒に帰る約束をし、ふたりきりになった時に帰り道歩いている時や公園によってベンチでたわいもない話をしている時にでも告白するシチュエーションとしては素敵です。いつもと違う雰囲気に新鮮さも感じられるでしょう。

大学生の告白を成功させるコツ


告白する前の事前準備、タイミングやベストなシチュエーションを確認したところで、最終的に告白を成功させるためのコツを伝授いたします。自分の決意が固まった際に参考にしてみてください。

直接想いを伝える

なんといっても、告白のベストは直接想いを伝えること。それが一番相手に伝わりやすいですし相手の心に響くものだと思います。

また、自分の想いを伝える際には、シンプル且つ簡潔に伝えるようにするといいでしょう。自分から告白をするなら想いの丈を全て伝え切りたい!と思う人もいるかもしれませんが、伝えたいことがありすぎて何を伝えたいのかが分からない告白よりも、ストレートにシンプルに伝える「好き」という言葉に勝るものはないと思います。

恥ずかしい気持ちもあると思いますが、相手に伝えたい好きと言う気持ちが伝わるように真剣に真っ直ぐにぶつけることで相手も一生懸命その告白に答えてくれるものですよ。

彼の好みのファッションで告白に臨む

一世一代の告白には彼の好みの服装やメイクで勝負すると、より成功率は上がるでしょう。いつもの格好ではなく自分の中で無理ない程度に彼の好みに近づけるようなファッションを心がけましょう。

彼自身、いつもと違うあなたに思わずときめいてしまうといった可能性ももちろんありますし、いつもと違うあなたを見てまさか自分のために?と嬉しい気持ちも湧き上がってくるかもしれません。

また場所、シチュエーションを考えた上でコーディネートを組むといいかもしれませんね。自分の自信が持てる範囲のファッションで勝負してみてください。

彼の友達とも仲良くなっておく

自分から告白をする時は誰だって相手の気持ちが自分に向いているのか確証が持てず不安になってしまうものですよね。だからこそ、出来れば彼の気持ちも少なからず知っておきたいところ。

そのためには彼の友達とも仲良くなっておきましょう。彼の友達と仲良くなっておくことで彼の最新の近況や気持ちを情報として受け取ることができるかもしれませんし、彼にさりげなくあなたの情報を伝えてくれたり協力してくれる強い味方になるかもしれません。

それによって告白の成功率もグッと上がるでしょうし、今後彼自身と接する上でも彼の友達の存在は欠かせないものだと思います。周りから固めていくことも告白を成功させるコツの一つです。

まとめ


今回は大学生だからこその告白成功に向けた必勝法をお伝えしてきました。
男性自身、女性から告白されると言うこと自体、純粋に嬉しく喜んでくれる人が多いです。
そこから相手を気になり出したりする人が多いのも事実。告白をするまでに下準備しておきたいことやタイミングをしっかり掴んでおくことはもちろん大事ですが、一番大切なことはあなた自身が伝えたい気持ち。

成功するためのプロセスをしっかり押さえてタイミングバッチリだなと思った時に自分の気持ちを相手にぶつけてみてください。皆さんの成功を祈っています。(moe/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事