2019.10.24

遠距離恋愛は辛いもの!心が折れそうなときに試すべきことって?

「会いたいときに会えない!」遠距離恋愛って辛いですよね。とくに女性は、遠距離恋愛をすると彼氏のことで頭がいっぱいになりがち。

遠距離恋愛で心が折れそうなとき、少しでも心を軽くするために試すべき対処法を心理カウンセラーがお伝えします。

遠距離恋愛が辛いと感じる瞬間って?


対処法をお伝えする前に、まずはどんなとき遠距離恋愛が辛いと感じるのか、そこからみてみましょう。

会えないまま数ヶ月経っているとき

遠距離恋愛で辛いのは、ふたりの距離の長さよりも、会えない時間の長さではないでしょうか?

遠距離恋愛でなくても、女性は彼に会える日を今か今かと待ちわびてしまうものです。ましてや数ヶ月も会えないとなると、待ちくたびれて心が折れそうになりますよね。

決められた期限があるのならなんとか待つこともできますが、次に会う日が明確でないと、より会えない辛さを感じてしまうでしょう。

まわりのカップルが楽しそうにしているとき

遠距離恋愛をしていると、まわりのカップルが楽しそうにしているのを見るのが辛いですよね。「私にも彼氏がいるのに…」と、嘆き悲しむこともあるでしょう。

まわりのカップルが手を繫いだりイチャイチャしているところを見ようものなら、彼に触れられないことの辛さがこみ上げてしまいますよね。

将来について考えたとき

遠距離恋愛が長くなればなるほど「このままで良いのだろうか?」「この先どうなるのだろう?」と、ふたりの将来が不安になることも。とくに、30歳を過ぎた頃から女性は急に焦り始めます。

遠距離でもなんとか愛を育んではいるものの、一向にプロポーズをする気配のない彼に不安を覚えてしまうケースは多いようです。

遠距離恋愛の感じ方

ほかのことで辛いとき

大学生と社会人では、遠距離恋愛の感じ方も異なるでしょう。

たとえば高校生の場合、転校や海外留学、あるいは親の離婚などによって遠距離恋愛となることが考えられます。いつも当たり前のように近くにいた彼が突然いなくなってしまうことは、人生経験も恋愛経験も少ない大学生にとっては受け入れ難いものでしょう。

社会人の場合、仕事で忙しく過ごすなど上手に気を紛らわすことで、遠距離恋愛を受け入れることが可能になるでしょう。

恋愛経験も学生時代より豊富なので、対処法を考えたりと大人の対応ができるようになるかもしれません。

遠距離恋愛が辛いときの対処法


それでは、遠距離恋愛が辛いときの対処法をお伝えしていきます。遠距離恋愛が辛いと嘆いている女性は必見です!

友人と遊びに行く

会えない人のことを想い続けると余計に辛くなるので、少し気分を変えてみましょう。いまの環境から離れ遊びに行ったり、旅行へいくのもよいでしょう。ひとりではどうしても彼氏のことばかり想ってしまうので、誰か相手が必要です。そんなとき頼りになるのは、やっぱり友人ですよね。

気心の知れた友人なら、あなたの遠距離恋愛の辛さを理解し、楽しい時間を過ごせるはず。そういう時間が、あなたの寂しさを埋めてくれるのです。

誰かに相談する

遠距離恋愛の辛さを誰かに相談し、吐き出しましょう。想いを吐き出すことでスッキリとし、気持ちも前向きになるはずです。

相談相手は、あなたがもしノイローゼ気味なのであれば、専門的な知識をもつ心理カウンセラーを。そうでない場合は、親友はもちろん、先輩や上司など人生経験が豊富で包容力のある人を選ぶのがいいでしょう。

内に秘め、苦しんでいるだけでは解決しないこともあります。思いつめてしまう前に、まずは誰かに気持ちを話してみてください。

彼に打ち明けてみる

遠距離恋愛の辛さを感じているのは、彼も同じかもしれません。思い切って、素直に遠距離恋愛の辛さを彼に打ち明けてみるのもいいでしょう。相談することで、彼も「同じ気持ちだったのか…」とわかり、会う努力をしてくれるかもしれません。

ただこのとき、気を付けなければならないことがあります。それは、わがままを言ってしまわないようにすることです。気持ちを打ち明けるのはいいことですが、「もっと会ってほしい」「もっと連絡がほしい」など、あなたの要望を述べるばかりでは彼を困らせてしまいます。

あくまでも彼の状況を理解した上で、「会えなくて寂しい」など気持ちを話すようにしましょう。

テレビ電話など顔を見ながらコミュニケーションを取る

メールや電話だけでなく、彼の顔を見て話をしたいものですよね。そんな遠距離恋愛に欠かせないのが、テレビ電話でしょう。

テレビ電話でのコミュニケーションは、文字や声だけではなかなか伝わらない心の動きも伝わりやすいです。お互いの時間が許す限り、しっかり目を見て話をする時間をつくりましょう。

思い出を振り返って幸せを実感する

遠距離恋愛の辛いことだけを考えるのは止めましょう。たくさん会えないからこそ、会えたときの幸せが大きいものですよね。そんな彼との楽しかった思い出を振り返ることで、会えなくても幸せを感じることができます。

日記のようなものを付けているなら読み返すのもいいですし、LINEでのふたりのやり取りを見返すのもいいかもしれません。思い出の写真もドキドキ感が蘇ってくるでしょう。

「次に会えたときは、こんな幸せな時間がまたやってくる!」とプラスに捉えることが大切です。

新しい趣味を見つける

寂しい気持ちを忘れるには、ほかのことに夢中になるのが近道。「最近〇〇にハマっているんだ」と彼にも報告しましょう。あなたのワクワク感や楽しさが伝わり、彼も喜んでくれるでしょう。

遠距離恋愛の辛さばかりを訴えてくる彼女より、新しいことに挑戦しハツラツとした彼女の方が彼も気が楽ですし、会う時間をつくってあげられない彼の負担も軽くなります。

新たな話題も生まれるので、次に会うのがもっと楽しみになるはずです。

仕事を頑張ったり自分磨きしたりする

仕事を頑張ったり自分磨きをするのも、オススメです。

仕事を頑張った日は、そのことを彼に報告してみましょう。忙しくしている彼なら、あなたの頑張りがいい刺激になり、離れていてもお互い励みになるでしょう。

また、魅力的な女性になるべく自分磨きをするのもいいでしょう。遠距離カップルは自分の時間がたっぷり取れるので、じっくりと自分磨きができるというメリットもあるのです。「会ったとき彼に褒められたい!」と気合いを入れてする自分磨きは楽しいものですよ。

外見の美しさを磨くだけではなく、内面の美しさを磨くのも大切なこと。仕事のスキルを上げたり趣味や特技を極めるなど、内面を磨くこともお忘れなく。

遠距離恋愛で辛いときに知っておきたいこと


遠距離恋愛で辛いときだからこそ、知っておきたいことがあります。あなたの視野を広げるために役立つことを、いくつかお伝えしておきます。

彼も寂しさを感じている

遠距離恋愛が辛いのは彼も同じです。意外にも男性の方が寂しがり屋だったりするものですが、男のプライドが「寂しい」と口に出すのを邪魔するのです。

ですので「寂しい!」と口に出すのは、ほどほどにしておきましょう。言ってもどうにもならないことを言うより、ふたりで楽しい話をしましょう。

ひとりぼっちではない

遠距離恋愛をしていると、ふと取り残されている感覚になることもありますよね。しかし、あなたは決してひとりではありません。彼氏はもちろん、友人や家族がいますよね?寂しいときは、側にいる誰かに頼ってもいいのです。

身近な人たちとスポーツ観戦や音楽ライブへ行くのもいいでしょう。遠距離恋愛の辛さを忘れさせてくれるはずです。

マイナス方向に考えすぎても意味がない

マイナス方向に考えすぎては、どんどん気持ちが暗くなってしまいます。ストレスが溜まりすぎると病気や怪我を引き起こしてしまうことだってあります。

たまには気分が沈むこともあるかもしれませんが、なるべく前向きな気持ちでいた方が、辛い遠距離恋愛を乗り越えるいいアイディアが浮かぶものですよ。

彼を責めても仕方がない

遠距離恋愛が辛いと、ついつい彼を責めてしまいたくなるかもしれませんが、それはNGです。彼はあなたの気持ちを理解できても、どうすることもできずにいるのです。それはあなたも同じでしょう。

遠距離恋愛でなければ、ときにはわがままを言っても「かわいいな」と思ってもらえるかもしれません。しかし遠距離恋愛だと、あなたのわがままが彼の重荷になりかねません。

彼を責めるのはやめて、ふたりで乗り越える気持ちを忘れないようにしましょう。

まとめ


遠距離恋愛が辛いと感じているなら、まずは彼のことを理解することが大切です。さらに、自分磨きや趣味に没頭するなどして彼を考えることを一度やめてみましょう。そうすることで、遠距離恋愛でも心に余裕を持つことができるはずです。
辛い遠距離恋愛を乗り越えた先には、彼と結婚なんてこともあるかもしれませんね。
そして会えた時には、たくさん彼に甘えましょう。(HIKARI/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事