2019.10.26

告白の仕方で男性の気持ちを掴むテクニック大公開

「ずっと好きだった男性が同じクラスにいます。女性なのに男性に告白をしてもいいのでしょうか?迷っています。もし告白するとしたら、男性の気持ちを掴むテクニックってありますか?教えてほしいです。」と、告白したくても迷っている女性高校生がいました。

意外にもイマドキの男性は、女性からの告白は「先に言ってもらって良かった!」と大歓迎のようです。草食男性が増えているのでしょう。

そこで、女性から告白するときの告白の仕方やテクニックを、心理カウンセラーが詳しく解説していきます。男性に告白したいけど、どうすれば良いのか?悩んでいる女性は必見です!

女性から告白された男性の気持ち


まず女性からの告白は、ほとんどの男性が「嬉しい」と思っているようです。しかしその逆に「嬉しくない」と思う男性もいます。この双方の気持ちと心理まで、詳しく解説していきたいと思います。

嬉しいと思う男性

女性から告白されて「嬉しい」と思う男性の気持ちと心理とはなにか。それは、イマドキの告白は男女関係なく女性から積極的に告白してほしいと思っているからなのです。なぜなら草食系男性が増えてきているから。シャイで内気、または人見知りの気持ちが消極性を生まれています。そのため、女性からの積極的な告白は大歓迎だからなのです。

嬉しくないと思う男性

では、女性から告白されて「嬉しくない」と思う男性の気持ちと心理どうでしょうか。プライドの高い男性は、告白は男らしく男性からしたいと思っています。同時に、主導権を握りたいと思っているため、嬉しくないと感じるのでしょう。また、逆に自信がない男性は、女性の積極性に圧倒されることで「嬉しくない」と感じます。

女性からの告白の仕方ランキング


次に、女性からの告白の仕方ランキングをご紹介します。

女性からの告白の仕方【直接会って告白】

女性からの告白の仕方で、なんといっても一番おすすめしたいのは、やはり王道の【直接会って告白】です。なぜなら相手の反応を見ることができて、自分の気持ちをストレートに表現できるからです。

相手の反応が想定外であってもその場で対処でき、いつまでも反応を待たなくて済むのがよいところだと思います。直の言葉と顔色で誤解も少なく、OKでもNOでもスピーディーに物事が進むのです。いつまでも気持ちを溜めなくていいところもメリットですね。

さらに展開によっては、告白から先に進むことも考えられます。相手も同じ気持ちだった、告白にOKが出たときには、身体を引き寄せられ抱きしめてくれたり、キスされることもあるかもしれません。これはもちろん直接会わないとできません。やはり直接会っての告白が無難に素敵だと思います。

女性からの告白の仕方【テレビ電話で告白】

女性からの告白の仕方で、遠くにいたり仕事が忙しいなどでなかなか会えない場合には、テレビ電話がオススメです。会って言えない分、相手の顔を見ながら告白することができるので、気持ちをしっかり伝えることができます。

身体に触れることはできませんが、相手の顔を見て告白することで相手の反応もわかります。その都度言葉を変えながらでも伝えてみてはいかがでしょうか。

女性からの告白の仕方【LINEで告白】

女性からの告白の仕方で、イマドキの学生なら【LINEで告白】もアリだと思います。「直接会って告白するのは恥ずかしいし、緊張して話せなくなりそうだから、LINEのほうがいいかな」という女性は多いのです。

たしかに慣れているLINEのほうが話しやすいのでしょう。しかし文章での告白になるので、相手も自分もその時の感情がわかりにくく、返信を待つのもツラいものがあります。「どんな顔をして読んでるの?なにを考えてるの?」と不安でいっぱいになります。

LINEで告白するのは、不安なことばかりではありません。すぐによい返事が返ってくることもあります。アドバイスとしては、LINEで告白して成功しても、後日ちゃんと直接告白しなおすのがポイントです。そのときはOKの返事をもらっていることもあり、伝えやすいと思います。しっかり目を見て気持ちを伝えましょう。

女性からの告白の仕方【手紙で告白】

女性からの告白の仕方で、LINEでもなくあえて古風に【手紙で告白】もあると思います。書いた文字に込められた想いが、相手にも伝わるような気がしますよね。手紙をもらったことのない男性は、きっと緊張で読む手が震えていると思います。

しかしLINEと同じく文章での告白になるので、相手も自分もそのときの感情がわかりにくいのが難点です。返信もLINEよりも時間がかかりますが、イマドキは手紙に手紙の返事ではなく、それこそLINEや電話の返事になると思われます。

この手紙のときも、告白してOKをもらった後日には、ちゃんと直接告白しなおすのがポイントです。手紙に書いたようなことでも直接言われれば、男性も嬉しいと思うこと間違いなし。

草食男性は「自分はとてもこんな手紙は書けない!告白してもらってよかった!」と胸をなでおろすことでしょう。

女性からの告白の仕方【友達に言ってもらう】

女性からの告白の仕方で【友達に言ってもらう】ことがあります。しかし、いくら言いにくいからと友達を使っての告白はやめたほうがよいでしょう。友達に言わせた告白は、男性が好意を持っていたとしても決してよい気分ではないのです。男性のせっかくの気持ちもしらけてしまい、お断りされるかもしれませんよ。

そのため、誤解やトラブルの原因にもなりかねないのでオススメしません。自分の気持ちは責任を持って自分で伝えましょう。どのような返事が返ってきても自分のせいなのですから。人に頼むような人は、失敗したときはその人のせいにしがちです。怖くても自分の気持ちを自分の口から言えれば、どんな結果になっても後悔は少ないと思いますよ。

女性から告白の切り出し方


それでは、女性から告白の切り出し方をご紹介します。

女性から告白【ちょっとふたりで話がしたい】

女性から告白の切り出し方として、直接言う場合は「ちょっとふたりで話がしたい」がよいと思います。相手も「もしや?」と構えてくれると思うので、話が進みやすいでしょう。

しかしこのとき「時間がない!」とか、その場で「なに?」と聞いてくるようでは、脈なしの可能性もあります。このようにふたりで会おうとせず、話が進まないようなら、単刀直入に「彼女いるの?」と聞いてみてもいいかもしれません。

そして相手の口から彼女の存在が出てきたら、告白はしないで諦めましょう。

女性から告白【ちょっと会える?】

女性から告白の切り出し方として、LINEで呼び出す場合に「ちょっと会える?」は効果的だと思います。気軽に聞くことで相手も気軽に会ってくれるでしょう。

いつものLINEのやり取りで「ちょっと会える?」は聞いたことがないので、「もしや?」と相手が思ってくれたら、それはそれで話しやすくなると思います。


女性から告白【付き合ってる人いる?】

女性から告白の切り出し方で、相手に特定の人がいるのか知らないときは、単刀直入に「付き合ってる人いる?」と聞いてみてもいいでしょう。ほかに女性がいるかいないかは一番肝心なことです。なので告白の前にわからなかったらちゃんと聞いておきましょう。

そして「付き合ってる人いる」と返事が返ってきたら、告白はしないで潔く諦めましょう。
決して割り込んだりしてはいけません。

女性から告白【私の気持ちを聞いてください】

女性から告白の切り出し方で「私の気持ちを聞いてください」と、告白しますと宣言布告して相手に悟らせる方法も良いでしょう。さすがに「私の気持ちを聞いてください」は男性もドキッとすると思います。

それを言われた男性は、まず告白を身構えることでしょう。相手の男性も同じ気持ちなら、嬉しくドキドキして告白の言葉を待ちます。しかし違う気持ちの場合、男性は「厄介なことになりそうだ......」と違った意味でドキドキして待つことでしょう。

女性から告白するために選ぶ場所


そして、女性から告白するために選ぶ場所を、詳しくご紹介していきます。

女性から告白の仕方【ふたりきりになれる場所】

女性から告白するために選ぶ場所として【ふたりきりになれる場所】がやはりベストでしょう。それも夜がオススメ。なぜなら日中の躍動的に比べ、夜は感情的になり急に寂しくなったりするからです。

それを踏まえると【ふたりきりになれる場所】として夜景が見えるスポットがよいですね。車でドライブをして、夜景の見える場所で停めてもらい、その後の告白も素敵です。中高生だったら自転車で移動できる距離の高台の公園や遊園地の観覧車など。夜景の見える場所を予めリサーチしておきましょう。

女性から告白の仕方【別れ際】

女性から告白するために選ぶ場所として、仕事帰りや学校帰りの【別れ際】もアリです。「ちょっと話あるんだけど、いいかな?」と切り出してみてもいいかもしれません。急ぐ用事があり日を改めてもらうことになっても、それはそれで構えてくれるので良いと思います。

相手は「話ってなんだろう?もしかして...…」と思います。相手も同じ気持ちならばワクワクして待つでしょう。逆に、気がなければLINEで「話ってなに?」で済まされるかも。そのときの相手の様子で、自分に気があるかないか判断できると思います。

そういうことまで想定し、気がないところで告白してこっちを向かせることもできなくないのです。LINEで話がなにか聞かれても「会って話がしたい!」と、直接会ってしっかり自分の気持ちを伝えましょう。

女性から告白の仕方【イベントの日】

女性から告白するために選ぶ場所として、誕生日やバレンタイン、クリスマスなどの【イベントの日】は告白しやすいと思います。むしろ絶好のチャンスですね。

誕生日の場合は「誕生日プレゼントを渡したいから、会ってくれる?」と呼び出し、プレゼントを渡しながら話を告白へ持っていくとよいでしょう。

バレンタインはまさに女性から告白の日なので、この日を使わない手はないですよね。手作りのチョコレートも気持ちがこもっていてよいでしょう。あえて「義理チョコではないからね!」と渡すのも、相手がハッとしてよいと思います。

その後に相手から「チョコありがとう!」のLINEとともに、好意を示してくれるような内容がくれば成功です!しかし「ありがとう」もなければ、そこまでだと思ったほうがよいかもしれません。

クリスマスの場合は、半月ぐらい前から「クリスマスプレゼントを用意したいんだけどなにがいい?」あるいは「クリスマスプレゼントを用意して渡したいんだけど、いつ渡したらいい?」とか聞いておきましょう。

そのとき彼女がいれば大事なイベントなので「もう予定が入ってる!」と、言ってくるでしょう。彼女がいなければ「この子とクリスマスもアリかな?」と考えます。
プレゼントとともに告白があるかもと男性は考えています。告白が成功すればよいクリスマスを迎えることができるでしょう。

女性から告白の仕方【場所にはこだわらない】

女性から告白するために選ぶ場所として、【場所にはこだわらない】のもアリだと思います。女性が告白される場合は雰囲気にこだわりがちです。しかし男性、特に草食系男性は告白される場所にこだわらないようです。

直接ちゃんと顔をみて告白してくれれば、場所がどこであろうと十分と思っている男性は多いと思われます。場所はどこでも意を決して告白した女性に対して、男性は男らしいところを見せてほしいものですね。

女性は告白の仕方だけじゃなくファッションも


さらに、女性は告白の仕方だけじゃなくファッションも大事になってきます。
その告白のときのファッションについて、詳しくご紹介していきます。

いつもより、少しだけお洒落

女性が告白するときのファッションで、普段相手と私服で会う機会が多いなら、いつもよりオシャレを意識し、少し化粧を変えてみるのもいいでしょう。いつもカジュアルな格好で髪もひとつにまとめ、化粧もほぼノーメイク......そんな女性も、告白のときは少しでもオシャレを意識してみてください。

服装はいつもと同じでも、いつもまとめ髪だったのがサラサラロングヘア、ノーメイクがマスカラと淡いピンクのチークと口紅の化粧。相手はいつも見たことのないスタイルに「かわいい......」となり、ドキドキすることは間違いないでしょう。

好みを知っていたら男性の好みに合わせる

女性が告白するときのファッションで、男性の好みを知っていたら、その好みに合わせるのが良いでしょう。普段から「どんなスタイルの女性が好みなの?」「芸能人では、誰のファン?」って、さりげなく相手の好み聞いておくのもいいですね。

すっかり好みの服でなくても、近いものを選ぶだけで男性はグッとくると思います。そのスタイルを見ただけでも「もしかして俺のこと好きなのかな?」って感じるかもしれません。そうなると話は早いですね。

ギャップで勝負

女性が告白するときのファッションで、仕事中はパンツスーツのバリバリのキャリアウーマンも、ギャップで勝負したら成功率アップは間違いないと思います。パンツスタイルしか見せていない女性が、巻き髪のスカートスタイル。女性を意識したエレガントなスタイルで現れたらどうでしょうか。

見違えるほどの美しさに男性は、驚きと同時に一目惚れ状態になると思います。そこで女性から告白をされたら、きっとOKと言ってくれるでしょう。勢いあまって抱きしめてキスまでしてくれるかもしれません。

ひとつ気を付けたいポイントとして、告白の時に女性らしい服装を意識するあまり、露出が多い服を使わないようにしましょう。露出が多い服は逆効果になりかねません。気を付けましょう。

清楚な感じがベスト

女性が告白するときのファッションは、清楚な感じがベストだと思います。 カラフルな色調が自分の好みでも、全体的に清楚な感じに仕上げるのが無難です。なぜなら、清楚な女性らしい感じはどの男性も好きだからです。

ヘアスタイルも、サラサラの髪を自然に下ろし、メイクをいつものナチュラルメイクにマスカラと薄っすらピンク系のチークとリップで仕上げます。さらにアクセサリーも小さめのピアスにプチネックレスぐらいで良いでしょう。これで清楚感が溢れていますよね。

まとめ


意中の男性の気持ちを掴むテクニックとして女性の告白の仕方では、相手に合わせた言葉やタイミング・服装がとても大事だということがわかったと思います。

これまでの解説やご紹介を参考に、相手に合わせた告白の仕方をチョイスして勇気を出して告白してみましょう。

まずは相手に彼女はいないのか?を聞くことから始め、趣味趣向をリサーチをしてから告白に向けてしっかり計画を立てましょう。半分以上の男性が女性からの告白を受け入れてくれるようです。(HIKARI/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事