2019.11.24

恋愛で不安になるときどうすればいい?不安を消す15の対処法&考え方

恋愛ができない訳じゃない、恋人ができない訳じゃないのに、いつも不安になってしまう癖が付いているせいで恋愛が上手くいかない人って案外多いものです。

せっかく付き合うことになった好きな人との関係を「不安」のせいで壊してしまうのはもったいないですよね。

今回はそんな「彼氏に対する不安」の解消法についてご紹介していきます。不安は「自分の自信のなさ」が原因です。

自分自身と向き合い、「自分の良さを認める」ことで、恋愛だけではなく人生そのものが通りやすくなるでしょう!ぜひ参考にしてみてください。

恋愛でどうしても不安になるのは私だけ?


いいえ。多くの人が恋愛をすることで不安がでてくるケースがあります。

ひとりでいるときよりも、自分を受け入れてくれる相手が存在することで「失いたくない人」が現れるせいです。失いたくないからこそ自分の欠点が目につき、そのせいで失ってしまうのではないかという不安が出てしまうのです。

これは特別なことではなく、人であれば誰もが大なり小なり経験することでもあるのです。

大体の人が不安や自信のなさがある

自分に自信があれば「恋人を失うかもしれない」という不安は起きにくくなるでしょう。
恋人として彼を満足させられるだけの自信、そして「愛されている実感」があれば、不安なんてそうそう起きません。

しかし、そこまで自信の持てる人はほんの人握り。最初は好きな人と一緒にいられることに幸せを感じ、テンションも盛り上がります。しかし、時間が経つに連れて冷静な気持ちが「このまま一緒にいられるのか……」という不安を煽ってしまうのです。

不安をどう飼いならすか

誰しもが抱える可能性のある「恋愛の不安」。

それでも長く楽しい関係を作っている人はたくさんいます。不安が原因で別れることになってしまう人、不安があっても関係を継続できる人、その差は「不安のコントロールの仕方」に差があるのです。

自信のなさをひとつずつ改善させること、もしくは自信のある部分を全面的に見ることといったように、心を飼いならす意識を持つことが大きな差を生み出します。

恋愛で不安になるときに相手にしてはいけないこと


どんなに不安になったとしても、「これだけはしていけない!」というNG行動5選をご紹介します。

どれも女性ならではの心理が働かせる言動ですので、意識して自分にストップをかける必要があるでしょう。

無理なわがままを言う

大切にされているかの確認をしたい気持ちから、無理なわがままを言う女性もいますが、これは男性に嫌われるパターン。

不安からの行動であっても理解されることなく、「ただ厄介なわがまま女」と認識されてしまい結果的に離れていってしまう可能性が高めです。

ヒステリックに責める

女性のヒステリックは男性が最も嫌う「女の嫌な部分」でもあります。ヒステリックな姿を見ることで気持ちを一気に冷めさせてしまう危険があるので要注意です。

急に泣き出す

男性の気持ちが追いつかないので、急に泣き出すのはNGですね。情緒不安定な姿に「面倒くさい」気持ちを発動させてしまいます。

きつすぎる束縛

不安ゆえに束縛をしてしまう傾向がある人もいますが、これもNG。男性は束縛されることを嫌い、「解放」を求めて他の女性に目移りしやすい環境になります。

スマホチェック

恋人のスマホを見て良いことは何もありません。また、勝手に見たことを知られることで「彼からの信頼」を失ってしまうでしょう。

恋愛で不安になるときの15の対処法&考え方


人が不安を抱えるときには、何かしらの原因があります。
それは状況や個々の性格によって異なってきますので、明確に「こうすれば大丈夫!」と断言できる解消法はありません。

しかし、恋愛において不安になる15の対処法と考え方を把握し、自分の性格や状況に合わせて向き合っていくことで不安解消の大きなきっかけになることもあるのです。

1.不安の原因を明確にする

まず初めに1番大事なことですね。自分が「どんなことに対して不安を持っているのか」の原因を追求するのです。ルックスへの自信のなさなのか、内面での自信のなさなのか。原因を明確にすることで必然的に「対処法」が見えてきます。

2.自分磨きをして自分に自信を持つ

手っ取り早く人が自信を持つ手段が「自分磨き」です。
スタイルや肌質、髪質、ファッションセンスといった外見磨きに加え、趣味や仕事などで資格を取るような内面磨きですね。何か1つでも「自分にはこれがある」と思えるような自信を持つことができれば、不安の影も薄くなるでしょう。

3.相手を信用する

恋愛中にでる不安の深層心理は「相手を信用していない」こともあります。信じていないからこそ離れてしまう不安が付きまとうのです。このことを自覚し、意識して「彼を信用してみる」努力をするのもおススメです。

4.安心できる言動を彼氏にお願いしてみる

不安になったときに「行ってもらいたい言葉」はあるでしょう。この言葉を言ってもらえたら安心するというようなワードがあるのであれば、彼にお願いして言ってもらうのも1つの改善策です。

5.自分は彼女だから堂々としていてOK

他の女性に彼を盗られるのではないかという不安がある場合。
いま、彼が彼女として選んでいるのは自分であるということを自覚し、自信を持って堂々とした気持ちを心掛けるようにしてみてください。

彼女なのにオロオロしているようでは彼も楽しい気持ちにはなれません。

6.美人も女優もすべての恋が上手くいくわけではない

外見さえよければ恋愛が上手くいくものではありません。これは確信して断言できること。

どんなに美人の芸能人でも恋愛に失敗して酷い末路をたどっているワイドショーを見た経験がある人は多いはず。
恋愛は「外見がすべて」ではないものなのです。誰でも失敗し落ち込み、そしてそこから這い上がってまた新しい恋愛に進む。恋愛とはそういうものです。

7.自己完結せずに悩みをつたえてみる

不安を持ってしまう人は、そんな自分のネガティブな性格を把握している人が多いですね。そのため、彼に嫌われたくない一心から「悩みを自己完結」して抑え込んでしまう人も少なくありません。

抑え込んでも未解決の悩みは…いつまでも心のどこかでくすぶる不安材料として残ってしまいます。不安の種を作らないためにも、悩みが合ったら素直に彼に伝えることも不安防止の手段となります。

8.友達に電話して話す

不安になるときは「ひとりの時間」があるとき。ひとりでいるときに出てくる不安は、初めは小さなものだったにも関わらず、いつのまにか大きくなってしまうこともあります。少しでも不安を作らないために、友達と電話して話す時間を作るのもおススメ。

9.相手の立場になってみる

恋愛はふたりでするものです。不安になるということは「自分本意の考え」であって、彼との共通意識ではないはず。

自分のことばかり考えることで不安は起きやすくなるので、いったん自分のことを置いておき、彼の立場になった考えを意識してみるのもいいですね。

10.漫画や映画でハッピーエンドの恋愛作品をみる

ハッピーエンドの話を見ることで「幸せの疑似体験」に似た感覚を持つことができ、自分の恋愛に置き換えることで…不安な気持ちを考えるよりも、幸せな結末を考える意識が芽生えます。

11.不安になる理由をノートに書き出してみる

頭では分かっていても、その時の感情や状況により不安が出たり消えたり、増えたりします。頭の中が散らかっていることで不安の原因も見えにくくなり、改善策が見つからなくなることも。

自分の感情を整理する方法として「ノートに書き出す」手段があります。不安になり理由を書き出してノートの中で整理を付けることで、自然と頭の中も整理され「闇雲な不安に襲われるリスク」を減らすことができるでしょう。

12.恋愛以外で上手くいっていないことがないかおもいかえしてみる

恋愛に不安を持つ人の原因として、「恋愛以外で上手くいっていないことがある」場合もあります。恋愛以外に不安や不満があると、問題の起きていない恋愛に対しても自信がなくなり、不安が出てくることもあるのです。恋愛以外に上手くいっていないことがあれば、まずはそこから解決していくのも不安解消法になるはずです。

13.相手の気持ちと自分の気持ちが釣り合っているか考える

相手への気持ち、自分の気持ちに温度差があることで不安が出やすい状況になることもあります。ふたりの関係を見直してみて、気持ちに釣り合いが取れているか確認してみましょう。

もし、そこに釣り合いが取れていない状態であれば、相手の気持ちレベルに合わせる努力をすることで不安を少なくさせる可能性が見えてきます。

14.勝手に我慢して勝手に怒らないようにする

恋愛では我慢が必要な場面もあります。しかし、女性に多く見られるのが「勝手に我慢して、勝手に怒る」という何とも身勝手で矛盾した行動。勝手に我慢したのに、結果的に我慢できなくなって勝手に怒る。

こんな感情の出し方を繰り返していれば、心が不安定になりやすく、不安も出やすい環境になってしまうので要注意です。自分だけで何とかしようとするのではなく、彼へ相談することも不安をなくすために大切なポイントであることを把握しましょう。

15.自分のよいところを褒めてあげる

誰にでも欠点はありますが、誰にでも「よいところ」はあります。自分の欠点ばかり見ることで不安は大きくなるもの。逆の発想として「自分のよいところ」を探し、自分で褒めてあげる習慣を付けましょう。欠点より長所を見ている方が…明るい考え方をできる人になれるのですから!

まとめ


恋愛をしているときに不安になることは、あなたひとりの話ではありません。
何も特別なことなんてないのです。失いたくない人ができれば不安がでるのも当たり前のこと。無理に不安にならないように努力したり、不安な気持ちを無視して進もうとするのはよくありません。

抑えきれない感情であり、抑えれば抑えるほどに大きな不安となって返ってきてしまうものなのですから。不安を少しでも減らすために、自分の心をコントロールして飼いならすことを意識した生活を送ってみましょう。最初は上手くいかずに余計に混乱してしまうこともあるかと思いますが、これは「慣れ」です。

毎日の意識改革を持って進んでいくことで、少しずつ心をコントロールできるようになるでしょう。「不安は起きるのが当たり前」ということを前提に、前向きな考え方を持って付き合う意識を持てれば、不安が原因で分かれる結果になるリスクを大きく減らすことができるはずです!

恋愛中に不安になってしまっても自分を信じて、彼との未来を明るいものに変えていきましょう!(沢田七海/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事