2019.11.24

もっと甘えてほしい!頼ってほしい!彼氏にもっと「かわいい」面を見せてもらうには?

どうもあかりです。
彼氏があまり自分に対して悩みを打ち明けてくれなかったり、また自分の前で甘える姿を見せてくれず、「正直、複雑……。かわいい姿もたまには見たいんだけどな……」的な気持ちになったことがある人も多いのではないでしょうか。

彼女としては、彼氏の弱くてかわいらしい面も見せてもらえるような存在でありたいですよね。

そこで今回は、彼に対して「もっと甘えてほしい!頼ってほしい!」と思うそこのあなたのために、彼氏にもっと「かわいい」面を見せてもらうためのアイデアをご紹介していきたいと思います。

まずは基礎編として、どうして男子はなかなか彼女に「かわいい」面を見せないのか、そもそもどうして「かわいい」面を見せてもらうことって大切なのか、について触れていこうと思います。

まず大前提として、どうして男子はなかなか彼女に「かわいい」面を見せないの?という点について触れていきましょう。

これに対する答えはとてもシンプルで、男性はほとんどが「男は彼女の前ではとにかく常にかっこよくあるべき」と思ってしまっているからです。

でもそれは仕方がないことかもしれません。
ドラマや映画を見ても、基本的にそこに登場する男性は、常に女性を「守る側」であり、弱弱しい一面を見せることはありませんから。

そういった影響もあり「男性は女性を守るもの」と学んだ彼らが、「かわいい彼氏なんてダサい」と考えてしまっていても仕方がありません。

後述しますが、私たちとしては、まずは彼氏のこの認識を改めてもらう必要があります。

「彼女には自分のかわいい面を見せてもいいんだ」から始まり、最終的には、「かわいい面を見せたほうがいいんだ」という認識に持っていきたい。

みなさんのなかには、「彼氏はかっこいい面だけを見せてくれればそれでいいのでは?」と思いの方もいらっしゃるかもしれません。

たしかに、男性たるもの「かっこよさ」は少なからず重要ですよね。こういうことを言うのは時代的に、あまりよろしくないのかもしれませんけど、実際問題、「かっこいい要素ゼロ」の男性に惚れる人ってあまりいないと思うので、きれいごとを言ったって仕方ありません。

そして先ほどお話ししたとおり、実際に、男性たちは「かわいいよりも、かっこよくいた方がいい」と思っています。
改まって考えてみると、どうして彼氏にかっこよくいてもらうだけじゃいけないのでしょうか?本来、彼氏彼女というのは対等な立場で支え合っていくべき関係です。
それにもかかわらず、彼女だけ、彼氏に対して悩み相談や甘えることをしていて、彼氏が彼女に対してそういうことを全然しなかったとしたら、どういうことが起きるでしょうか。

明らかに、いびつな関係になってしまうのです。
仮に彼氏が彼女の前では常にかっこよくいられたとします。
それでも結局、彼氏だって「相談相手」や「甘えられる存在」が必要なことには変わりがありません。

つまり、彼女に悩みを相談したり、彼女に対して甘えることができない関係になってしまうと、彼女以外の異性にその穴を埋め合わせてもらおうと考えてしまうのです。

以前、知人男性に対して「どうして彼女のことそんなに好きなのに、セフレが必要なの?」と聞いたところ、こんな答えが返ってきたのを覚えています。
「彼女はすごくかわいくて、大好きだけど、明らかに俺にかっこよくいてほしいと思ってるのが伝わってくるから、それがたまに窮屈に感じる。セフレの子は、正直好きのレベルは彼女には全然劣るけど、肩の力を抜いて接することができる。ベッドの中で、彼女との関係、仕事やプライベートのこととかを腹を割って相談できるのがちょうどいい息抜きになってるから、自分のバランスを保つために必要」

もちろん、彼女の前でかっこよくしかいられない男性全員がセフレを持ちたがるとまでは言えません。ひょっとしたらセフレじゃなくて、ただの女友達かもしれませんし、同性の親友かもしれません。

ですが、どんな関係であっても「腹を割って話せる相手」が彼女である、あなた自身ではないことって悔しくないでしょうか。

本当なら、そういう話ができる存在でいてこそ、「本当に大切な人」と呼べるはずなのに……。では以上を踏まえて、実践編にいってみようと思います。

基礎編でもお話ししたとおり男性はほとんどが「男は彼女の前ではとにかく常にかっこよくあるべき」と思ってしまっています。その認識を改めて「彼女には、弱い部分を見せてもいいんだ」と思ってもらう必要があります。

そのために、あなたが彼氏に「好きなところ」を伝えるときに、「顔がイケメン」とか「やさしいところ」とか「いつでも相談に乗ってくれて、頼れるところ」とかばかりを言ってしまっていては仕方がありません。

むしろ積極的に、「普段みんなの前ではクールなのに、私の前だとすごく甘えてくれるところ」とか「相談とか悩みとかを気軽に打ち明けてくれて、私のことを信頼してくれてるんだなって感じられるところ」とかも「好きなところ」として伝えてあげましょう。

そうやって彼に「彼女は、そういう面を見せることも求めてるんだな」とわかってもらえ、だんだんと彼はあなたに対してかわいい面を見せることに抵抗がなくなっていくはずです。

また、「あなたのここが好き」という伝え方に限らず、「女性って『かわいい男子』が好きなのに、男は全然女の子のことがわかってないよね~」みたいに、あくまで一般論として伝えてあげるのも、彼の認識を変えてあげるために有効です。

基本的に、カップルはお互いを真似し合う関係性です。
どちらかが愛情表現が豊富だと、相手もそれに釣られて愛情表現が豊富になるし、逆も然りです。だから自分が浮気をすると、相手にも浮気されやすくなったりもします。

同様に、彼女が彼氏に対して自分から積極的に甘える、相談する、頼るという行動をとっていると、彼も自然と「俺もそうやっていいんだな」と考えるようになって、次第に彼女の行動を真似するようになります。

まずは自分自身が彼に対してかわいい面を見せることをためらわないようにしてあげましょう。

そして自分が悩み事を聞いてもらったり、相談に乗ってもらったりしたあとには、「ありがとう」のついでに「あなたも何かあったら、いつでも私に話てね」と自然に誘導をしておいてあげるのです。

また、「彼女の前ではかっこよくいないと」と思っている男性であっても、多少は彼女に対して「かわいい」面を見せてはいます。

そこまで露骨に弱弱しい感じには見えないかもしれないけど、ちょっとした仕事の相談やプライベートの愚痴をこぼして、それに対して彼女がどういう反応をしてくるかを確かめています。

そこで彼女が「私、よくわかんないよ」「うーん、まあそういうことあるよね」的な、あんまり彼に対して共感をしてあげていないような反応をすると、彼は「そっか、彼女は俺がこういう話をするのあんまり嬉しくないんだね」と思って、それ以降、彼女に対してかわいい面を見せるのを控えるようになってしまう。

「かわいい」の芽を摘んでしまっているんです。なので彼女としては、彼がこういう小さな「かわいい」を見せてくれたとき、それをおざなりにしないで、真摯に寄り沿ってあげることです。

どんな男性だって、いきなり彼女に対して全力で甘えたり、超深刻な悩み相談をすることはありません。

むしろはじめは10~20%くらいの軽めの相談から入り、「甘えてよさそう」「弱い部分見せてもよさそう」と感じたら、次第にその度合いを強めていくものです。
そういう小さなきっかけをおろそかにしないで、ちゃんと逐一彼に「かわいい部分、見せてもいいよ」というメッセージを伝えていってあげることが大切ですね。

最後に、彼にかわいい面を見せてもらうための必殺技をご紹介しておきます。
それは「なでなで」してあげることです。

どんなにかっこつけている男性でも、彼女に頭をなでなでされることには敵いません。それだけ「彼女の前ではかっこよくいなければ」という心の鎧がほどけます。

仕事で疲れていそうなとき。何かよくわからないけど何かしらで悩んでいそうなとき。彼の隣に座って、頭をなでなでしてあげるだけで、きっと彼はあなたに「かわいい」を見せてくれるようになるはずです。

結局、相手に対してかわいい面を見せることができるというのは、その相手を信頼している証です。

反対に、いくら好きでも、自分の弱い面を見せることができない相手に対しては、本当の意味で信頼しているとはいえません。「彼がいつもかっこよくいてくれる」

これは一見素晴らしくて頼もしいことのように見えますが、実は本音のところでは、彼はあなたのことを本当の意味で信頼することができていないのかもしれない。あなた以外の人を信頼して、弱い部分を見せているのかもしれない。

ぜひ、「私の彼は、かっこいいし、かわいいよ」と思えるような彼女になりたいものです。(遣水あかり/ライター)


(ハウコレ編集部)

関連記事