2019.12.17

社会人の出会いの場所はどこ?出会いに繋がるためのコツや初対面のモテテクとは

社会人になってから、出会いがなくて全然彼氏ができないとお悩みの女性はかなり多いのではないでしょうか?確かに一日のほとんどの時間を職場で過ごしているわけだし、職場以外で誰かと出会う機会ってぐんと減っちゃいますよね。

しかし出会いがないからといって、何も行動しないままではずっとひとりのまま。素敵な彼氏を作りたいのなら、思い切って出会いの場に出向いてみることも必要です。

今回は出会いの少ない社会人でも、素敵な人と出会える出会いの場所についてお話していきます!

学生時代、バイト先で彼氏ができるというのはよくある話でしたよね。
社会人になってから出会いを探すにあたって、一番身近なのはやはり職場で出会いを探すことですが、職場に同性しかいなかったり、同じ職場で恋愛関係になるとあとあと気まずくなることを恐れて異性がいても恋愛対象として見られなかったりして、職場に出会いを求めるのは難しいこともあります。

だからといってプライベートで出会いがあるかといえばそう都合よく出会いなんて転がってはいませんし、出会いの場所に自ら出向いたり、行動を起こさなければなかなか出会えないというのが現実なのではないでしょうか。

ここ数年で社会人のための出会いの場所はどんどん増えています。自分に合った出会いの場所を見つけるためには、その出会いの場所がまずどのようなところなのかを調べるところから始めましょう。

社会人の出会いの場として今とても人気なのが、街コンや婚活パーティーです。ここからは街コンや婚活パーティーとは一体どのような出会いの場なのか、そしてどんな街コンや婚活パーティーを選べば良いのかを解説していきます。

街コンや婚活パーティーとは

街コンとは、街ぐるみで行われる大型の合コンイベントのこと。出会いの他にも地域活性化を目的としていて、自治体が支援しているものがあったり、地域の飲食店を貸切って行い、同じ地域に住む人同士の出会いを促進させることで未婚率増加や、少子化の対策にも結びつくと言われています。

婚活パーティーとは出会いを求める男女が集まるという点では街コンと同じですが、あまり地域に関係なく出席できて、イベント企業が主催しているものが多いでしょう。席替えしながらひとりずつと話をした上で、パーティーの最後に男女ともに好みの相手を書き、お互いに合えばカップルが誕生するシステムがあったりするのも婚活パーティーならでは。

街コンと婚活パーティーはどちらも社会人の出会いの場としてはとても人気があります。必ずしも恋愛に発展する相手が見つかるとは限りませんが、街コンや婚活パーティーで出会ったことがきっかけで恋愛に発展することも大いにあります。

最近は街コンや婚活パーティーの種類もどんどん増えていて、パーティーやコンパといえば大人数が集まるイメージがあるからちょっと苦手という人は、個室で行われる少人数制のものを選ぶこともできますし、他にも共通の趣味の人が集まる趣味コンなど、年齢や趣味など自分の好みの相手がいそうなコンパを選べるので、より自分に合った相手を探すことができます。

街コンや婚活パーティーの選び方

街コンや婚活パーティーを選ぶとき、まずは自分がどのような形態のコンパ、パーティーが良いのかを自分の中で決めてから選ぶようにしましょう。街コンや婚活パーティーには沢山の種類があります。大人数が集まるものが良いのか、1対1が良いのか、立席でも良いか着席が良いかなど、まずはざっくりと自分の中で決めておくと選びやすいですね。

また、趣味コンならば、スポーツや音楽、読書などでジャンル分けされていることが多いので、自分の好きなジャンルに参加すると良いでしょう。

ひとりで参加するのが心細ければ、友達と一緒に複数人で参加できるものもあります。ただ友達と参加するときは、男性の好みが被らない友達と行った方が良いですね。

街コンや婚活パーティーは、主催者が信頼できる企業や団体であるところのものを選ばないと、管理がしっかりできていないこともあるので、ネットで口コミを確認してから申し込むようにしましょう。

街コンや婚活パーティー以外にも、社会人におすすめの出会いの場所は沢山あります。

職場

職場での出会いといえば同僚だけど、全然異性の同僚がいなかったり、みんな既婚者だったりして全然見込みがない……と諦めるのはまだ早い!職場には同僚以外にも出会いがあるんです。

たとえば上司や後輩、取引先のお客様、もしかしたら職場に来る配達業者の人なども可能性があります。また、職場にいる人が誰か素敵な人を紹介してくれることもあるので気は抜けませんね。

マッチングアプリ

昔は出会い系サイトと呼ばれていたものが、最近ではマッチングアプリと呼ばれるようになって、昔よりも手軽に利用する人が増えています。

マッチングアプリは住んでいる場所や趣味、職種、年収、休日の過ごし方など、自分の好みに合う人をプロフィールで選ぶことができますし、人の少ない田舎に住んでいる人でも出会いを探すことができます。出会いの場に行く時間のない社会人にも、通勤や休憩時間などを利用して出会いを探せるので便利ですね。

ただ、マッチングアプリにも出会い系サイトと呼ばれていた頃のように危険性はありますし、ちゃんとした出会いというより身体目的の人が多く利用しているのも事実です。
顔が見えないアプリでの出会いだからこそ、きちんと相手を見極めることが大事になってきます。

友人の紹介

信頼できる友人からの紹介で出会うというのもおすすめです。友人の紹介であれば身元もわかっていますし、事前にどんな人なのか聞いておくこともできます。また、友人が自分のタイプを把握してくれている場合はタイプの人を紹介してもらえる期待大。

ただ紹介してくれた友人の手前、紹介して貰った人との関係がこじれると気まずい思いをすることもあります。

飲み会や相席居酒屋

地元の飲み仲間と飲み会をしたときに出会ったり、相席居酒屋で出会うこともできるのはお酒の飲める社会人ならではです。

相席居酒屋というのは初対面の男女が相席してお酒を飲めるという居酒屋です。街コンや婚活パーティーよりも気軽に行けるので、最近人気を集めています。

しかし、ワンナイト目的の男性や、冷やかしの既婚者も多いので要注意。相席居酒屋でいい人を見つけよう!というよりは、男性と話すのに慣れたい、会話の幅を広げたいなど、コミュニケーション目的で行ってみても良いかもしれませんね。

合コン

出会いと言えば合コン!というのは昔からの定番ですよね。様々な人脈をつてに毎週末合コンを開催して、出会いを探す人もいます。もちろん合コンで出会って恋愛関係に発展する人も数多くいますが、必ずしもその合コンでいい出会いがあるとは限りませんので、数をこなさなければ自分に合う人とは巡り合えないことも。

人数合わせで頼まれて来ていたり、彼女がいるのに遊び相手探しに参加していたりする男性もいるので、相手を見極めることが必要です。

結婚相談所

結婚を前提とした出会いを探すのであれば、結婚相談所に入会するのもおすすめです。入会金や、結婚に至った場合は成婚料を支払わなければならないなど、金銭面での負担は大きいものですが、その分サポートはしっかりとしています。

結婚相談所は出会いの提供から日時調整、交際から結婚に至るまでのフォローだけではなく、身だしなみや会話のアドバイスなど、結婚に至るまでのさまざまなサポートをしてくれるので、本気で結婚したいなら結婚相談所を選択肢に入れておいても良いでしょう。

習い事や趣味

習い事や趣味の集まりなども、社会人の出会いの場所としてはオススメ。同じものが好きで、一緒に成長しようとしている仲間ですから間違いなく趣味は合いますし、話題にも困りません。一緒に参加するイベントがあればそれでぐっと距離も縮まります。

英会話や料理教室

英会話や料理教室は、習い事の中でも特に生徒同士でのコミュニケーションを必要とされるものですよね。

英語で会話をして、できていないところを教え合ったり、一緒に料理を作ったり、同じことを一緒にすると人は仲良くなりやすいものです。

ゴルフ

ゴルフをする仲間との出会いというのも、社会人ならではの出会いの場所と言えるでしょう。ゴルフは他のスポーツと違い、ほぼ半日くらい一緒に回ることになるので移動中に会話をする時間もありますし、また、始めたての場合ゴルフを教えて貰うことで仲が深まることも。

社会人サークル

社会人サークルと言ってもスポーツであったり、バンド活動、料理、飲み会など種類は沢山ありますが、出会いを探すために何かサークルに所属しようと思うのであれば、まずは自分の好きな、または得意なジャンルのサークルを探しましょう。

同じものが好きな仲間ですから自然と仲良くなれますし、サークル活動を楽しみながら出会いも探せて一石二鳥ですね。

同窓会

同窓会で昔好きだった人に再会というのは決してドラマの中だけの話ではありません。また特に学生時代は意識していなかった同級生でも、同窓会ですっかり大人っぽくなった姿を見てドキッとすることもあります。

同じ学生時代を過ごしてきた仲間ですから、思い出話や近況報告など話は尽きませんよね。人見知りでなかなか出会いの場で積極的にコミュニケーションをとれない人でも、同級生ならば気軽に話せることもあります。

バー

お酒が好きでよく飲みに行く、という人はバーで出会いを探しても良いでしょう。お酒好き同士話が盛り上がりますし、何よりお酒が入るとリラックスして自然に心の距離も縮まりやすくなります。

にぎやかな居酒屋よりも、静かなバーの方が落ち着いた大人の男性を探したい人には良いかもしれませんね。

こんな場所には出会いはないよねと思っていた場所でも、意外な出会いがあることもあります。学生時代よりもずっと行動範囲が広く、関わる人が多い社会人は、いつどこで、何が素敵な出会いに繫がるかわからないものです。

結婚式の披露宴や二次会

友人の結婚式や二次会に呼ばれて、「いいなー、私も結婚したい」と眺めているだけでは出会いも何もありません。さりげなく周りの招待客の中に素敵な人はいないかチェックしたり、お酒を注いで回りながら軽く会話を交わしたりして、出会いを探してみましょう。友人の結婚式で出会ったのが縁で付き合うようになった、というカップルは案外多いものです。

TwitterやインスタグラムなどのSNS

SNSで友達がイイネをしていて、たまたま目にした投稿に素敵な人がいたり、趣味が合う人とSNSで知り合ってやりとりをしているうちに仲良くなったりという、SNSでの出会いも最近は増えています。積極的にSNSで投稿をしたりコメントをしたりして、出会いの可能性を広げましょう。

オンラインゲーム

オンラインゲームには一緒にプレイをしている人と会話ができるものがありますよね。そこで仲良くなった人と交際したり、結婚にまで至ったというカップルも少なくありません。

ゲームを楽しむことがもちろん一番の目的ですが、同じゲーム好き同士で意気投合しちゃうかも。

ジム

身体を鍛えるために入会してるから、ジムで出会いなんてと思われるかもしれませんが、意外とスポーツジムでの出会いから交際に至ったというカップルも多くいます。

会社帰りなど大抵ジムに行く時間は決まっているものですから、いつも顔を合わせるメンバーもほぼ同じで、顔見知りになると挨拶や会話をすることも増えます。器具の使い方を聞いたり、アドバイスを貰ったりして仲が深まることもあるでしょう。

ボランティア活動

ボランティア活動はあくまでも出会い目的で始めるものではありませんが、ボランティア活動に参加をすると自然と人と関わることが増え、出会いも当然増えます。同じ志を持った仲間であることもあり、活動をしているうちに親しくなることも。

旅行先

旅行先で道に迷ってしまった時に助けてもらったり、同じツアーに参加していて仲良くなったりと、旅行先にも出会いの可能性はあります。ただし旅行先での出会いはひとりで旅をしている時の方が親しくなりやすいものです。

友人と一緒にいると恥ずかしくて連絡先の交換が出来なかったり、ずっと友達と話してばかりいると他の人からは話しかけづらいと思われてしまいます。

美容院

行きつけの美容院も、意外な出会いの場と言って良いでしょう。髪を切ったりカラーをして貰ったりしている間に会話が弾み、趣味が合うことがわかったり、相談に乗って貰ったり。その美容師さんから、誰かを紹介して貰える可能性もないとは言いきれません。

イベント会場

花火大会やフェス、ライブなども人が多く集まる場所なので、意外な出会いがある可能性が高いでしょう。たまたま隣り合わせた人と会話をして、気が合えば終わったあとに食事やお酒を飲みに誘われることも。

スポーツ観戦

野球やサッカー観戦、スキー場など、スポーツに関わる場所で出会うこともあります。その場所に来ているということは同じようにそのスポーツが好きなのですから、会話が弾んで意気投合しやすく、また今度一緒に……と次に会う約束もしやすいでしょう。

社会人になってから出会いが少なくなった、と感じるのは一体どうしてなのでしょうか?その理由について考えてみましょう。

自宅と会社の往復しかしていない

社会人になると、仕事が忙しくて平日はほぼ自宅と会社の往復しかしていない、という人も多いのではないでしょうか。いつも同じ場所で買い物や食事をして、同じ道を通って帰る、という毎日ではなかなか出会いも広がりません。

特にどこにも寄り道をせずに一目散に家に帰るなど、自宅と会社の往復しかしない場合はほとんど出会える可能性もなくなってしまいます。

ひどく疲れている日は別ですが、たまには寄り道をして初めての店に立ち寄るなど、いつもと違う行動をとると、そこに出会いがあることもあります。

職場に異性が少ない

職場に異性がいなかったり、年配の人ばかりで同世代の異性がいない、いても皆既婚者である、そうなると出会いはなかなか望めませんよね。
しかし職場の人から誰か素敵な人を紹介して貰える可能性も無きにしも非ずです。

常に出会いのアンテナを張って気を抜かず、誰に紹介されても恥ずかしくないような振る舞いを心がけましょう。
どうしても出会いのありそうな職場が良いのであれば、転職も考慮に入れておくのも良いかもしれませんね。

交友関係が狭まる

社会人になると、積極的に作りにいかない限り新しい友達ができることは少ないですよね。接するのは仕事関係の人ばかりで、なかなかプライベートで親しくする人も、そういう人を作る時間も取れないことが多いのではないでしょうか。

そうなると休日に集まるのもいつものメンバー、同じ顔ぶれになってしまいますし、なかなか出会いも広がりません。

恋人がいる人も多い

ある程度の年齢になると、周りの友人や職場の人など、異性の知り合いはいるけどみんな彼女もちか既婚者で、紹介をお願いしてもなかなか恋人がいない人が見つからない、ということもあるでしょう。

まわりが恋人のいる人ばかりになると、余計に自分の周りには出会いが少なくなってしまいます。

出会いが少ないと感じている社会人が、出会いを見つけるために押さえておきたいポイントをいくつかご紹介します。

積極的にいろいろな場所に行く

仕事で疲れてしまって、休日はいつも家で寝て過ごしたり、平日はいつも家と会社の往復だけしかしていなかったりする人は、会社帰りにすこし寄り道をしたり、休日や休日の前の日の夜は積極的に色々な場所に出向くようにしましょう。

ただ待っているだけでは出会いはやってきません。素敵な出会いを掴むためには、自分から
行動していかなければならないのです。

自分磨きも忘れない

出会いのための下準備としても、自分磨きをすることはとても大切。
いつどこで、どんな人と出会うかは誰にもわかりません。ですから、いつも素敵な自分でいればその出会いにいつでも自信を持って向き合う事ができます。

ダイエットをしたり、ジムに通ってみたり、オシャレに磨きをかけてみたり、または習い事を始めて自分の内面からワンランクアップさせてみたり。また、自分磨きをすることで自分に自信がつき、余裕も出ます。そんなあなたに惹かれる男性もいるかもしれませんよ。

誘いはなるべく参加する

飲み会などに誘われたときは、なるべく参加するのがおすすめ。誘ってくれた人は恋愛対象にならなくても、そこで出会いがあるかもしれません。出会えるかもしれないという可能性はとことん広げてみるべきです。

お酒の席が苦手だとしても、出会いを見つけたいなら積極的に参加して出会いの可能性を広げていきましょう。

人間関係を広げることも意識する

出会いが欲しければ家にこもっていてはダメ、とはいえ、ただ外に出れば良いのではなく、
人間関係を広げるように意識して行動を起こすというのが大事なのです。

その人間関係は異性に限らず同性でも構いません。同性の友人から素敵な人を紹介される可能性はもちろん、出会いは自分の内面を成長させてくれます。

恋人探しに集中するのも良いことですが、いろいろな人と出会うことを意識するとより出会いやすくなることもあります。

たとえば恋人探しだと、タイプでない人を恋愛対象外だと拒絶してしまう可能性があり、人間関係も広がりません。タイプでなくてもその人の紹介で出会う可能性もありますし、どこで何がきっかけで、どんな人と出会うかもわからないので、恋人探しより人間関係を広げることを意識すると出会いの幅も自然と広がっていきます。

せっかく出会いの場に出向いているのですから、できればほかの女の子とは差をつけて素敵な出会いを掴みたいですよね。ここからはそのためのコツを解説していきます。

空気を読むことは大事

男性にとって、好感のもてる女子というのはずばり空気を読める女性であると言えます。その場の空気を乱さずに、場の雰囲気に合った行動ができるというのはとても大事なこと。自分ばかり目立とうとして騒ぎすぎると悪目立ちしてしまいますし、逆におとなしすぎると印象にも残りません。

その場の空気を読み、周りの人とうまくコミュニケーションを取れているかどうか、男性は案外よく見ているものです。

積極性も出していく

出会いの場所において、あまり受け身すぎてはいけません。気になる人がいれば自分から声をかけ、自分から誘ったり、連絡先を聞いたりと積極性も出していくと、相手も自分に好意があるのだとわかって一歩踏み出しやすいものです。

ただし、ガツガツしすぎはNG。男性は獲物を追いたい生き物ですから、女性に追われ過ぎると引いてしまいます。まずは自分から話しかけてみる、相手に色々質問をしてみるなど小さなことから積極的になってみるのが良いでしょう。

笑顔を絶やさない

いつもニコニコと笑顔が絶えない女性は男性に好感を持たれやすいものです。ネガティブで暗い印象の女性よりも、明るい女性がモテるのは当たり前。笑顔があるだけで明るい印象を与え、第一印象が良くなります。

出会いの場で初対面の男性相手に緊張はしていても、常に笑顔でいることを心がけましょう。

身だしなみはいつも完璧に

いつどこで素敵な人に出会って良いように、常に自分の中で身だしなみを完璧な状態にしておくのがよいでしょう。たとえばちょっとコンビニに行くとしても、少しオシャレには気を遣って行くのが良いでしょう。すっぴんにスウェットでは、誰の目にもとまりません。

いつどこで出会いがあるかわからないのですから、いつどこで出会っても良いようにしておきましょう。職場に異性がいないからといって適当な格好で行くのではなく、急に誘われた飲み会や合コンで素敵な人に出会っても良いように、身だしなみは常に完璧に近い状態にしておくのが良いですね。

話し上手で聞き上手

話し上手な女性と聞き上手な女性は、どちらも男性からの評価も高いものです。そのどちらも兼ね備わっているとなおよ良いでしょう。

相手の興味のありそうな話題をいくつも振ってみたり、相手がそれについて話し出すと興味深げに聞いて、タイミングよく相槌を打つなど、相手に興味があるということを話し方、聞き方からアピールしていくと良いですね。

人の印象って、初対面から変わらないことが多いですよね。ですから、初対面でこの子いいな、と思って貰えなければなかなかその先には進めません。

初対面の相手に好感をもって貰えるテクニックとは、一体どのようなものなのでしょうか。

相手との共通点を見つける

人間というのは自分と共通点があったり、共感してくれる人に親しみをおぼえるものです。気になった人と会話をしていて、相手との共通点を見つけると、そこから距離は縮まりやすいでしょう。共通点を見つけるまでいろいろ聞いてみるのも良いですし、共通点が見つかったらそこを深掘りしていくとどんどん親しくなれます。

つまらない相づちよりオウム返し

「へぇ」「そうなんだ」「ふ〜ん」など、つまらない相槌は愛想がなく、自分に興味を持たれていないのだと思われてしまいます。相手の話を聞いている時は、「俺〇〇なんだ」と言われたら「〇〇なんだ?すごいね」とオウム返しをするのがよいでしょう。

オウム返しは相手の話をちゃんと聞いているという安心感を与えることができますし、相手に興味を持っているというアピールにもなります。

次に会う約束をしてしまう

よいなと思う人、素敵だなと思う人がいたら、思い切ってその場で次に会う約束をしてしまいましょう。美味しい食事の話になったら「今度連れて行ってください」のように約束してしまえば次に繋がりやすいです。

また、趣味の話になれば「私もやってみたいです」など、相手の興味のあることに自分も興味があるから、また会いたいというアピールを積極的に行うと、その次の展開に進みやすいでしょう。

社会人になったら出会いが少なくなったからといって、「出会いがなーい」とつぶやいているだけでは素敵な出会いは掴めません。

自由な時間が限られている社会人だからこそ、積極的に出会いの場に出向き、確実に出会いをゲットする必要があります。

もちろん無理をしてあちこち出歩けという訳ではなく、自分に合った出会いの場を自分で探し、そこでその次に繋げる努力をすれば、無駄な時間と体力を費やすことなく出会いを掴むこともできるはず。出会いが欲しければまず、出会うために行動すること。それが一番大切なのです。(齋藤 緑子/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事