2019.12.24

2回目のデートでの告白はあるある?心理や交際に繋げるテクニックを紹介!

気になっている男性と1回目のデートを終えた女性は、今頃夢見心地な気分でいるのではないでしょうか。「楽しかったな」「思っていた通り、素敵な人だったな」なんてデートを思い出している人もいるでしょう。

しかし、1回目のデートで満足していてはいけません。ふたりの関係は、まだはじまってもいません。これからどういった関係に変えていくかは、あなた次第。

2回目のデートの約束があるのであれば、そこであなたから告白するのもひとつの方法です。「2回目のデートで告白って、少し早いのでは?」「早く告白した方が、メリットはあるのだろうか?」と思う人もいると思いますが、2回目のデートだからこそ、プラスに働くこともあります。彼が脈ありサインを出しているのであれば、ベストタイミングになるはず。

ここでは、2回目のデートでの告白についてご紹介します。

気になる男性と2回目のデートの約束がある女性のなかには、「まだ、告白するのは早いだろう」と思っている人も多いはず。確かに、まだ1回しかデートしていない相手ですから、「もっと互いに知ってから」と思っている人もいるでしょう。

告白のタイミングは、それぞれの恋愛観や状況によっても変わってくるため、冷静な判断が必要。逆に考えて、2回目のデートで好意を抱いている彼から告白されたら、あなたは感じるでしょうか。

では、2回目のデートでの告白はありなのか、なしなのか、それぞれの意見やメリット、デメリットについてご紹介します。

アリ派の意見

2回目のデートでの告白は「アリ」と思っている人は、直感的に相手との相性のよさに気付いているはず。1回目のデートで、「とても気が合う」「理想通りの人だった」と思えば、「これ以上の時間は必要ない」と感じるでしょう。

恋愛は考えても答えが出るものではありません。自分の気持ちが第一ですから、一度しかデートしていない相手であっても、「この人だ」と思えば、2回目のデートでの告白もアリといえるのではないでしょうか。

告白するメリット

2回目のデートで告白となると、「彼は、どう思うのだろう?」と心配になる人も多いでしょう。「まだ、早いと思われるのでは?」と思う人もいるはず。

しかし、あなたが「気が合うなぁ」と思った相手は、相手にとっても「不思議なくらい、気が合う人だったな」と感じているはず。

そうなれば、2回目のデートでの告白も自然に感じるでしょう。「同じように、気が合うと思ってくれているんだな」と思われれば、彼も嬉しく感じるはずです。
また、ライバルがいる場合には早めに告白することで、彼の心を奪われる前に引き留めることもできるでしょう。

ナシ派の意見

2回目のデートでの告白は、「なし」と思っている人は恋愛に対して慎重な人が多いでしょう。

そんな人は、「もっと、互いのことを知ってから付き合いたい」と思っているはず。何度かデートを重ね、どんな人なのか知ってから、恋人として相応しい相手かどうか判断したいと考えています。
これだけ慎重に考えていれば、「焦って失敗した」「思っていた人とは、全然違った」と後々になって後悔することは少ないでしょうし、交際後も長続きしやすいでしょう。

告白するデメリット

告白の絶好のタイミングというのは、相手によって、状況によって変わってきます。互いに同じ気持ちであれば、早い段階でもスムーズに交際へと進めることができるでしょう。

しかし、彼が恋愛に対して慎重なタイプだった場合、2回目のデートでの告白は、「早すぎる」「焦っているのでは?」と思われてしまう可能性があります。
そう思われてしまえば、勇気を出して告白したにも関わらず、彼にマイナスの印象を与えてしまうことに。

そうならないためには、自分の気持ちを「伝えたい」と一方的にならない様に、彼のタイプや状況を把握することが必要です。

いままで、自分から告白した経験がない、早い段階での告白に躊躇してきた女性のなかには、「どうして、2回目のデートで告白できるのだろう?」と感じている人もいるでしょう。

告白は、誰にとっても勇気がいるものです。それゆえに、「このタイミングで告白できるなんて、すごいなぁ」と感じる人も多いでしょう。
では、2回目のデートで告白できる人はどんな心理状況なのか、ご紹介します。

相性がよいと確信をした

そもそも告白は、勇気がいるものですし、緊張するもの。「フラれたらどうしよう」と思うと、なかなか告白に踏み切れない人も多いでしょう。だからこそ、2回目のデートで告白できる人を見ると「すごいな」と感じるもの。

しかし、本人はそれほど特別なことをしているとは感じていません。
なぜなら、1回目のデートで「相性がよい」と確信したから。相性がよいと感じているからこそ、「この人を逃したくない」「相手も、きっと同じ気持ちだろう」という思いが強いため、デート回数が少なくても気持ちを伝えようとします。

互い好意がピークだと感じた

出会ってからあまり時間が経っていないふたりでも、一度デートをすれば、相性がよい相手か、一緒にいて楽しい相手はわかるもの。

1度目のデートをして、「交際したい」と思うということは、デートが盛り上がったからこそ。当然、1度目のデートで話も合わず、盛り上がらないデートであれば、「また会いたい」なんて思うことはありません。

デートが盛り上がったということは、相手も楽しそうにしていたということですから、互いの気持ちが高まっている時に、「告白しよう」と思うのは自然なことかもしれません。

恋人が欲しいという焦りがある

2回目のデートで告白する人は、相手に直感的なものを感じた人だけではありません。
実は、なかには単に「恋人が欲しい」という思いから、焦って告白してしまう人もいます。

もちろん、1回目のデートが楽しく、それなりの手ごたえがあったからこそ告白しようとしますが、特別な感情からの告白ではありません。

恋人がいる友達が多い、近々イベントがあるという時には、「恋人が欲しい」という気持ちが高まり、焦って行動してしまう人も少なくないでしょう。

フラれない自信がある

告白というと、誰でも弱気になるもの。なぜなら、「フラれたらどうしよう」という不安があるから。

しかし、なかにはフラれないという自信を持っている人もいます。普段から、異性からモテる人のなかには、「フラれた経験がない」と言う人もいます。

そんな人は、2回目のデートでの告白であっても「フラれない」という自信があるため、戸惑うことなく告白することができるでしょう。

告白は、フラれる可能性があるもの。そのため、「気持ちを伝えたい」と思っても、なかなか勇気を出せない人が多いでしょう。

しかし、彼が脈ありサインを出していれば、思い切って告白することができるのではないでしょうか。

男性は、デートの際にも自然と気持ちが出てしまうもの。そのサインを見逃さずにチェックしていれば、告白の勇気を得られるかもしれません。
では、2回目のデートでチェックしておきたい、男性が見せる脈ありサインについて、ご紹介します。

ちゃんとしたデートプランを組んでいる

2回目のデートの予定がある人のなかには、既に待ち合わせ時間やどこに行くのか決まっている人もいるはず。

デートプランを彼が考えてくれている場合には、彼もあなたに好意を抱いている証拠。脈ありサインと捉えてよいでしょう。

男性は、気のない女性のデートに気を使うことはありません。「楽しい時間を過ごしたい」「あなたを喜ばせたい」という気持ちがあるからこそ、デートプランにも力が入るものです。

プライベートな話をしてくる

1回目のデートでは、会話が盛り上がりましたか?
互いのことを知るためには、なによりも会話が重要です。彼がどんな人なのか、どんなことを考えているのかを知るためには、なによりも会話でコミュニケーションを取ることが大切です。

なかでも、プライベートな話は重要。プライベートの話をしてくる場合には、「俺のことを、知ってほしい」という思いがあるからこそ。
どんなに話が盛り上がったとしても、自分のことを話そうとしない場合にはあなたに興味がないのかもしれません。

目を見て話してくれる

彼の気持ちを確認するためには、ふたりで話す際の彼の態度をチェックすることもおすすめ。

話している際、彼はあなたの目を見て話していますか。脈ありサインとして、好意を抱いている女性に対し、男性はちゃんと目を見て話す傾向にあります。

もちろん、なかには好意を抱きながらも、緊張などから目を見られない人もいますが、それでも「目を見よう」と努力しているはず。彼と会話をしている際には、彼の目線がどこに向かっているかチェックしてみるとよいでしょう。

歩くペースを合わせてくれる

男性は、好意を抱いている女性に対して気を使うもの。デート中、並んで歩いている時にも彼の気持ちが見えてきます。

それは、歩くペースです。
あなたに好意を抱いている男性であれば、ゆっくりと歩くあなたのペースに合わせてくれるはず。車通りの多い場所では、車道側を歩くなどしてあなたを守ってくれるでしょう。

万が一、スタスタと先に歩いて行ってしまうような彼であれば、交際できたとしても、常に彼のペースに合せなければいけない関係となる可能性が高いでしょう。

こちらの気持ちを探るような振る舞いをする

男性にとっても、好意を抱いている女性というのは特別なもの。「もっと、彼女のことを知りたい」「自分に好意を抱いてほしい」と思っています。

それゆえに、デートではあなたの気持を探ろうとするでしょう。好きな男性のタイプを聞いてきたり、恋愛観などを聞いてくることもあります。

あなたの気持を探ろうとするような振る舞いをした場合には、脈ありサインと思って、素直にあなたの気持を伝えましょう。

話を聞いてくれる

「楽しいデートだったな」と思わせるためには、なによりも会話が弾むことが大切。どんなにロマンティックで楽しいデート場所であっても、会話が盛り上がらなければ、楽しいデートとはなりません。

そして、その会話は一方的なものではダメ。脈あり男性の場合には、必ずあなたの話を聞いてくれるはず。なぜなら、あなたのことを「もっと知りたい」と思っているから。

どんなくだらないことでも、ちゃんと話を聞いてくれる場合には、脈ありと思ってよいでしょう。

女性から告白するというのは、緊張するし、勇気がいるもの。2回目のデートでの告白となれば、尚更ドキドキするのではないでしょうか。

告白のタイミングは、間違えてしまうと「早すぎる」ことが原因でダメになってしまうこともあります。

では、2回目のデートで女性から告白する際に取り入れたいテクニックをご紹介しましょう。

初デートよりもグイグイいく

1回目のデートとなれば、緊張するもの。相手に好意を抱いていればいるほど、「失敗したくない」という思いから、自分を出せずにデートが終わってしまう人も多いでしょう。
しかし、2回目のデートで告白を考えているのであれば、これではOKをもらうことはできませんよね。

緊張から、2回目のデートもほとんど自分から話してこなかったのに、別れ際に突然告白すれば、男性は驚くでしょう。と同時に「デート中は、楽しそうじゃなかったのに、どうして?」と違和感を抱き、断られてしまうかもしれません。

2回目のデートで告白し、成功するためには、自分を出して、グイグイいくことが必要。話も自分から振ったり、積極的に会話を盛り上げていくことが大切です。

自然体で振る舞いながら長所をアピールする

誰だって緊張してしまえば、自分を出すのは難しいもの。彼へアピールしようと思っても、1回目のデートではそれが叶わずに終わってしまった人も多いでしょう。

しかし、2回目のデートで告白を考えているのであれば、自然に振る舞いながらも、自分も長所をアピールしていくことも大切。よいところをアピールし、彼の心を掴むことができれば、告白も成功することができるでしょう。

ただし、自然でありながら、押しつけがましくないアピールがポイントです。

彼を褒めて喜ばせる

2回目のデートでは、あなたの気持を自然に伝えていくことも大切。しかし、なかなか気持ちを伝えるというのは難しいものです。

そんな時には、「あなたに好意があるよ」という意思表示ともなる、彼を褒めるという方法がおすすめ。

「いつも、おしゃれだよね」「仕事バリバリこなしているよね」といったように、「いつも見ているよ」というアピールとともに、彼を褒めましょう。
当然、褒められた彼はまんざらでもないはず。そして、あなたの気持ちにも気づくでしょう。

ロマンチックなスポットで話す

告白を考えている女性のなかには、「どんなタイミングで伝えよう」と思っている人もいるはず。

告白を成功させるためには、シチュエーションも大切。そのため、デートの際にロマンチックな場所に行くのがおすすめです。

ロマンチックな場所であれば、自然と会話も深い内容になっていくはず。互いにいままでの恋愛の話をしたり、どんな人がタイプなのか、恋愛観について自然と話すこともできるでしょう。

そんな空気作りができれば、告白しやすい雰囲気も作りにもなるはず。告白から、キスへとステップアップすることもできるでしょう。

手を繋いだり恋バナしたりする

1回目のデートでは、手を繋いだり、深い会話ができなかった人も多いはず。しかし、2回目のデートで告白を考えているのであれば、ステップアップする必要があります。

ふたりの距離を縮めたいと思うのであれば、並んで歩いている時などにすっとあなたから手を繋いでみましょう。これだけで、男性はドキッとしますし、あなたの気持を察するはず。

また、2回目のデートでは恋バナをするのもおすすめ。恋バナをすることで、互いの恋愛観を知ることもできますし、相手を恋愛対象として意識するはず。
恋バナの流れから、告白もしやすくなるでしょう。

好意や脈ありサインを見せる

女性の場合には、「男性から告白されたい」と思っている人も多いでしょう。2回目のデートでは、「相手から、告白してくれたらいいのに」と思っている人もいるはず。

そんな人は、彼に好意を持っている気持ちを伝えることが必要。あなたが脈ありサインを見せれば、彼も告白しやすくなるはず。

彼から告白してこなかった場合でも、事前に脈ありサインを見せていれば、「急に告白?」と驚かせることなく、自然と受け入れることができるはずです。

3回目のデートの約束をする

告白を考えている人は、振られた時の心配をしている人も多いはず。「もし、振られたら二度と会えないのだろうか?」と不安になる人もいるでしょう。

そんな人は、3回目のデートの約束をしておくことがおすすめ。大学生であれば、「学校帰りに、寄りたいところがあるんだけど、今度付き合ってくれない?」と誘えば、自然と3回目のデートの約束になるはず。社会人であれば、「次のデートは、どこに行こうか?」「行きたいところがあるんだけど、次のデートで行かない?」といったように誘っておけば、次の約束があるということ。

そうなれば、告白への背中もおしてくれるのではないでしょうか。

彼が脈ありサインを見せるようになったら告白する

「2回目のデートで告白しようか」と迷っている女性のなかには、「まだ早いだろうか?」「このタイミングでよいだろうか?」と迷っている人もいるでしょう。そんな人は、彼の脈ありサインを告白タイミングと判断することがおすすめ。

誰だって、告白すれば「成功したい」と思うもの。振られたくはありません。しかし、彼の気持ちや状況によっては断られることもあります。これは、恋愛では仕方のないこと。

告白に成功するためには、彼の気持ちを確認することが間違いありません。彼が脈ありサインを出しているのであれば、告白しても失敗することはないでしょう。

1回目のデートを楽しく終え、「また、彼に会いたい」「彼と付き合いたい」「彼から告白されたい」と思っている女性のなかには、2回目のデートで「自分から告白しようか?」と考えている人もいるでしょう。

互いに気持ちが高まっているとわかっているのであれば、早い段階での告白も決して悪くはありません。

「もっと、相手のことを知ってから」と思うのもひとつの考えではありますが、「彼のことが好き」と思ったのであれば、時間なんて関係ありません。

2回目のデートで、あなたが勇気を出して告白すれば、彼はその勇気も理解し、OKとなることもあるでしょう。

恋愛は、なによりも行動しなければはじまりません。出会ってからの時間も、関係の深さも関係ありませんから、「付き合いたい」「気持ちを伝えたい」と思ったのであれば、勇気を出してあなたの思いを伝えてみましょう。 (NaonN/ライター)


(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事