2020.01.03

ふたりの関係をアップデートする「新鮮だし、ドキドキ♡」なデートのアイデア10選

どうもあかりです。
マンネリまではいかなくても、なんとなくふたりの関係をリフレッシュさせたい、そんな気分になることがたまにあるのではないでしょうか。
あるいは、「彼に私との将来をもっと真剣に考えてほしい」とか「お互いに前みたいにラブラブに戻りたい!」みたいなかなり具体的な悩みを抱えている人もいるかもしれません。

こういった問題に対しては、私は常に、「いままでにしたことがないようなデート」を通じてその解決策や、または解決のきっかけを掴んでもらうようにアドバイスをしています。
「たかが一回のデートで……」と思われるかもしれませんが、カップルとは常に「デート」を中心に回っている関係性です。

たったの一度でも素敵なデートができれば、その後のふたりの関係は素敵なものになり得ますし、デート中に彼氏/彼女がある気付きを得れば、その後の彼氏/彼女の気持ちや考え方は大きく様変わりしていくことになるでしょう。

ということで、この記事では、目的や狙い別に、「新鮮だし、ドキドキ♡」なデートのアイデアを10個ババっとご紹介していきますので、「これよさげ」と感じたものから実践してみてほしいなと思います。

「彼女と婚約してて今年中に結婚。同棲中にプロポーズしたけど、同棲のきっかけは、なんとなくネットで見てた近所のイイ感じの物件に、『暇だし無料だし冷やかしで行ってみるか!』って悪ふざけで内見行ってみたこと。これマジです」(公務員/25歳/男性)

これは「まっさかー!」と思えて、実は「さもあり」なデートです。
まだ付き合う前の友達関係でも、実際に「デート」という付き合ったことを想定した行動を通じて「付き合ったらこういう感じか」「楽しそうだな」みたいに感じるからこそ、「付き合おう」と思うわけでしょう?

内見をしてみると、「こういう空間にふたりで住んでて、『おかえり』『ただいま』って言うのか」「ここで彼女が料理をするのか」「こことここでスペースを分ければプライバシーは案外守られそうだな」「てか、やっぱりふたり暮らし用の部屋は広くていいな」とかいろいろとポジティブなイメージが浮かぶとともに、同棲に対するネガティブなイメージが払しょくされて、かなり同棲に対して前向きになる男性は多いと思いますよ。

「彼は私との将来を考えてくれているのかな」と不安な方にはとくにおすすめです。もちろん、それ以外の方もぜひ。

「お互いに一人暮らしだからラブホテル行ったことがなかったけど、お互いに酔った勢いで行ってみた。たしかにエッチのラブラブさが違ったと思う。その後のエッチもイイ感じになりました」(大学生/22歳/男性)

これはラブホに基本行くことのないカップル向けのアイデアです。
当たり前ですが、ラブホってただ「ベッドがある部屋」じゃありません。

男女が最高のテンションで事を成すことができるよう、ムードや、開放感や、清潔感がやっぱり超一流。「ラブラブなエッチをする」ということにかけては、一流のシティホテルよりも優れているのではないでしょうか。

セックスレスとまではいかないけれども、それなりに彼とのエッチがルーティン化してきたかもしれないと思う方はぜひ試してみてほしいです。

「この前はじめて、彼の職場まで彼を迎えに行って、そのまま近くの彼がよく同僚さんとランチを食べているというお店で夜ご飯を食べて帰った。スーツかっこよかったし、いつになくデキる男って感じでそれも良かった!」(メーカー/23歳/女性)

職場は戦場、スーツは戦闘服ですから、そういう雰囲気の中でするデートもたまにはいいですよ。
休日に私服で会うのもいいけれど、まだ仕事感が抜けきっていない彼はいつもより頼もしく、男らしく見えるはずです。
「デキる男」感にクラっとしたいときにぜひご活用ください。

これは私から。
彼氏とふたりでマッサージ屋さんに行ってみましょう。

まず単純に、マッサージが死ぬほど気持ちよくて最高のリフレッシュになりますし、マッサージが終わると身体が元気になってなんだか食欲が湧いてきますので、その状態でふたりで一緒にご飯屋さんに入ると、食と会話がものすごく盛り上がります!

また、血行がよくなったせいなのか、あっちの気分も盛ってくることも多いので、その夜そのままお泊りすれば、熱い夜になることも大いに期待できます。
ふたりでマッサージに行くのって、なんだか通な大人のデートっぽくて、なんかよくないですか?

「この前彼氏とはじめて空港デートした。友達に『羽田空港でデートができるらしい』と聞いて。めっちゃ良かった。一日中居れた(笑)」(事務/26歳/女性)

空港でデートというと意外かもしれませんが、たしかに最近はすごく流行っているそうです。
ひょっとしたらみんなの方が詳しいかもしれませんが、ショッピングや食事だけじゃなくて、プラネタリウムやフライトシミュレーターなどのアトラクション的なものがあったり、飛行機の離着陸を夜景のように眺めたり、飛行機の整備を見られたりするとのことですよ。

単純にデートとしても新鮮ですし、あとは旅行に出かけるほかのカップルを見て、「旅行行きたいね」という気分になって、旅行雑誌でも買って帰ろうか、なんて流れになることもほんのり期待できます。

「最近、彼女と家の周りのご飯屋さん開拓にハマってる。サイトでおいしいお店を探して街に出かけるのもいいけど、そうやってふたりだけが知ってるおいしいお店を探すのが、すごく特別な感じがしていいのよ」(エンジニア/24歳/男性)

お付き合いで大事なことは、「ふたりだけ」をたくさん作っていくことだと思っています。
思い出もそうだし、会話の話題やリズムもそうだし、愛情表現もそうだし、ケンカの仲直りのしかたもそう。そして、「ふたりだけの定番デートスポット」も大切です。これがあると、そこがふたりの愛の巣みたいになって、どんどんふたりの愛が深まっていきます。

これを見つけるためには、超ご近所でデートをするのが一番近道。お互いにあまり散策をしたことがない地域で、「ここはどうだろ?」「ここおいしそうじゃない?」と言いながら、とりあえず片っ端から入ってみましょう。それでおいしいお店に巡り合えればそこを秘密基地にすればいいですし、仮に失敗しても、ふたりで笑えばオッケーです。

これも私から。
夜、ほとんどの人が寝静まったような時間帯に、ふたりでお散歩をしてみてください。
「私たちしかいない」感じがなんだかロマンティックだし、スマホも使わないようにすれば歩くこと以外にやることがないおかげで、自然と深い将来の話とかが出てくるので、いままでにちゃんと真剣に話したことがなかったようなことも話せたりします。

また、「今度のデートはどこに行こう?」とかそういう身近な話題を時間無制限でやんややんやと話し続けている間にいつの間にか知らない場所にたどり着いてしまって、「ここどこ?」って焦って、ふたりで地図アプリを駆使してなんとか元に戻る、そんな何気ないトラブルも愛おしい。

東京だと、少し歩いてみるだけで聞いたことはあるけどどこにあるのか知らなかったような地名の場所に行くことができて、単純に散歩としての楽しみもあります。
金曜日か土曜日の夜、あんまり眠くなくてでもすることもないな、なんてときにはぜひやってみてくださいね。

「朝までやってる温泉施設的なところにこの前彼女と行ってみた。深夜まで岩盤浴して、その後館内のレストランで馬鹿食いして、リクライニングチェアで雑誌を読みながらいつの間にか寝てた。こういうデートもいいなって、ふたりの選択肢がひとつ増えた感じ」(通信/25歳/男性)

お泊りというと、おうちかホテルか、という選択肢しか基本ないと思うのですが、これは第三の選択肢としてぜひ持っておいていただきたいデートプランです。
手軽に温泉にも入れて、岩盤浴も好きなだけできて、食事もとれて、旅館とかに泊まるよりも快適なんじゃないの?的なデートがたったの2000円前後でできちゃうのがスパ施設でのお泊りデートの魅力です。

もちろん彼とイチャイチャできる空間は用意されていませんが、それがないのがいいんです。たまにはエッチなことを抜きにして、彼と朝までくだらないことを話ながら温まった身体でいつの間にか寝落ちする。
お付き合いには、ときにはそういうのも大切ですよね。

「都会だから車持ってないけど、やっぱりドライブデートって好き。運転している男性ってかっこいいし、車じゃないと行けないところにも行けるので」(美容師/24歳/女性)

彼に惚れ直したい。
そう思うときにはぜひ試してみてもらいたいデートのひとつです。
運転している男性の横顔が素敵とか、よく聞く話ですが、実際に見てみるとなるほどたしかにそうだなぁと思ってしまいます。

これもよく言われることですが、運転をするとその男性の本性が見えます。運転中は気が張っているので、もともと心の小さい人は隣にいる彼女に対しても気が配れなくなるし、カリカリする。
付き合い立てで、「この人ってどういう人?」と気になったときにも、試す価値のあるデートです。
ただ、助手席に乗るのすら怖いほど信用できていないのであれば、避けた方が無難かもしれませんが……。

「付き合いたての彼とデートでVRパークってやつに行ってみた。めっちゃ心臓バクバクしまくった。これがあの吊り橋効果っていうのか知らないけど、たしかに前よりも打ち解けてラブラブになれた気がします」(大学生/20歳/女性)

だいたいVRパークには、ホラー系とかアクション系とか楽しむ系とかいろんなジャンルのVRコンテンツがあって、それをテーマパークみたいにじゅんぐりで回っていくおでかけスポットです。どれもド迫力でキャーとかワーとか叫んでいるうちにあっという間に時間が終了します。それくらい楽しい。
スリリングさとかは他のアクティブ系のデートとは比べ物にならないレベルですので、有名な吊り橋効果もかなり期待できるでしょう。
「もっと、仲よくなりたい」「もっと打ち解けたい」という関係のカップルにおすすめです。

ざーっと紹介してきましたが、気になるものはありましたか。
「定番デート」を持つのも大切ですが、ときには上手に変化をつけてあげることも重要です。そういう変化こそが、今までに体験したデートからだけでは得られない、相手の新しい側面や、相手に対する新しい感情が芽生えるきっかけになる可能性を秘めているからです。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事