2020.05.06

付き合う前には「無言の『好き』」を男性に伝えてその気になってもらうのがカギ

どうもあかりです。
相手から好意を感じると、ついつい自分もその相手に対して好意を抱いてしまう。
人は誰しもそんな生き物です。

だからこそ、付き合った後にはなるべく彼氏にたくさん「好き」を伝えていってあげることが愛されるための秘訣の1つなわけですが、問題は、付き合う前のお話です。

まだ付き合う前、つまり自分と彼がただの友達の段階では、なかなか露骨に「好きだよ」なんて伝えることは難しいでしょう。

そこでぜひ活用してみてほしいのが今回ご紹介する「無言の『好き』」。
「好き」とストレートに伝えるわけじゃないけれど、でもしっかりと「好き」の気持ちが届いて、彼はきっとあなたのことをより異性として意識してくれるようになるはずです。
では早速、いってみましょう。
あなたと彼がすでにふたりきりでデートをするような関係性になっているなら、デート中の、「いかにも無意識に『好き』って気持ちが出ちゃいました」的な言動を使って好意を伝えていくことが得策です。

早めに来ちゃう


待ち合わせに到着する早さは、相手に対する好意のレベルと比例します。
好きなら早く到着しちゃうし、そうでもないなら平気で遅刻をしてしまう。それが人間というものです。

なので、「彼とのデートに少しだけ早く着いちゃう」というのは、それだけでさりげなく彼に好意を伝えてあげられる素敵な魔法なのです。

もちろん、早く着いたことが彼に伝わらないと意味がありませんから、少し遅れてやってきた彼に「ごめん、待った?」と聞かれたら、「うん(笑)。でも私が勝手に楽しみ過ぎて早く来ちゃっただけだから」みたいに言ってあげたらいいと思います。

「優先」をアピール

男性が女性とデートをするとき内心考えがちなのが「この子は、俺以外の男ともこうして会ってるのかな……?」ということ。
同じようなことは私たち女性でも気になりますよね。

だから、「こんなふうにデートするのはあなただけだよ」と伝えてあげられるだけですごく大きい。

その方法としては例えば、
・「今日ほんとは別の飲み会誘われてたんだけど、そっち断ってこっち来ちゃった(笑)」みたいに言う

・デートの直前に洋服を新調したり髪を切ったりして、「デートに向けての気合い」を伝える

などがよいと思います。

些細な話を覚えてる

人間の脳みそはコンピューターじゃありませんから、一度聞いた話を自動的になんでも記憶するわけじゃありません。

どうでもいいことでも頭にこびりついていることもあれば、大事なことでも忘れてしまうことがある。

その分、水嶺は「興味関心」です。
だから好きな人のことであれば、どんなに些細な話しでもついつい覚えてしまっているものです。

デートのときに「そういえばこの前話してたあれ、どうなったの?」と聞いたり、「ニンジン苦手って言ってたもんねー」と言ったりして、「私、あなたのことはいろいろと覚えてるんですよ」アピールをしてあげるのが効きます。

「えーもうこんな時間」

また私たちは時計とは違くて、時間を刻むリズムが楽しい時間とそうでない時間とで全然違います。

大好きな人と一緒にいると、3時間が5分に感じますよね。冗談じゃなく、真面目に。
だからデートが終盤に近づいてきた頃、「えー、もうこんな時間なの!?」と驚いてみせるだけで、十分に好意が伝わります。
付き合った後はデートが当たり前になるけれど、付き合う前の男女にとってはデートというのはそう頻繁にできることじゃありません。

だからこそ、LINEでの日常的なメッセージのやりとりがふたりを結ぶ赤い糸になってくれるわけです。

ハートをつける


「ハートの絵文字をつけると男子はすごく意識してくれるよ」
これは私が高校生の頃から言われていた、ものすごく古典的な「好意を伝えるテク」です。
ですがやはり「古典」というのは、時代を問わずに通用するものだからこそ、そう呼ばれるもの。

よほど女慣れをしていて、それこそ周りの女性みんなが自分に対して積極的みたいなモテ男性であればともかくとして、いわゆる普通の男性であれば、女性から送られてきた「♡」を見た瞬間にいくらかはドキッとしてしまうものなのです。

「いや、私は割と誰にでも♡を使っちゃうんですよ?」という気持ちで送れば、そんなに恥ずかしくもないしね。

スタンプを真似る

地味だけど効く。それが、彼の使っているスタンプを真似するというテクです。
LINEでは、誰しもが「あ、これ好きだな」と感じた思い思いのスタンプを使っていますが、「相手のスタンプを真似る」というのは、「この人が使ってるからこそ、私も使いたい」という気持ちが生まれたのを伝えることができるんですよね。

「あんまりしないんだー」

先ほど、デートでは「優先」を伝えてあげるのが大事だよというお話をしましたが、LINEでも同じことがいえます。

あなたとLINEをしている裏で、きっと彼は「俺以外にも、こうやって普段から男とLINEしてるのかな?」と思っていますので、「こんなに頻繁にLINEをやりとりしてるの、あなただけだよ」と伝えてあげられたら素敵です。

かといって「こんなに頻繁にLINEをやりとりしてるの、あなただけだよ」なんてストレートに伝えたらそこそこヤバいやつですから、もうちょっとマイルドがいいですね。

例えば「私普段、あんまり人とLINEしないんだー。だからこういうの新鮮!」みたいに言ってあげるのでもいいと思います。

デート後のLINEは「急所」

「LINEを送ると一番効果的なのはいつですか?」
ともし私が聞かれたら、必ず「デート直後」と答えるでしょう。

デートが終わった後というのは、お互いの相手に対する気持ちが一番盛り上がっている瞬間です。

「楽しかったなぁ」と「また会いたいなぁ」の気持ちが混ざりあって、とにかく高揚している。

そこが急所です。
ただ「今日はありがとう~また誘ってね~」だけじゃ足りません。

「また絶対誘ってね」「絶対連絡ちょうだいね~」と「絶対」をつけて強調したり、逆に「私からも誘うね」「私から連絡するね」と自分から積極性を見せたりして、社交辞令じゃないんだよ、というメッセージが伝わるようにしてあげてください。
もしもあなたの好きな彼が同じ職場や学校の場合には、普段の日常生活の中で「無言の『好き』」をまぶして伝えていってあげることも有効です。

何気ない日常に突然飛び込んでくる異性からのほのかな好意が、彼をその気にさせてくれます。

遠くから見る


「目が合う」というのはお互いにとってそれなりにドキッとする瞬間ですが、もっと効果があるのが「遠くで目が合う」こと。

近くにいるときに目が合うくらいなら、まあそれはそれで自然というか「あ~、自然に視界に入ったんだろなー」という気もするわけですが、ふたりの距離が遠くなればなるほど、目が合うことが「不自然」になっていくわけです。

その不自然さが、好意の証。遠くから彼をチラ見するのは、近くで彼の方を見るよりもはるかにハードルが低いし、そういう意味でもおすすめなのです。

差し入れ

職場や学校が同じなら、必ず一度はやってあげてほしいことがあります。
それが「差入れ」です。
と言っても、「別に彼女でもないのに彼女ヅラをしてお弁当を差し入れろ!」なんて無謀なアドバイスをしたいわけじゃありません。もっと些細なものでよいのです。

アメ一個とか、チョコレートひとかけとか、そういうレベルでOK。
直接渡すのが恥ずかしいのなら、彼が席を外しているタイミングでこっそり椅子の上に置くのでもよい。

人間ってすごく現金なもので、「モノ」ってなんだかんだ一番シンプルに気持ちが伝わるんですよ。

付箋でお手紙

普段はLINEでやりとりをしているからこそ、手書きはすごく心に沁みます。
かといっていきなり付き合ってもいない相手にガチなお手紙なんて書いたら完全にラブレターですから、バランスをとりましょう。

そこでおすすめなのが、「付箋を使ったお手紙」です。
職場なら、周りからは「なんか仕事関係の連絡かなー?」と思われて自然にできるし、彼も「あれ、なんか伝言?」と思って自席に帰ったら「昨日はデートありがと。また行こうね。」とほっこりするようなかわいい文字で書いてある。

どんなに些細なメッセージでも、ついつい捨てずに引き出しにしまっておきたくなる、そんな素敵な贈り物になるはずです。
最後はSNS編です。デートをするような関係になって少し相手のことが気になりだすと、ふと気になるのがその相手のSNS。

彼が知らぬ間にあなたのSNSを覗いたときに、思わずちょっとドキッとしてしまうような「無言の『好き』」を2つご紹介します。

タグ付け


Instagramでのテクです。彼と一緒にデートに行ったとき、お店や風景の写真を撮ってInstagramにアップするとき、勝手に彼をタグ付けしてしまうんです。「〇〇さんと一緒にいます。」みたいな感じでね。

もちろん、そういうことを勝手にやっても怒らなそうな相手かどうかは事前に確認してほしいですが(その意味で、ツーショット写真をアップするのはさすがに少し行きすぎなのでやめておきましょう)、もしもうまくいけば、「あれ、この子俺と会ってたことをわざわざ他の人に伝えたがってるってことは、俺のことを……」とイイ感じに妄想を膨らませてくれるはずです。

匿名ノロケ

今度はツイッター。
例えばデートの後に「あ~、すごく幸せな日だった」「ドキドキが止まらなかった」みたいに、「いったい何のことを言ってるのかわからない」ようなことをつぶやいてみましょう。

もちろん、「いったい何のことを言ってるのかわからない」のは周りの第三者だけで、まさにさっきあなたとデートをしていた彼自身は「あ、これ俺のことだ」とわかります。

「俺だけが意味わかる」という優越感。その子が「誰にも伝わらないように、俺のことをノロケてる」というドキドキ感。

彼があなたのことを実はフォロー(orフォローせずにチェック)しているのを知っているようなシチュエーションでは抜群に効果的です。

では、今日はこの辺で。付き合う前だからって、なんの「好き」も伝えないのでは彼のあなたに対する好意も加速しません。「無言の『好き』」をたくさん伝えて、一日でも早く彼があなたに告白したくなるように、頑張っていきましょう。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事