2020.05.13

実はウンザリ?彼女からされたくない束縛

大好きな彼だからこそ、浮気が心配で仕方がなくてついつい束縛してしまう、という女性も多いのではないでしょうか。

気づかないうちに彼をウンザリさせてしまっているかも……。そこで今回は、20代~30代の男性に彼女から受けた束縛について意見を聞いてみました。
「他に女性がいる場に行くのをとにかく嫌がる彼女。飲み会はその場に女性が参加しているなら禁止だと言われています。嘘をついて『男だけの会だよ』と行って飲み会に参加していたら、友達にFacebookに写真をアップされてしまいそれを見た彼女から電話が鳴り止まなくなったことも」(27歳/音楽関係)

お酒が入ると浮気の心配も増えるのも分かります。ただ、仕事の付き合いなどもあるので、飲み会を禁止にするのは彼も生活が大変になってしまうかもしれません。

正直に言うと怒られるので彼が隠れてコッソリ参加するようになると、お互いの気持ちはどんどんすれ違っていきます。

何でも禁止にするのではなく、「家に着いたら電話してね」などの約束にしたほうが彼も応えやすいはずですよ。
「一度浮気がバレてしまってから、どこに行くのも全部予定を報告させられるようになってしまいました。さらに、位置情報監視アプリまで入れさせられていつでも彼女に場所が分かるようにさせられてるんです。さすがに疲れちゃいますよ(25歳/建築関係)

浮気の前科がある彼には束縛をしてしまうのも仕方がないことかもしれません。

ただ、信用されていないと感じながら恋愛をするのは辛いものです。監視アプリを入れることに同意してくれた態度から、彼のその誠意を信用してあげても良いのではないでしょうか。
「元カノの束縛が激しすぎて、SNSも常に監視。会食のお店の投稿をたまたまアップしたら『誰と行ったの?』と即LINEが。僕のSNSを24時間見ているんじゃないかと怖くなるくらいずっと見られていて。忙しくて投稿していなかったらしていなかったで『女といたから投稿してないんじゃないの』と疑ってくる態度には疲れてしまいました」(30歳/PR会社勤務)

彼のSNSのアカウントを知っていると、見ないようにしようと思っても見てしまうもの。

だからといって見る頻度を減らすのは難しいものです。気になって見すぎてしまう自分に気付いたら、あえてアカウントのフォローを外すなど「見られない」状態にしてしまうのも手ですよ。
「嫉妬深い彼女と付き合っていたとき、親友と飲みにいくと言ったのに信用していなかったのか、わざわざその友達にメッセージして本当に会っていたか確認されて嫌になって別れたことがあります。(22歳/旅行会社勤務)

自分への束縛は耐えられても、周りの人間に迷惑がかかると許せない!と思われてしまいます。

また、そうやって束縛されていることを知られるのを恥ずかしい、と感じる男性もいるので、関係悪化につながる可能性大です。いくら確認したくても、友達に聞くのは控えるのが正解です。
彼とずっと一緒にいたいからこそ束縛してしまうのに、それが裏目に出て別れにつながってしまっては残念すぎますよね。

「私って束縛しすぎなのかな?」というのは本人には分からないもの。気になったら彼に直接聞いてみましょう。(上岡史奈/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事